投票可能な投票所の拡大検討…駅前設置案も

是非、進めて欲しい取り組みだと思います。
ようやく、動き始めたか・・・との思いもあります・・・

(引用)
投票可能な投票所の拡大検討…駅前設置案も
 総務省は、国政選や地方選での投票率向上のため、居住する市区町村内の投票所ならばどこでも投票できるようにすることや、期日前投票の投票時間の延長などの検討を始めた。

 投票率は国政選、地方選とも下落傾向にあり、歯止めをかけるためだ。同省は来年の通常国会にも公職選挙法改正案を提出して実現を図り、遅くとも2016年夏の参院選には適用する方針だ。

 現在の公職選挙法では、有権者は、選挙当日は選挙管理委員会が指定した投票所1か所でしか投票できない。小学校の通学区域単位で決められたりして、自宅から最寄りではない投票所を指定されるケースなどもある。投票可能な投票所を拡大する場合、駅前に投票所を設ける案が浮上している。各投票所をオンラインで結び、投票を済ませた人の情報を共有することで「二重投票」を防ぐことにする。(5/25 読売新聞)

組織票をバックにしている政党・議員は、懸念材料を並べたてて難色を示すでしょうね・・・
残念ながら、すんなり行くとは思えません・・・

スポンサーリンク

日本維新の会」 「大阪維新の会
・幼児教育から大学(私学を含む)まで、口だけじゃない本気の「教育無償化
・将来、不安な年金を、公平で確実にもらえる「積立式の年金」に転換
・少子高齢化に対応し、地域の創意工夫でさらに持続発展できる社会をつくる
・何でも反対だけの無責任野党ではない「提案型責任政党」。しがらみだらけの自民党には出来ない改革を法案にして提出【身を切る改革、維新だからできる。100本法案

【他党が賛同せずとも、公約通り、身を切る改革を実施】
※維新の全国会議員は、歳費の20%を被災地に寄付しています(合計年間5616万円)
衆院選後は、他党が賛同しなくても、公約通り30%削減(寄付)必ずやります!
【しがらみは排除!】企業団体献金も一切受けていません
「維新」がこれまで行ってきた改革の数々

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事を拡げて頂けると嬉しいです

フォローする

トップへ戻る