松井知事「(都構想)府市がバラバラで拒否し合ってる時、どれ程の損失があったか?一度調べてみたい」定例会見 2018.1.10

記事をシェアして頂けると嬉しいです

「内容」
(公務関連)
・「大阪府地震・津波災害対策訓練」の実施について
・吉本興業との連携による新しい認知症予防プログラムについて
・大阪鶴見花き地方卸売市場の輸出対応型施設の完成について
・包括連携協定(関西大学・近畿大学)について
・質疑応答
(政務関連)
・質疑応答

28:16から
離党届を取り下げた丸山穂高議員について

松井知事「僕のところに会いきて謝罪した。『僕に謝罪するより、自分を支えてくれた地元の支援者のみなさんに謝罪をしなさいよ』と言いました」

(10:36タイトルのシーンから再生します。スマホの場合、初めからになる場合があります)


<<下に続く>>


会見文字起こし(一部有料記事)
大阪府・松井知事が定例会見1月10日(全文1)景気は気から、具体的にする | THE PAGE 大阪
大阪府・松井知事が定例会見1月10日(全文2)総合区と特別区は比較できない | THE PAGE 大阪
大阪府・松井知事が定例会見1月10日(全文3完)140文字で伝える難しさ知って | THE PAGE 大阪


二重行政の解消も、もちろんの事ですが
都構想は、正にこれなんですよね!

鉄道、高速道路、などの交通インフラ
そして、住みやすい都市、経済活動がしやすい都市にする為のグランドデザイン「俯瞰した都市計画」

東京では、戦後70年、一括して都が担い、
「世界の東京」に作り変えてきました

そして、これが出来てこなかった大阪

どれ程の経済損失
本来あるべきであった住環境の改善・良化

二重行政によるハコモノ巨額損失・・・

実はそれよりも遥かに大きい、

本来、大阪・関西が享受できた利益

気が付かない内に、失ってきたんでしょうね

それが、東京との「差」として表れた部分だと思います・・・

 

「維新」「借金減らし増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・大阪府大・市大授業料無償化
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
・特別養護老人ホームの整備促進・入居枠大幅拡大
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

コメント

  1. 椿 より:

    どれほどの「損失」があったか?

    確か『大阪都構想の住民投票』が終わった次の日、
    名前は忘れましたが、虎ノ門ニュースである大学教授が、
    「経済産業省によると、大阪市と大阪府がいがみ合っていると、
    高速道路一つとってみても、【年間2700億円の損失がある】と言ってましたよ。

    年間だから、10年で2兆7000億円ですか?

    もっともっと調べて、それだけのお金があれば、
    どれだけの「インフラ整備」や「社会福祉」や「教育」にお金がかけられるか、

    また、「税金をどれだけ削減できるか」を大々的に喧伝してやれば良いんですよ。笑。

トップへ戻る