近代美術館建設計画見直しで文科相に陳情 橋下大阪市長

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ホント、大変ですね 前市長からの尻拭い・・・
忙しい中、わざわざ東京まで来て・・・

ここまでしてるんだから、平野さん、お願いしますよ!!

しかし、「検討します」・・・

なんか、引っかかるんだよなぁ・・・

引用

 橋下徹大阪市長は15日、平野博文文部科学相と東京で会談し、市立近代美術館の建設計画について協議した。市は国から用地を購入する際、期限までに施設が完成しない場合は違約金を払う契約を結んでいたが、計画の見直しを進める橋下氏は「2年間、検討する時間をいただきたい」と述べ、国に配慮を求めた。平野氏は「検討します」と応じ、今月中に回答するとした。

 市は1998年に美術館建設の基本計画をまとめ、2003年までに国から大阪市北区の用地を購入した。当初は今月末までに完成しなければ最大48億円の違約金を支払う条件だったが、財政難などで計画が進まず、昨夏に平松邦夫前市長と文科省が違約金の支払期限を18年度末まで延長することで合意。当初計画を縮小して14年度に着工の予定だった。

 しかし橋下氏は就任後、「一から構想を練り直す」と表明。松井一郎大阪府知事は現在の府庁本館(大阪市中央区)を近代美術館にする構想を打ち出しており、建築家の安藤忠雄氏が「無償で監修する」と申し出ている。今後の方針を大阪府市統合本部で協議し、6月をめどにまとめるとしていた。

(朝日新聞デジタル 3/15)

 

「維新」「借金減らし増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・大阪府大・市大授業料無償化
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
・特別養護老人ホームの整備促進・入居枠大幅拡大
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

トップへ戻る