【偏向報道、わかっちゃいるけど、やめられない】今日も1面トップでカジノ批判、懲りない朝日新聞・・・

記事をシェアして頂けると嬉しいです

朝日は、誰の為に記事を書いているんでしょうか?・・・

昨日は、「これまでの不祥事を、このように反省、検証をしています」
と言う特集を組んでいました。

また、販売店が、いかに頑張っているか、などを紹介し、
「どうぞ止めないで下さい」と、情に訴えていました・・・

「信頼回復と再生のための委員会」発足 社外委員に4氏をお招きします 朝日新聞社

読者に向き合い、考える 第一線の記者――鳥越俊太郎さんと討論 新聞週間特集
(鳥越氏の指摘は、正論だったと思う)

待っている人がいる、だから配達し続ける ASA――販売所はいま 新聞週間特集

しかし、打って変わって、今日は、またもや「カジノ反対、大キャンペーン」・・・

1面トップ
(深層カジノ:上)「カジノ効果」追う日本 首相「成長戦略の目玉」
何故、トップがこれ?他に、いくらでもあるでしょ。大事な事が・・・
内容は・・・

(一部引用)
 ただ、長年国を率いてきた(シンガポール)リー・クアンユー元首相は、ギャンブル依存症や犯罪の増加への懸念などから「負の側面が大きい」と反対してきた。

 潮目が変わったのは03年ごろ。米同時多発テロやITバブル崩壊などが重なって観光客数が低迷。他のアジア諸国でもカジノ開発の機運が高まり、息子のリー・シェンロン首相は04年、「取り残されれば、我が国は埋没してしまう」と方針転換を表明した。

 同国の政府関係者によると、ホテルや商業施設などを併設する「IR」が強調されたのも、国民の反発を意識したものだった。「賭博という言葉がひとり歩きするのを避けるため、使われたのがIRという造語だった」と振り返る・・・(引用終わり)

「政府関係者」の話・・・本当ですかね??
どうして、ここだけ名前・所属が書かれていないんでしょう・・・
(ちなみに、この手法、報道ステーションの十八番・・・)

さらに、2面全部を使って・・・
(深層カジノ)アジアの主なカジノ
(依存症対策に入場料・中国人客奪い合い・官邸肝いり、特命チーム・与党内にも慎重論)
として、アジアのカジノ状況と「その問題点だけ」が書かれています・・・

新聞紙面は、カジノ反対一色ですが、ネットの朝日デジタルは全く違いますね。

購読者が減っている・・・と、自身の記事「待っている人がいる、だから配達し続ける・・・」でも書いているくらいですから、実際は相当なものがあるのでしょう。

そのような状況で、
せめて、「左巻きの読者だけは、何とかつなぎ止めたい」
と言う事なのでしょうか?・・・

もしくは、あの業界に、最後はすがるしかないのでしょうか・・・

関連
カジノ反対派が、何故か触れない・・・懸念される「問題点」
(カジノ反対が59%との世論調査がありますが) 橋下市長「それ朝日新聞だからでしょ!」10/8ぶら下がり会見
【偏向報道は続くよ。どこまでも・・・】朝日新聞世論調査(カジノ法案他)

 

「維新」「借金減らし増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・大阪府大・市大授業料無償化
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
・特別養護老人ホームの整備促進・入居枠大幅拡大
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

コメント

  1. 根保孝栄・石塚邦男 より:

    パチンコ業界が、カジノに反対しているので、カジノ解禁はないという噂が立っている。
    パチンコ業界の政治献金は膨大で、政治的には表立ってカジノ賛成でも、裏に回ると反対してるというが、どうなのか。
    パチンコ業界はカジノが実現すれば死活問題。韓国ではパチンコは廃止されたのに、日本では有害とされながら廃止されないのは、義溶解と癒着する政治があるからだとされ、実際そうだろうと思う。パチンコ業界がカジノに反対すれば、政治的にはカジノは実現しないだろうといわれているのだが・・・どうなのか。

トップへ戻る