ヒロシマ・ナガサキ・エノラゲイ乗組員最後の生存者死去・オリバーストーン

8/6の朝、BBCの生放送を観ていたら、ニュースの途中でしたが画面が突然切り替わりました。
映っているのは、広島の原爆死没者慰霊式。
原爆投下時刻に行われた「黙祷」を、ニュースを中断して放送したのです。
黙祷が終わるまで続きました。

恐らく、毎年行われているのでしょう。
初めてだったので、驚きと英国メディアの姿勢にチョット感動してしまいました。

先月末(原爆を投下した爆撃機)エノラ・ゲイの乗組員最後の生存者が亡くなりました。
生前、「原爆の投下が戦争の終結を早めた」と言っていたそうです。
被爆した方からすれば、到底受け入れられないものでしょうが、当事者が自分のした事を肯定的に見てしまう(否定出来ない)のは致し方ない部分もあるかと思います。

しかし、私が本当に問題だと思うのは、歴代アメリカ政府が同様の主張をし、「その後の日米双方の被害拡大を防いだ」とアメリカ国民のほとんどがそう思っていることです。

それに異議を唱えたのがオリバーストーン氏。

過去に掲載した関連する記事のリンクを置きますので、興味のある方は読んでみて下さい。
「オリバー・ストーンとヒロシマ」 動画
オリバーストーンと語る「原爆×戦争×アメリカ」 動画

日本に活力を取り戻し、将来の不安を解消する改革分配
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログをフォローする

コメント

  1. 根保孝栄・石塚邦男 より:

    原爆投下の飛行機に乗っていた最後の乗組員、亡くなりましたか。
    どのような気持ちで広島、長崎の惨状を目にしたのだろうか・・・。

トップへ戻る