橋下氏「(トランプ氏北朝鮮を攻撃すると威圧)日韓、中ロが本気になって軍事行動を拒否しないと、彼はやり得る」8/10のツイート

(橋下徹氏twilogより引用)

「4条件」検証せず認可判断 加計問題で林文科大臣

「法律に定められていないから」という理屈だと、獣医学部新設を否定してきた文科省告示も法律ではないので、今後は告示を無効とし獣医学部新設はフリーで認めるということか。さらに法律によらない膨大な通達での文科行政をもうやらないということか

ここは「法律に定められていないから」という理由ではなく「石破4条件は文科省告示の改正のための条件。具体の大学設置審査基準には関係ない」という理由だろう。国家戦略特区が制度改革と事業者認定の話がごっちゃになっていて、それが混乱の原因。

北朝鮮、グアムにミサイル攻撃検討と トランプ氏の「炎と激怒」に反発 – BBCニュース

日韓に被害が出てもアメリカや世界のために北朝鮮を叩くべきというアメリカ人は多いだろうし、共和党支持者の7割が軍事行動に賛成という調査も出ている。日本には何の備えもない。日韓、中ロが本気になって軍事行動を拒否しないと、彼はやり得る。

加計幹部、首相秘書官と面会 新学部提案前に官邸で:朝日新聞デジタル

国家戦略特区の重大な欠陥は、制度改革と事業者選定がごっちゃになっていること。特区提案は具体的な事業(者)と一緒に提案することになっているが、これは分けるべき。特区はあくまでも制度改革だ。いったん白紙にして再度事業者選定をすればいい。

トランプ氏・北朝鮮の応酬に、マーケットも反応
有事に備え、リスクオフで円高に、日経平均も大幅に下げた

さらに
マッドドックの異名を取るマティス国防長官も・・・

米マティス国防長官も警告「北朝鮮は体制の終焉につながる行動やめよ」 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

橋下さん「日本には何の備えもない

その具体的な内容は、こちらに掲載のインタビューで語られています

いつまで、トランプ氏・米国を思い留まらせる事が出来るのか?

その時が来てしまった時

「何の備えもない日本」のままなのか・・・

今週のメルマガダイジェスト

謝るべきときには徹底して謝る。間違っていないと確信があるときには徹底して持論を主張し続ける。これが僕の危機管理の黄金の法則の一つ。…


橋下さんの有料メルマガ
橋下徹の「問題解決の授業」公式メールマガジン|PRESIDENT Inc.

amazonでバックナンバーを販売するようになりました!

販売商品一覧
http://amzn.to/2owgAMu

コメント

  1. 京都の住人 より:

    北朝鮮と今後どう付き合うか、共産党のように戦争を武力制圧だと誤魔化し続けるのは別にして、自民党内でも意見が別れる平和ボケの日本人には現実視出来ていない大問題。維新はどう考え、どう対処する?もう右、左の生温い机上の論議をしている場合じゃないのにね。やっぱり橋下党主でなければ先がないですね。

  2. 仲井 より:

    北朝鮮という国は非常に凝り固まった国だ。
    いや、私に言わせればあんなところは国とは言えない。
    およそ国の体をなしていないただの大掛かりな武器を持っただけのやくざの組の形状での組織体である。

    単なる愚連隊がトップ、組長を作って組員が住民を強力な支配下のもと一定の地域を独占的に支配した、縄張りを固めている組織と同じだ。
    北部山一帯を支配する愚連隊の盗賊集団の山賊である。

    どこの国でも、歴史的には、長い年月はかかるかもだが強権で独裁を通した政権の地域でも、いずれ最後はいつの日にか国内での自由を求めての住民による民主化運動なり、そこが超えてくると、ふつうは内乱やクーデターが起きる。
    でも北朝鮮にはそこそこ大きそうなものは起きている情報がほぼなさそうである。
    どれだけ恐怖意識を住民に与えているのかというところだろう。

    世界の内乱や戦争を見ていると、此処20年ばかりに起きているものを見ていると、それ以前は東側国家でのほとんどが民主化や自由を求めてという場合がほとんどだが、でもここにきて、特に最近では、内乱が起こりだしそこから範囲が広がりだし挙句には国を超えてまでの戦乱の、そのそもそものもともとの原因が、あまり報道では出てこないが実は水資源の枯渇という、このここからの内乱の発生がほとんどである。

    今でいえばISがヨーロッパで暴れまくり国家まで一時的に建設にまで生きだしたが、あのISの戦闘員のほとんどは、実は自分の国の故郷での、農業を行っていたものがほとんどである。その農業を行って作物を作っていたが実は2005年ごろから地域で水飢饉が始まりだし降雨量もほぼ半分以下となりだし、農地は水不足になり国全体の農地の6割近くが土地に水が供給できなくなり若者も農民も失業し、そのいら立ちも重なり国に救済を求めても一切の女性もなく結果国内が失業者といらだった住民であふれだし、結果それが国内不安になりだし内乱へと発展しだした。

    農作物が半分も生産できなくなりだし、この水不足が5年も続き生活ができなくなって農地を手放しそこに国の悪政が加わり不満のぶつけ合いが結果内乱の内戦がおこりだした。

    現状イラクにしてもシリアにしても難民といわれるものは戦争で難民になってると伝えているが時価には実際は水が途絶えての生きられない状況での避難民である。
    シリアやイラクから逃げ出し、トルコやギリシャに逃げてきた数百万人の難民は、ほとんどが戦争難民ではなくて、本音のところは戦争がなくても水が途絶えて生きられなくて水を求めて国から脱出したとほとんどの難民がそう答えている。

    ギリシャとトルコの南部の国境の地域には、もう何十万という国境を越えてわたってきた避難民が体に巻き付ける浮き輪の、それがその地域の一帯に捨てられ放棄された残骸が山を作るほどに捨てられて置かれて残されている。

    ISは非常に巧妙に戦略を立てて、IS内で戦闘員になってる者らの、まずは気持ちを緩めてやるために彼らが一番に占領する地域を、満面の水をたたえて流れる命の川、チグリス、ユーフラテスのこの川をまずは占領し、支配下におさめ、そこを本陣のようにしてのそこからあのISはヨーロッパの多くの範囲にまで戦闘活動をやれたのだ。

    水の途絶えた世界を経験してISに参加して戦闘員になった者らは、目の前の大量の水を見てここで意気揚々としたことだろう。
    水の飢饉をこれを数年にわたって経験してきてそのつらさを痛いほど身に染みて知っているイラクやシリアから有志での参加しているこの反乱分子の戦闘員(もともとは農民がほとんど)に、豊富な水を目の前で確保していることをまずは見せたのだ。

    そして極めつけは、あの一帯の周辺国が一番困り果てた重要な水資源のダム、モスルダムを、特にここを支配下におさめた。
    このダムの下流には、南部にはイスラエルと米軍の軍事的重要な基地がある。
    このイラクの最大重要なダム、周辺国家にも、こと水資源供給という意味でのものすごい影響が起こるこのモスルダムを一気に支配下にしたのだ。

    上流で、このダムの場所で一切の下流への放出を止めてしまえば、放流を打ち切れば米軍の活動もイスラエルももうお手上げの状況になることを百も承知でここをまずは狙って支配した。

    これからの戦争はこの水資源の取り合いから起こるということは普通に想像できる。
    中国も水資源を求めてこの日本の産地特に水資源の存在する産地を買いあさってきている。
    上流で止められてしまって、その止めてるものを開放してくれと、だが奴らはおそらくは、放出するには金を払えと言い出すのは普通に想像できる。
    現に、ISは、そこを狙って戦略を立てて水資源を自分らで独占することで、あれだけ広大な範囲での大きく勢力を持って今までここまで行けたのだ。
    水の確保をどこがつかむのかで、ここがこの戦争をここまで長引かせている最大の原因だ。
    それをやり莫大な資金を得てISはその水を売ってそこから得る莫大な利益資金で軍備費用に回し、これが戦略的に使われたのだ。

    北朝鮮での戦闘は果たしてどうなるのか。
    私はもうアメリカがどうするこうするで状況が変わるとも思えない。

    極論で言えば、
    金正恩の腹積もり、彼の腹一つに集約した内容になっている。
    奴がこうするああするだけで事は進みそうだ。
    日本は米軍との合同での北朝鮮と間もなく一撃の応酬になることだろう。

    だがよく言われている日本国内への空爆等の内容は私は金正恩はまずやらないだろうと予測している。金正恩は、いや、北朝鮮は世界中で日本という国だけをどこよりも信用しているし、一番裏切らない国だと思っている。
    金正恩は韓国やロシアや中国のことなど、もうみじんも、まったくもって全く信用もしていない。いつでも裏切ると知っているのだ。
    日本のことだけを、奴は、日本は絶対に北朝鮮を攻めてはこないと確信しているところがある。日本は約束は守ってくれる国だと、ここは奴は確信しているはずだ。

    日本は北朝鮮にとってもっとも信用できてお金を生んでくれて、しかも同胞が多く住み情報も普通にはいってくるし、技術部門の最先端知能も普通に流入して入れてくれる国だと。

    奴は、どこの国よりも日本を一番まともだと思っている。
    だから北朝鮮にとって日本は絶対になくなったり失いたくないし、混乱してほしくないはずで、莫大な資金、知能は日本からすべて得られると奴は思っている。
    だから日本を空爆ということは、北朝鮮の破滅を意味する。
    まずそれはしないだろう。

  3. 仲井 より:

    橋下さんがここ数か月、発言してきている北朝鮮と米国の間でのこの互いが熱くなっているチキンレースについての、このことがいずれ爆発しての周辺国へ及ぼす被害が半端ではないと、ここは何とか止める手立てをと、いろいろ発言が出してきている。

    このぶつかり合う状況を、これをそのまま黙ってみてるわけにいかず、政治家とすればどこの誰でもなんとか矛を収めての、一度振り上げたこぶしをここらで収めて、より国民及び周辺国の人々の安全を確保したいとこう発言するのは人間として、いや政治家とすればここはごく当然のこと。

    我々庶民だからこうやっていつでも好き勝手にこうやって、やれ北朝鮮は、我々日本だけは絶対に攻撃してこないだとか、何の保証もなく無責任に私などは言ってるんだが、橋下さんたちにすればやっぱり国家、国全体のことを考えてるので、そこは我々とは責任の大きさが、発言の意味も重さが違ってくるので、軽口でのいい加減なことは出せないだろう。
    こういう単純なことが我々だから言えることで、平気で言えるが政治家であればこれはまず言えない。
    そんな保証はだれにもわからないから。
    保証のないことを言えない立場の人はそこは日ごろきついだろうと思う。

    私ももう引退して結構になるが、自由人であるが、われわれは雲の上から日本を見渡してるだけで、直接物事に加わって人間世界でかかわってやってるわけではない。
    きついことを書いているという感覚を実は本人自身は感じずに書いています。
    私が書くことは軽く流しながら見てください。
    無責任な立場ですから、これこそ人間本来が持つ本当の自由体制の日々かも。

    日本だからこの自由な発言ができている。
    北朝鮮や韓国、中国にだけは、生まれ変わってもあの土地に足さへ踏み込みたくもないし、無論住みたくも行きたくもない。
    日本が一番いい。
    こんな国を汚そうとやってきている連中さへ日本人の価値観で納得できるだけの内容のそれなりの責任を取らしてのお裁きを奴らに厳格に下しての、裁きを目の黒いうちにやれればそれで本望である。

    ——————————–
    橋下さん、
    松井さん、

    行政では、大阪市内に住んでいるので
    身近には
    大阪市長の吉村さんになるが、

    ★行政改革、施政改革、これらは、
    今の状況では、目で見えている政治家らでは、
    あなたたちが求めている日本というこの国家の在り方、これに当たっての、先頭に立っての、率いる集団、組織、それを支持、応援してやまない日本国民、
    総合して見ていてもここにしか現実動かせそうもありません。

    国政についても、地方行政自治体の在り方にしても、何事も、
    ★選ばれて任されたトップは、国家、国民のためにというようなそんな大層な看板掲げるほどの言い分ではなくて、一人の人間として至極当たり前に当然すべきことというとらえ方での、日々物事をごく当たり前のように真摯に取り組んでいる。
    ——————————–

    安倍さんが今回行ったような、本質の弱い部分をまさかに違法移民の日本国籍をだまし取って日本人に成りすましてるこの連中らに為すがままに後ずさりでつかまれ、こんな連中に卑劣なでっち上げでの食い込みで覗かれ、それを愚かにもネタにまでされてしまうまさかの油断をし、ここに突っ込まれ、弱気になっての安倍さんが行った今回の組閣、結果それに少しだけだがそれに屈しての、違法移民の言うことに譲歩してしまい、逃げて行ったかに見せている大事だった莫大な議席を確保可能だったその票を、この、逃げたかもと思われたその票を、ここを怖がり分別なく違法移民の朝鮮民族の票までもを引っ張り込み取り込みに行ったこの弱気な愚行、この手法の発想だけは、ここは、

    橋下さん松井さんは、
    直接ぶつかっての議論で打ち勝つつもりでやるだろうし、これだけは、今回の政権が行ったようなあんな連中相手にこともあろうにこういう【後ずさり】での愚劣で弱気な手法は、これは将来も彼らは多分しないと思える。

    ★トランプ大統領が、
    今日はどんな【リアルニュース】を我々に提供してくれるのか楽しみである。

  4. 仲井 より:

    ちょっと横にずれるかもだが。
    現状北朝鮮とは一触即発での日本の自衛隊が先頭に巻き込まれての日本以外の国へと、国境を越えての海外の地に赴く可能性が高くなっているが、
    でも私はそのことよりも、もっと早い段階で日本の自衛隊が実は海外に緊急で派遣される可能性があると思っているんだが。

    でもそれは戦闘という現場ではなくて、海外で起こった緊急海外援助での災害救助援助という内容で。

    中国で大きな地震が来た。
    四川地方で。
    発生する直前に実は上海をはじめ中国東側の多くの複数の都市において、東側地域を盾列の状況で多くの連なる都市が一様に南北に連ねての気温が特別高い状況が起きていた。
    41度という気温が中国の東側地域一帯の多くの都市で地震発生の数日前に発生した。
    四川で大きな地震が来たのはそこから数日後のことである。
    30度台後半の高気温は、結構過去にも出ていたが、さすがに41度というのはほとんど出ていないし、それも南北に数百キロを超える盾列の都市ですべてでこの驚くような高温の気温を記録している。
    案の定大地震が起きた。

    さてさて、次は何処でこの震度が7レベルの大地震が発生するのかということだが、
    ここ最近ヨーロッパイタリアの複数の大都市10数か所で41度というものすごい高温の気温を出して、イタリアの住民もこの高温にあきれ果てているぐらいきつい日々を送っているそうである。
    イタリアといえば、有名なあのポンペイの、あの、国ごと海中に沈むほど強烈ですごい大地震が起きた場所である。

    今回のこの41度という人間の生存を脅かすほどのこういう気温が記録されたのちにはその周辺で震度7レベルの大災害を起こすだろう大地震が起きている過去もある。

    日頃普通でないこの高温の41度というレベルの高温を出したとき、地球のこの足元の地底ではどういう現象が起きているのだろう。
    日頃出さない地域でのこの41度という高温はこれはとんでもない大地震を呼び起こす虫の知らせかも。

    中国は大きな地盤で日本のように岩盤が細切れのように切り刻んで存在していないのだろうが、今回も、中国は扁平に広範囲に固められた大陸独特の岩盤があるようで、岩盤はなかなか割れ目が着きにくいのか、中国の東海岸地域に面したような地域の41度を出す都市があれだけ多く出ていて結果以前にも発生して割れ目のついている四川でそこが滑ってて、一度は割れているのでそこまで横ずれで滑って結果四川まで西側にずれたのか、あそこが割れる盛り上がる隙間になったようだ。

    地中海は日本と地形はよく似ているので今度41度という高温の都市がこれだけ多く出たということはその爆発力はものすごい大きく影響が出そうだ。
    中国は大陸の岩盤でそこそこびくともせずにほかに影響が出ていないがでもイタリアは何処から割れてもおかしくないので起きるとすれば今度ばかりはものすごいでかい大地震が来るのではと心配している。

    日本の自衛隊の海外出動は北朝鮮との相対しての出動ではなくてこのイタリアへの災害派遣の方が先になるのではとちょっと思ったりした。

    ちなみに日本で、この地域に限ってはこんな高温はまずありえなかったとか、この気温は日ごろ出ないだろうと思えていた都市(アフリカのように日頃40度以上が毎日のように年間を通じて出ている状況では地震は発生していない)に、突然に気温でその地域にしては過去あまりないほどの異常なレベルの高温の気温が出てしまえば、その年を中心にして周りを囲む円を線で引いてその線上に当たる地域で、そこの高温が出た地域から周辺150キロぐらい離れた地域の周辺で、やっぱり地震は起きている。

    :兵庫の豊岡で39度近くが出た2日後に鳥取で地震発生。
    ;北海道帯広で38度を超える気温が出た翌日、日高あたりで地震発生。

    ここ二十年近く、
    :東京周辺で相当の数の地震が記録されているが、これも昔は避暑地にまでなっていた夏の行楽地になっていたほどの都市地域だった群馬あたりの地域でものすごい高温の気温が記録されだした。
    ここ二十年近く前から突然にここらの地域が急に気温が異常な高温を記録するようになっていた。

    ;福井での気温41度記録、
     阪神大震災発生

    ;群馬での気温41度前後記録(過去10年以上の間にわたって)、
     東日本大震災発生

    ;高知四万十川流域で41度の気温記録
     九州大分、熊本地域大地震発生

    ;中国東海岸側に位置する複数都市で気温41度記録
     四川で大地震発生

    次はイタリアを中心にした、その地域で大地震が発生すると予測です。
    Pompeiiどころではないものすごい地震が起きそうなきがする。

    イタリア各地で何しろ41度を記録した都市が20都市近くにもなっている。
    これだけ複数で出ているのはこの間の中国の東地域の都市でそれも多くの都市で、これも複数都市でだ。
    中国は大陸で岩盤が強固だが、イタリアは過去に破壊されたことがある岩盤の上にあの国は存在している。
    大地震が来たら国全体がそれこそあの歴史に伝わるポンペイの悲劇になりかねないかも。
    日本の自衛隊が出動ということになるかも。
    怖い気がする。

    イタリアに大地震が起きそうで非常に怖い気がする。

    こんなこと書いたら怒られるかもね。

  5. 仲井 より:

    昨日、今日の日本の報道番組を見ていると、終戦記念日ということもあってあの太平洋戦争時の日本が負った、いや日本国民が戦争ということで受けたその悲劇、特に日本国民が国家の、いや軍部の独走によってあたら尊い国民の命を無残に吹き飛ばし、その犠牲になってものすごい残酷な運命にさせられ、何も知らない日本の当時の若者が国のため、天皇陛下のためだというだけで、戦争で死んでいったというそのことの無謀に進めた国の責任を問うようなそこに極端に特化して、あらゆる当時のフイルムを駆使して、その中からそこが印象付けられる部分を切り取っての伝えまくっている。

    NHKにいたっては日本軍が毒薬を作って、それを人体実験で中国人に試させていただとか、当時のその現場でそれを実際にやっていたとされる日本人?兵士?、衛生兵のような立場の者を、そう証言する人物を登場させ、あくまでも自虐的に徹底して日本の残酷さを強調するように報道をやった。

    まあ昨日と今日は報道は、戦争の悲劇を、戦争とはこれだけひどいもんだと、しかも日本がひどいことをやったと印象付ける徹底した責任を追及するような自虐報道をやっている。
    日本という国は当時無茶苦茶をやったとほぼこれに徹した報道ばかりを、これを知らせる内容ばかりだ。

    ★だが本当の日本人、日本民族は知っている。

    我々が戦後聞いてきていた戦争というのはそら国と国とが民族と民族が銃弾で向き合うんだから現場はそら残酷なシーンになっても当たり前の世界、これはゲームではない、戦争なんだから。
    人も死ぬし子供も若者もそれは選別などすぃていられないというのが現実の問題だ。

    戦地での戦いで殺し合いは当たり前だ。
    ただ我々戦争で闘ってきた兵隊さんから伝わる内容、そして日本に残っていた戦後の時期の人たちの話を聞いていると実際は戦争中のあの空襲も確かに怖くてとんでもないほど命の危険を味わい多くの国民、そういう人たちがあられのように舞って落ちてくる焼夷弾や連射法のように機銃掃射によって亡くなっていったことは間違いない。

    ただ一つ日本の報道テレビはもちろん、新聞も学校もテレビのコメンテーターも戦後からこの現在の今に至るまで、日本の本当の悲劇を、本当の終戦後にはもっとひどい被害悲劇が日本の各大きな都市の都心で起きていた残虐で非道極まるもう人間の世界を絶する国内状態になっていたことを、このことは誰もが逃げてかくしてただの一言もテレビでも一切伝えない。
    ここが戦争が起きて、それが昭和20年に敗戦で終わった。
    さあこれから日本は米軍の駐留の下復興にというその段階で、目を背けるほどの残酷なとんでもないことがそこらじゅうで愚連隊が暴れて略奪強奪と、日本国籍だまし取りともうやりたい放題の、治安というものなどない、まさに無法の都会の状態になっていた。これが日本の国内の状況であった。

    この、終戦のどさくさの時期に、日本の60を超える都市の都心が空襲で焼野原の時期に、日本人が焼野原で生活ができないのでその土地をしばらく離れていたその折に、これ幸いと違法移民の朝鮮民族奴隷上がりのこいつらが勝手にこの土地に乗り込んできて徹底的に好き放題日本人の所有する土地を奪い日本国籍にすり替わったと同時に土地の所有の陶器までしてしまったのだ。
    略奪強奪で奪い取っていった。
    略奪強奪、日本国籍をもだまし取って、日本人の所有していた土地を、日本刀で脅して日本人所有だった都心の一等地の地域を、ほぼすべてをこの愚連隊である違法移民の朝鮮民族奴隷にすべて奪われてしまったのだ。

    日本の都心でど真ん中で、大きな敷地で駅周辺の地域で土地を多く所有し、昭和50年代ぐらいまで大きな土地と近代的ビルを所有している連中、これらを所有しているもので日本の日本民族などもう本当に探すほどしかいなくてほとんどが違法に日本人所有だった土地を奪い取った連中がほとんどだ。
    現状ビルを多く所有している連中の民族を見てごらんなさい。
    日本人の日本民族を探しても本当に少ないはずだ。

    終戦までは自分で日本民族が多く所有していたものが、終戦後以降に、当時日本人で都心のど真ん中で大きな敷地の土地を持つものは、日本民族では、この奪い取りに来た愚連隊そのままの、刀を持って振りかざして襲ってくるこの違法移民の朝鮮民族の暴力から、日本民族は当時警察もないのと同じ状況下では、自分の土地すら守れずに全て奴らに好き放題で奪い取られてしまった。

    今所有している連中というのは、まあほぼ違法移民の朝鮮民族であり、守り切れずに全て違法移民の朝鮮民族に日本人所有者は無残にも奪われてしまったのだ。

    またそれとは別に能力が薄くて、だけど腕っぷしだけは強くてただ暴力的だった朝鮮民族奴隷は、奪い取った土地を雑なつくりではあるが当時長い長い長屋のアパートや、のちの文化住宅に作り替えた。
    強奪状態で奪い取った土地を、今度は金にするために、奴らは十軒長屋とか二十軒長屋を、並列で短冊状に並べて、一帯をアパート群に形成しだした。

    一時朝鮮民族らしいでっち上げでの嘘のデマ情報を日本中に、テレビ新聞、政治家を使って巧妙に日本人をだますために流し出したことを覚えているでしょう?
    面白い?ことを、朝鮮民族が言い出したのを皆さんはまだ記憶にあると思うが、一時新聞テレビがこんなことを言い出した。
    【朝鮮人には部屋を貸してくれなくて困る】
    大家が、
    入居希望者が朝鮮人だとわかると
    【朝鮮人だと部屋を借さないといわれた】だとか、
    【こんな差別を日本人はやっているひどいもんだ】と。
    【差別がはなはだしい、困っている朝鮮人を差別したらだめだ】と。、

    これって実は全く中身が違うのだ。

    普通に聞いているといかにも日本人の大家さんが朝鮮人には部屋を貸さないんだと差別をしてそうしてるという聞こえかたになる。
    だがこれが実はう圧ら違法移民の朝鮮民族の仕掛けた巧妙な朝鮮民族の印象操作での嘘のデマの工作なのだ。
    おとなしい日本人は、これにまんまとだまされるのだ。
    本当の実態は全く違うのだ。

    実態は、早い話がこれらアパートを所有して(日本人所有から強奪で奪い取ったもの)持っている所有者の人物そのものが、実は大家という人物そのものが違法移民の朝鮮民族そのものなのだ。だから自分と同じ朝鮮民族には絶対に部屋を貸さないのだ。
    それは朝鮮民族奴隷だからわかる朝鮮民族の資質そのものを、こいつらは同胞の民族の朝鮮民族という者らが一帯どういう輩らかを、もう生まれつきこいつらは人一倍すべてを知り尽くしているので、絶対に朝鮮民族を大家自体が朝鮮民族であれば絶対に課さないという方針を貫いていたのだ。
    部屋を貸したら朝鮮民族なので、何をするかわからないということで部屋は朝鮮人には貸さないと、除外していっていたのだ。
    日本人に貸せば大家に迷惑もかけずに、日本人であれば第一犯罪を犯さないし、おとなしいし礼儀正しかったのだ。

    ★彼ら朝鮮民族がこの世で一番信用していない、地球上で一番信用していない、一番嫌いな民族が、それが実は同胞である同じ民族の朝鮮民族なのだ。だから部屋を貸す方側も朝鮮人で貸せと言ってる側も朝鮮人だということ。

    現在巷で行われているあのヘイトスピーチの状況と全く同じことが起きていたのを、これをいかにも日本で土地を持っている地主の大家が、日本民族だと思い込ませる。
    この嘘の内容を、日本国民に朝鮮民族の大家ではないという情報操作なのだ。
    浸透させたいための工作なのだ。
    朝鮮民族の巧妙な策謀だ。

    日本の戦争中よりも、その時の国民が受けた被害よりも、実質の被害は、
    この終戦後からの起きていた国内で行われていた【何もかも財産らしきものをすべてを朝鮮民族に強奪されていく状況を目の当たりで見ていた日本人のその被害の方が、実は日本国民に与えた被害意識は格段に大きい。

    このことを日本の報道は戦後70年以上たった今でもこれを隠し通し、実は伝えていない。終戦後日本では戦争中よりももっともっとひどい被害を、この日本の国内で日本国民が受けていたかを、ここをテレビもすべてを隠さずに伝えろよ!って。

    なぜここを隠すのか!
    私も生きてきてもうかなりになるが、日本の報道や学者らも、終戦後からの昭和20年8月15日以降のこのころの日本の国内で起きていたその内容を、一切隠して報道で出さない。
    日本の戦後などとよく言うがここを隠して日本の戦後など何処にも事実が出せない。

    現在の北朝鮮という国を作ってしまったのは一体どこのどいつだと言えば、私は即座に答えられる。
    北朝鮮をあんな国にしてしまったその原因はすべてが日本の新聞テレビだ。

    学校でも戦後のことを教えさせない。
    テレビでもこの戦後のことを隠してきた。
    隠してきた結果絶対に本来はあってはならんことの日本のあらゆる現場隅々まで、現状北朝鮮人が日本国籍をだまし取って日本人に成りすまし、採用する側も日本人として採用され、採用側はそうとも知らずに研究の最先端の現場で、もうすでにそこの研究の主任クラス、幹部研究員になってしまっている。

    北朝鮮にずぶずぶで最先端技術の研究情報は、情報はそのまま北朝鮮へと放出され、ン材のトップである金正恩の手元に直通で渡っている。

    あの日本から大勢の人員で組織だって乗り込んだ北朝鮮訪朝団が、ピョンヤンでタラップから降りたとき金丸信を出迎えたときの金日成が、金丸の耳元でささやいた一言、
    ここでその後の日本が北朝鮮へとすべてが譲歩で進む道が確立された。

    ★【あなたも日本にきて大変苦労されたそうですね!】
    ★これは金日成が日本の当時の政権のトップに対してかけてきた強烈な脅し文句だ。

    この一言で金丸信は震えあがってであろう。
    ★【あなたたちのことは私は全てわかってるんですよ!】と言ったわけだ。

    ★愚連隊国家北朝鮮を、ここまで作り上げてきた最大の原因は、戦後の折の日本国内で起きていた違法移民の朝鮮民族奴隷が行った目を疑うほどの残虐なとんでもない犯行をこれをすべて隠し通してきた新聞テレビが最大の原因だ。
    これを戦後から日本の国内ですべて出していれば、

    今の韓国との問題も、今の北朝みたいな国はできなかったはず。
    東京千葉の境目の小岩の周辺では、当時の警察が、地域の自警団の日本人に対して、奪いに襲ってくる朝鮮人を殺してもよいという命令書までだしているほど。

トップへ戻る