【訳分かりません・・・】秘密保護法案:修正合意で渡辺代表「てこの原理が働いた」

このおかげで、維新側の努力も台無しになりそうです…

詳しい修正内容は、朝日がこちらで報じています。「修正内容、枝葉だけ 秘密保護法案」

(引用)
秘密保護法案:修正合意で渡辺代表「てこの原理が働いた」
 特定秘密保護法案を巡り、みんなの党は自民、公明両党と実質2日間の協議で修正合意へと突き進んだ。みんなの渡辺喜美代表は19日、党役員会で「よりましな法案になっていくのは、我々のてこの原理が働いた証明だ」と主張が反映されたと訴えたが、「賛成ありき」で協議に臨み、「与野党合意」を演出したい与党と一気に歩み寄った形だ。

 「我々が掲げた趣旨を少しでも実現するなら、政府案を修正するしかない」。みんなの党の浅尾慶一郎幹事長は19日の記者会見で合意に至った経緯をこう説明。他の野党から「与党に擦り寄った」と批判されていることを念頭に、みんなの党は7月の参院選公約で秘密保護法制の必要性を唱えていたと説明し、「擦り寄ったという認識はない」と強調してみせた。

 秘密保護法案を巡っては、日本維新の会が12日、野党では先頭を切って、与党と修正協議入りした。みんなは14日に修正案をまとめ、同夜のうちに渡辺氏が安倍晋三首相らとの会食で案を説明。15日には修正協議に入ると、週をまたいで18日の2度目の協議でスピード決着させ、与党と維新との協議を追い越した。

 合意への流れをつくった首相と渡辺氏との会合について、政府高官は19日、「絶妙の日程感だった」。元々近い関係にある首相と渡辺氏との会合をセットし、みんなを取り込む狙いが当たったと自賛。渡辺氏も19日、国会内で記者団に「自民党内の抵抗勢力より、我々の方が首相の考えに近い。政府・与党がみんなの提案の大半をのんだので反対する理由がない」と言い切った。

 渡辺氏が首相とのパイプをアピールする背景には、盤石とは言えない党内事情がある。執行部は今月7日、新党設立に向けた動きをしたとして、江田憲司前幹事長に近い井坂信彦衆院議員を事情聴取。井坂氏は「江田氏が党を追い出されたら付いていく」と語るなど、分裂の火種はくすぶっている。

 渡辺氏は役員会などで「てこはひび割れがあったら折れてしまう。党内一致結束を」と繰り返し呼び掛けてきた。江田氏らを「ひび割れ」にたとえ、自らの力を誇示する思惑が見え隠れする。(11/20 毎日新聞)

維新・片山議員はこうツイートしています。

そして、こんな記事も…
【特定秘密保護法案に賛成した「みんなの党」渡辺喜美の終わり】(BLOGOS)

日本に活力を取り戻し、将来の不安を解消する改革分配
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログをフォローする

トップへ戻る