自民党大阪府連 都構想対案は「総合区」と「大阪会議」

大阪自民が都構想の対案をまとめました。
柳本議員がTV出演すると言ったのも、これをアピールする為だったんですね。

自民党大阪府連が都構想の対案をまとめる(MBS)

(MBSニュースより引用)
自民党大阪府連が都構想の対案をまとめる

 自民党大阪府連は、5月にも行われる見通しの大阪都構想の住民投票に向けて、大阪市内で会合を開き都構想の対案をまとめました。

 自民党大阪府連は、府と市の政策を調整する会議や特別区に、より権限を持たせる総合区を導入するとする対案をまとめました。

 対案では今ある大阪市の24区を残し、予算編成権などを持つ「総合区」に格上げし、大阪府知事に、大阪市長、堺市長、さらにそれぞれの議会の議員も参加する「大阪戦略調整会議」を設け、2重行政の解消を目指します。

「大阪市廃止分割によってコストばかりがかかって、住民に不満や不安をもたらすことによってしかできないものではなく、現状の中でお金をかけずに(二重行政の解消は)できると伝えた」(自民党大阪市会議員団・柳本顕幹事長)

 自民党大阪府連は、4月の統一地方選挙や5月の住民投票に向けて、この対案を住民に説明するとともに、都構想は大阪市廃止・分割構想にすぎないと訴えていく方針です。(引用終わり)

改正地方自治法を盛り込んだ内容となっています。
市町村、広域連携しやすく 改正地方自治法が成立 (2014.5.23日経)
改正地方自治法概要(総務省)

(地方自治法改正の国会審議に、参考人として発言した橋下市長)
橋下市長 衆議院総務委員会での陳述・質疑 動画

この案の肝、「総合区」。明らかにしなければならない事が数多くあります。

・区長の選任方法は?(議会の関与はどれ位?)
・総合区設置に伴い、各区の予算配分はどうなるのか?
・予算編成権の範囲は?
・(日経の記事だと)予算編成権はあっても、市長への提案となっている。市長が認めなければ結局無意味?
など、ちょっと考えただけで、すぐこれくらいは出てきます。

「大阪会議」については、これまで散々言われてますから・・・
2/4橋下市長ツイッター「そもそも府議会市議会もバラバラ。府議会市議会も都議会に一本化する必要がある」

とても、都構想と比べられるものではありません・・・

そもそも、
260万大阪市民に、市長1人では、この程度の事をやっても、行政は回りませんよ!

公明・民主・共産は、この案に賛同するんでしょうか??

住民投票までは賛同しておいて、
もし都構想否決なら、反対に回るんじゃないの??

関連
1/17橋下市長ツイッター「野党(自公民共)は今のままでも二重行政は解消できると言いながら、二重行政の解消のための改革案は否決する。」

スポンサーリンク

日本維新の会」 「大阪維新の会
・幼児教育から大学(私学を含む)まで、口だけじゃない本気の「教育無償化
・将来、不安な年金を、公平で確実にもらえる「積立式の年金」に転換
・少子高齢化に対応し、地域の創意工夫でさらに持続発展できる社会をつくる
・何でも反対だけの無責任野党ではない「提案型責任政党」。しがらみだらけの自民党には出来ない改革を法案にして提出【身を切る改革、維新だからできる。100本法案

【他党が賛同せずとも、公約通り、身を切る改革を実施】
※維新の全国会議員は、歳費の20%を被災地に寄付しています(合計年間5616万円)
衆院選後は、他党が賛同しなくても、公約通り30%削減(寄付)必ずやります!
【しがらみは排除!】企業団体献金も一切受けていません
「維新」がこれまで行ってきた改革の数々

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事を拡げて頂けると嬉しいです

フォローする

コメント

  1. IU より:

    自民党案は現大阪市と変わらないような気もするのですが、この話を聞くと都構想の良さがわかるのでしょうね。

    個人的に柳本市議見てるだけで腹が立ちます。そして偏向報道の西アナウンサー。言いようもないメンバーなのですが、市民としては、見届けないといけないんでしょうね。橋下市長この絶好の機会、都構想実現に近づけてほしいと思います。

  2. アンパンマン より:

    橋下氏が演説で「日本人は未知のリスクには過敏に反応するが、既存のリスクに鈍感過ぎる」という主旨フレーズを使われる。
    この視点に立てば、「都構想の住民投票」と「憲法改正、特に9条の改正の国民投票」は同じ構図にあることが理解できるハズ。

    大阪自民党(というか自民党)の党是は自主憲法の制定であるし、藤井氏や藤井氏の支持者も「愛国」とか「保守」って言う以上は憲法改正が悲願のハズ。
    ならば大阪自民党や藤井氏や藤井氏の支持者は、「都構想の住民投票」への振る舞いが「自主憲法制定」への道に大きく影響することを気づくべきだと思う。

    「橋下が嫌い」で反対するのは良いが、左翼連中に「安倍が嫌い」で憲法改正に反対する口実を与えることに気づくべきだ。
    「議論にならない」で反対するのは良いが、左翼連中に「議論にならない」からと議論から逃げる口実を与えることに気づくべきだ。

    国民の多くは「都構想」に対するより何倍も「憲法」に対して「今のままでは何故ダメなの?」という感情を持っている。
    それに対して「TV討論とかでガチンコに議論して国民に訴えなければならない」という構造は、都構想の橋下氏と憲法改正の安倍首相と同じ立ち位置だと気づくべきだ。

    藤井氏は単なる大学教授ではなく、内閣官房参与という政権の一翼を担う立場であるのを忘れてはいけない。
    憲法改正の発議がなされた時、改正に反対する左翼どもは、今の大阪自民や藤井氏や藤井氏の支持者と同じ行動をとるだろう。
    その時に左翼を「卑怯者」と批判しても、「自民党政権の内閣官房参与が同じことをしたのだから」とブーメランを受けることになる。

    それに気がついてか否かは不明だが、大阪自民の柳本氏が公開討論に出るのは非常に喜ばしい限りだと思っています。

  3. じい より:

    素人がみても機能しそうにない対案ではありますが、自分たちで作ってきて橋下と直接ぶつけようという気概だけは評価します。

    間違いなくけちょんけちょんにやられると思いますが。

  4. なんか、議論がしょぼいね より:

    こういう、組織論を議論する会社は、概ね儲かってない。つまり、仕事が他にないのか?と言うこと。企業誘致して、税収増やすこと考えてくれよ。東京は、金持ちなんですわ、ではなくて、大阪も金持ちになるよう頑張ってくれよ。

トップへ戻る