松井知事「『特別区』と『総合区』を並べた住民投票を、再来年の秋までに行いたい」定例会見 2016.4.6

記事をシェアして頂けると嬉しいです

「内容」
(公務関連)
・28年度最初の記者会見にあたって
・第6回大阪マラソンのランナー募集開始について
・質疑応答
(政務関連)
・質疑応答

住民投票“再来年の秋までに”(NHK関西NEWS)
住民投票は「平成30年秋めど」 松井氏、都構想か総合区か選択(産経WEST)

「公明党は総合区に本気だな。と捉えています」
「大阪の行政区の制度を変えることからは逃げない。そこは評価しますよ」
タイトルの部分(5:50)辺り

公明大阪市議団、総合区で年内に素案策定 検討チーム初会合(日経)

昨年の公明党からは想像できないくらい前向きな姿勢です。
完全に自民・共産とは姿勢の違いが明確になりました。

選挙区が変わってもフレキシブルに対応できる公明党。
「総合区(合区)」でも、当選させられる議員の数はたいして変わらないはず・・・

出来る(受け入れられる)範囲で、変えていくことにようやく本腰を入れてくれるようです。
吉村市長の手腕も大きいかと・・・

でも、総合区では、住民自治の拡充にはなるかもしれませんが、2重行政の解消にはならないんですよね。

関連
吉村大阪市長「総合区の行政案は『合区』を前提に作る。ブロック案は考えていない」4/1定例会見
松井知事「橋下徹は『年収2億』が、1/10以下になっても8年間やってきた」(京都3区補選)街頭演説 2016.4.4

 

「維新」「借金減らし増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・大阪府大・市大授業料無償化
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
・特別養護老人ホームの整備促進・入居枠大幅拡大
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

コメント

  1. いい加減にしなさい より:

    前回の都構想の時に振り上げた拳の降ろし所といったところでしょうか。

    もし、今度の住民投票で総合区になったとしたら公明的には自分たちの手柄になりますし、たとえ行政区になったとしても住民の意見を尊重するという面子を保てますから、維新と公明の政治的な駆け引きのうまさですね。

    あとは私たちが住民投票で都構想実現するためにがんばるしかないですね!

  2. 仲井 より:

    気を付けることが或る。
    まあ一寸余分な懸念かもですが、
    このおおさか維新の会が進める【特別区案】という名称と、この【総合区という案】の、この名称。

    これを並べてどちらがいいかを住民投票に掛けたら政治をあまり知らない者は特別区という者と総合区という名称を並べられたらもしかしたら錯覚してどちらが大阪都構想の方なのかをきちんと見分けられずについつい似てるので似通っていて紛らわしいので都構想の方に賛成の人がもしかして総合区という案が大阪都構想の案かと錯覚ということが起きて、そっちに投票ということも起きるかも。

    朝鮮民族はこの手をよく使うんだが、どっちがどっちだか一寸見ただけでは錯覚して間違えることもありうる。これをとにかくよく使う手だ。
    と構想の案に賛成で投票したはずが現場では総合区案に投票してしまっていて、気づけずに実はと構想に反対票を投じていたという勘違い有権者が出るかも。

    実際にあの住民投票の折に、恥ずかしい話だが私は投票所になっている或る小学校の玄関で、両サイドであの互いが賛成反対の運動を投票の現場でやっていたが見てたら皆が知らない人ばかりだったので、ご苦労様ですと言って近づいていった相手が、実は自民党民主党らの反対側の連中だった。

    私も、そのことにすぐに気付いたが、でもそこから少し周りを見ていると、やってくる投票者で、玄関に立って活動をやっている連中らを見て、この私同様に間違えて結構見間違えて賛成なのに反対側の運動員の連中に、ご苦労様ですなどと声掛けをしている者もいてたりした。

    どっちの運動員がどっちなのかを、あの投票の現場では結構見間違えている人も居てたことは事実。
    瞬間には気付けずに都構想を推す維新の運動員だと思い込んで、相手側の運動員につい近づいて声掛けまで行っている人も結構多かった。

    反対にしても、賛成にしても、また特別区、総合区というこれだけを投票の選別の対象に出して、どっちかを選んでくださいでは、おそらく半分ほどの投票者が都構想の案はどっちやったかなあレベルになることもありうる。
    ここをとにかく気をつけねばならん。

    特別区、総合区、どちらかいいほうを選んでくださいとだけ出してやって、それで投票させたら、多分どっちがどっちかわからずに間違える住民がものすごく出るはずだ。
    実は反対派はこれを狙っているのだ。

    このことをきちんと知っておかないと、住民には見分けがつくようにしておかないと、特別区と総合区という名称だけを出して、さてどっちがいいですかとやれば、多分都構想がどっちなのかが住民に見分けのつかないことが起きるかも。

    住民が投票時に間違えて錯覚をするような似通ったような、錯覚してついつい気づかずに総合区を選んで、それが都構想の案だと思って投票ということもありうる。
    名称を出してそれで勘違いを誘うということもありうるかも。
    ここをとにかくどういう方法にするのかを本部はよく考えてほしい。

    朝鮮人はちょっと見ただけでは気づかぬような、見間違えるような【名称】にして、どっちがどっちだか直ぐに見分けられにくい名称を作って来て並べさせて、一瞬気付かさないような名称をわざと作って、都構想賛成の投票する人を勘違いさせて、せっかくの投票を、錯覚させて間違えて反対側に投票する者を作ろうとの作為も平気でやる。

    あの住民投票の折に【〇と×】の投票署名を、奴ら朝鮮人議員らがすべて断固拒否したほど。
    奴らはやり方の内容などどうでもいいのだ。
    どうやっても潰せさえ出来ればそれでいいだけだったので、とにかく巧妙に選挙の投票の書式の仕方にまで口出しをやって来た。

    間違えさせる、勘違いさせる、目的の為なら奴らは誤魔化してもいい、嘘をついて住民を騙しても平気、勘違いさせるように歪めて知らせても平気、とにかく悪意の工作は何でもやる連中、工作だけを考えている連中。
    勘違いさせてどっちがどっちなのかを、巧妙に考えて間違えさせることが狙いでやってくることだろう。

    そこまで考えて投票の折の採決のその【的】の名称を、【総合区】というのと【特別区】というこの名称の部分を、きちんと都構想の案はこっちの【特別区の案】のほうだよと、国民住民にきっちりとすぐに投票所で区別が解る手法の段取り、方式、これが見てもすぐに鮮明に判る方式の投票方式にしないといけない。

    奴らのやる手法はこの間の選挙でよくわかった。
    念には念を入れてやることだ。

    住民投票の時にはどっちが都構想の案だということがよく見わけがつくように、おおさか維新の会の対策本部の方は、この点も一応は事前にそこも頭に入れて奴ら野党対策に対応をしていた方がいい。

    朝鮮人民族を相手にしての選挙、政治、
    こういうものはそこまで神経を入れて絶対に落とさぬように心配りの徹底さが必要だ。

  3. 椿 より:

    [太字]
    特別区([色:FF0000]新副都心構想[/色])とでも入れておく方が良いと思います。
    確かに、特別区の方がなんだか公明党案のような気がしますし、

    全然興味ない人にとっても、「特別区」ってなんか物凄く
    大阪を変えられると感じてしまうのでは?

    反対に、公明党案の「総合区」の方が、
    なんとなく「和」のイメージがあるような気がします。

    個人的な感想ですが…。

    おおさか維新ももう少し考えて、アグレッシブに行くべきですよね。
    [/太字]

  4. いい加減にしなさい より:

    お恥ずかしい話、私もコメントで名称を間違えてました。

    「都構想」というのはよく耳にするけど、一般的にあとの細かい事はあまりマスコミも流さないですから。

    前回の住民投票で反対に投じた人の中で「なんやよくわからんから、とりあえず反対入れとこか」とか「考えてもわからんし、ややこしいから今のままでいいんちゃうか」と考察する事を放棄した人がけっこういてるように思います。

    いかにして、そういった人達に話を聞いてもらい、理解してもらうかというのが前回の課題で、そのために今も質問形式のタウンミーティングを開いているのでしょうが、ある意味こういう「理解してもらいにくい事を単純化してわかりやすい風にもっていく」という事は公明党の得意とするところであると思われるので、維新の皆さんにはかなり頑張っていただかないといけないとも思います。

    マスコミもいかにも総合区の方が優れているかの様な報道をするのは想像できますしね。

    どんな事でも理解していない人に説明する時に一番難しいのは「どこまで理解していないかを理解する事」ですから。

    もうあのデマチラシの様に[単純で深く考えずにわかったような気がする情報]に踊らされる様な事にはなってほしくありません。

  5. 仲井 より:

    有権者に投票でどちらかを選択をしてもらう用紙には、

    もういっそのこと、

    【大阪都構想案に  賛成 】  

    【総合区案に    賛成 】

    これを左右にかなり幅をもって対称に分けてこの文言を立てに並列して明記し、
    そしてそこで有権者にどちらかの【賛成】という文字のところに〇をつけていただく。

    これであれば、【大阪都構想の案】が良いのか、

    それとも【総合区案】がいいのかを、

    明確に、有権者つまり大阪の住民が鮮明にその区別が解り、投票でどちらを選ぶのか、自分が選んだのがどちらだったのかの判別がやりやすいだろう。

    まあ一例ですがここまで考察してやるぐらいの思いが必要なぐらい、奴らは想定を超えるほど悪辣な手を入れてくる連中ですから。

    住民投票の時に、
    賛成の人は投票に行かなくても、それは賛成票になりますから、賛成の人は投票に行く必要はありません。行かなくても賛成になりますから結構ですよ。

    でも反対の人は投票に行かなければ反対にはなりません。
    反対の人は必ず投票に行って反対と書いて来てください。

    などというもう、ちょっと普通では思いもしない発想、日本人ではちょっと考えもしない工作、詐欺師の中でも相当な手慣れた詐欺師ぐらいしか思いつかないような街頭での行動までやる連中です。

    奴らはもうれっきとした犯罪者なんです。

    我々は其れと闘ってるわけですから。

    奴らは、人間として生きて来ていません。
    ただ生きているだけの卑しき卑劣ななんでも食う生き物であり、我々のような普通の人間では考えられないような、もう新手の詐欺をやりだした詐欺師のそれも超の付く典型のようなことまでやってくる連中ですから。

    奴らは人間ではなくて生き物ですから、そこら辺をうろつく逃げ回っている生き物相手ですから、こっちもイタチ獲りの効果のある防御の装備を事前に考えておく必要があります。

    それぐらいやらないと、ここまで大阪の住民を、残酷に嘘と騙し工作で誘導して何でもやってくる生き物ですから、余程の注意が必要です。

    まあ個人的にではありますが、
    今現在私に無謀にも大勢で束になって掛かってきている、訴えてきている、この大勢の十数人の弁護士ら連中と、実は大阪都構想に反対してやってきていたあれらこいつらと同じ民族の、こいつらが同じ奴隷上がりのイタチ連中ですから。

    まあこいつらに対しては最終的には私のほうから、彼らこいつらに対して、日本の国内で日本国籍に化け、こともあろうに法律を人間として見ない感覚で日本の国内でやる連中なので、人間としてはまあ私に言わせればかけ離れており、もう奴隷上がりがやる不作法極まりないやり方でやってくる、まあ数十年前までは、私も、昔になるが当時の新聞紙上をにぎわしたたいがいの連中といろいろな席で面識はあるが、でもその暴力団でもやらないような脅迫行動を、この弁護士というバッジを付けたこの連中が平気でやってくる有様。

    朝鮮民族の奴隷が日本にきて日本の国籍をいつの間にかだまし取ったばかりではなくて弁護士になってそれを肩書をいいことにしょっぱなの第一発めの話し合いではこいつは暴力団やろ、どう見てもどこかの組のもんの言い方しゃべり方やなあと思う状況でやってきた。
    肩ひじ張って背伸びして偉そうにやってきた。

    朝鮮人奴隷が弁護士になるとこういうことが起きるのだろう。
    これを平気でやってくる。
    私だったからよかったんだが、これが普通の老夫婦であればこの状況で脅されて怖がっておびえることだろう。

    下種すぎるこの朝鮮人弁護士らに対しては、まあ私の感覚では断固許せないので、こいつらに対しては弾劾の裁判を掛けてやろうと思っている状況です。
    これが大きな弁護士事務所なんですから日本は本当に朝鮮民族社会になっているということです。
    こんなところにも手を出してくる連中。
    私にかかってきたその弁護士に依頼した連中の素性が、もう朝鮮民族見え見えの奴隷状況。
    奴隷は同じ匂いが、慣れ親しんだ懐かしいにおいが思い出すんだろうねえ、互いで匂い合うんだろうねえ、こいつらが頼むのもやっぱり奴隷は奴隷に頼むようだ。

トップへ戻る