【デマに注意】都構想になるとカジノ(IR)に巨額の税金が使われる←デマです!IRを作るのは民間業者。税金は1円も使いません。逆に毎年700億円の収入になります!

記事をシェアして頂けると嬉しいです


(出典:kouhou.pdf)

(出典:https://twitter.com/REALOSAKA2020/status/1319861438362587136)

上記の様に、市中で配られるチラシにもツイッターでも

反対派は「都構想になるとカジノ(IR)に巨額の税金が使われる」
なので住民サービスが低下する宣伝しています

しかし、これは大うそ、デマもデマ

重要ポイント カジノ(IR:統合型リゾート)には、一切税金は使われませんのでご安心ください!もちろん都構想(特別区)になってもです!

カジノを含む統合型リゾート(国際会議場、コンサートホールや劇場、映画館、ショッピングモール、ホテル、アミューズメント施設等)の開発はすべて民間業者が自身の資金で行う事になっています

大阪府(都)から、一切税金の投入はありません!
逆に業者から用地である夢洲の賃料やカジノの収益として、毎年700億円の収益金が入ってきます!

カジノ収益、特別区に人口割で配分へ 大阪府市が検討  – 産経ニュース

松井市長がカジノ(IR)について、市民の質問(不安)に丁寧に答えています
(そのシーンから再生します)「10月23日(金) 城東区 都構想まちかど説明会」


再生が該当位置から始まらない時は、こちらをクリック
<<下に続く>>


因みに、反対派である自民党は「カジノ(IR)を推進」の立場です
もちろん、カジノに1円の税金も掛からない事も知ってますし、700億円の収益についても・・・だから「カジノ推進賛成」なのですから

都構想になっても、ならなくても、カジノ(IR)は推進していきます!

しかし、都構想を否決させたいが為に「ウソ」を付いているのです!

無駄や政治の停滞のもととなる「二重行政」 275万大阪市民の広域行政・住民サービスを「たった1人」で行わなければならない大阪市長 ...
都構想、2度目の住民投票が決定しました すでに、住民投票(11/1)に向け、賛成派・反対派によるキャンペーンが始まっています! ...

 

「維新」「増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・大阪府大・市大授業料無償化
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

トップへ戻る