松井知事「橋下徹は『年収2億』が、1/10以下になっても8年間やってきた」(京都3区補選)街頭演説 2016.4.4

記事をシェアして頂けると嬉しいです

shigemacさんがボランティア中継されたものです。
公式中継が無い中、本当にありがたいですね。

候補予定者・森なつえさん
そして、松井知事の演説。
(タイトルの部分は18分過ぎから)

松井代表、「大阪の改革」アピール 衆院京都3区補選(京都新聞)

関連
既得権を奪え! 大阪革命「橋下徹の3000日」(プレジデントonlineスペシャル)
自民・高村氏「一部の民主党議員は安保法制廃止法案を審議しないでくれと言ってる」 お維・片山代表「私もそういう噂は聞いている」

 

「維新」「借金減らし増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・大阪府大・市大授業料無償化
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
・特別養護老人ホームの整備促進・入居枠大幅拡大
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

コメント

  1. ぽい より:

    松井さん、さらに演説がうまくなった気がする。

  2. 仲井 より:

    心と気持ちに、人柄と、政治がそこに加わっている。

    松井さんという人は、飾らず体裁ぶらず、本当のことを怖がらず臆せず、事実をそのまま晒して国民にどうしたらいいかをぶつけて問いかけている。
    政治家として一番大事な部分。

    いま日本で政治が何を成すべきときか、ここを解る言葉で明確に問いかけそして答えを示して国民に示してきた。
    日本には、本当に必要な部分を兼ね備えている政治家である。
    松井さんという方は、首長職だけではもったいなさすぎる人材であり、器。

    橋下さんという人は、
    この人を身近なところで傍で持てたことも、また、其れも常に耳元で聞こえるほどの距離でいてるということも、これも実は凄いことで、橋下さんだからそれが可能になったと思えるし、こういう人と同じくしてやれる橋下さんという人の彼の能力の凄さも改めて思う。

    あんな人を傍になど、なかなか一緒にはなれない。
    そんな大きな人材になる人が二人一緒になってあれだけの行動を示し、もう一体となっての行動、こんな人らをそこらを見渡しても、日本中見渡してもそうそうは居ない。

    橋下さんが凄いのは、松井さんという人とツーカーで何でも普通に意思疎通が出来る人間関係を持てる人物だということだ。

    ご家族には怒られるかもだが、こういう松井さんという人を家族よりも近くに得られる橋下さんという人が、それぐらい大きな人物だということ。
    芝居調に言えば男が男に惚れたという所か。

    あれだけの人を普通なかなか傍で一緒に動けることなど、そんな人は日本中探しても橋下さん松井さんの関係以外では、なかなかそうはいない。
    松井さんの政治家としての度胸、器量が大きなこともこれも凄いことは誰もが解って認めている。

    強い信頼関係の下に繋がっている。
    あの橋下さんに絶対信頼を持たれている。

    まあ国民から見ていたら、本当にうらやましいほどのつながりだ。
    日本の政治家の歴史でもこれほどの間柄の政治家同士を見たことが無い。

    そこがまた橋下さん松井さんの凄いところ。
    これだけの関係信頼は、そう並大抵では得られるものではない。
    其れは互いの能力、覚悟を互いで認め合っているからだ。

    互いの能力の高さ、覚悟への信頼関係の濃さ、
    一連のお二人のそのままの姿を見ていても、それがこれを如実に物語っている。

    そのお二人のその姿が、この姿が実は【おおさか維新の会】所属の議員らの、政治への覚悟のゆるぎない気持ち、信条の原動力になっている。

    恐らく日本中の政治家が、この橋下さん松井さん、この彼らお二人の関係を、うらやましがっていることだろう。

    小泉のあの進次郎さんかな?名前は、
    あの御仁は、息子は、今日にも北朝鮮に入って、長年の願いである拉致被害者を連れ帰ってほしい。
    彼が日本の政治のトップにつくにはそれぐらいの覚悟を国民に示す必要がある。
    彼には本気の覚悟という者がまだ感じられない。

    怖いもの知らずの度胸だけが価値だったあの父純一郎、これを父に持つこの息子が国家国民に今すぐにでもやれること、
    それはこの時期だからこそ拉致被害者を救い出すために、単独で北朝鮮に乗り込んででも、ぜひとも連れ帰って貰いたい。

    父が成すことのまだ残っている部分、この残りを息子進次郎に託したいと言う思いがあの父純一郎に有れば、それだけの度胸があの政治家であり総理大臣だったあの父親の意思に有れば、私は小泉純一郎という政治家の価値を、かつてから度胸だけで何もない男と称した称号を取り消し、それでもいい立派だと、度胸だけでも価値があると讃えることだろう。

    数段上にあげて感謝を込めてありがとうと讃えてやまないであろう。

  3. 京都の住人 より:

    京都では官職をパブリックサーバントとして尊敬の念を持ってきたが、あるときから広い意味での既得権益団体に半ば支配される状態に陥りました。大阪と同じくバスの運転手年収1000万時代が延々と続き、庶民は見て見ぬふりを貫きとおしてきましま。反発は大阪以上でしょう。が、このような松井代表の声が京都の住民に伝わることを祈らずにはいられません。

  4. 匿名 より:

    「大阪をよくする」ただそのためだけに…。
    年収が1/10以下になるのも厭わず、さらに常人の10倍働き、プライベートまで犠牲にして、8年間働き続けた男。
    彼の功績は、歴史上の偉人レベルでしょう。

    橋下さんに対して、いち市民としては感謝と申し訳なさ(住民投票否決の件)しかありません。
    引退表明には動揺しましたが、今は、私人になられてほっとしてる部分があります。
    ツイッター(アイコン写真)で、気持ちよさげに船を操縦する姿をみて、こっちまで笑顔になりました。
    解放されてよかった。休息は絶対に必要でした。
    橋下さんとご家族が、穏やかな日常を取り戻されることは純粋にうれしい。

    弁護士業、講演会、TV業界への復帰、さらにはネットでのゼミやメルマガ発行など。
    料金が高いという声もあるようですが、好きなことを好きなやり方で、誰にも文句を言われることなく、がっつり稼ぎまくっていいんです。
    むしろそうして欲しい。

    まだ45歳。
    今後も、橋下徹・政界への待望論が止むことはないでしょう。
    橋下さんがどんな選択をされるのか…楽しみ。
    ただ、どんな結論でも支持するつもりです。
    持前の、先見の明と熟慮の末に決断されたことは、察っしますから。

  5. 匿名 より:

    松井代表が党名変更報道の際に、「参院選だろうが何だろうが変えない!「おおさか」は地域を指すのでは無い!大阪でやった改革を全国へ波及させる意味を持つからだ!」にはグッと来ました。

  6. 匿名 より:

    二億円捨ててまで自分の街の為にできる人ってこの日本に何人いますかね?

トップへ戻る