(五輪競技場見直し)上山信一氏「渾身のツイート」まとめ

よろしければ拡げて頂けると嬉しいです

(上山信一氏ツイッターより引用)
 競技団体のほとんどは、交通の便が悪く、海風や波の影響が大きい海の森水上競技場に拠点を移す計画はないとしている。大規模な国際大会を誘致できる保証もない。ボート競技人口日本国内で約8000人、内80%以上が大学生・高校生

 水門の管理や海水で建物の腐食が進む塩害対策でで維持管理費はかさむ。運営委託先は国営公園の管理を行う「公園財団」。イベント開催や集客のノウハウがあるとは思えない。海の森水上競技場は、負のレガシー(負の遺産)のシンボルの道を歩むのだろうか
“混迷” 海の森水上競技場 – “メディア・クローズアップ”放送・通信・ICT・メディア最新情報-国際メディアサービスシステム研究所

 東京五輪のボート・カヌー競技場が整備される“海の森公園”は、ごみと建設残土で作られた中央防波堤内側の埋立地で、1230万トンのごみが高さ約30メートルにわたって積み上げられた“ごみ山”だった。

 この土地を東京都は緑あふれる森林公園にして臨海部のランドマークにしようとするのが“海の森”プロジェクト。広さ約88ヘクタール、日比谷公園の約5.5倍の広大なスペースに約48万本の木々が植えられる計画だ。
 高度成長期の“負の遺産”を、未来への遺産(レガシー)に変えようという狙い

 イニシャルコストも重要ですが、問題なのはランニングコスト。これから人口減少を迎えるにあたり、スポーツ人口も減少する。これからのスポーツは、すでに今そうなってきているように競技から健康増進へとシフトが加速化する。健康増進のための施設として、海の森に大型の競技場を作ることが正しいか

 健康増進のための施設として、海の森に大型の競技場を作ることが正しいか。身近で、誰もがやれるスポーツをするための施設。それはミニサイズで沢山あるのが望ましい。スポーツの種類も、カネがかからないものにだってできる

 日本は世界最速の人口減少が起こる。巨大な設備投資が是かハッキリしている。交通インフラは仕方ないとしても、非インフラ系の大型施設はどんどんニーズが失われていく。そのくせランニングコストまでかかるというのはいただけない。出費を止め人口増加政策にカネを向け上手くいったら大型施設を作る

海の森水上競技場には何が埋まっているのか | 街・住まい | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

 これじゃ、ますますオリンピックと関係ないから作らない➡アリーナは埼玉、横浜、東京都体育館、代々木第一体育館、有明の五箇所。全体のスポーツの使用日数は373日。コンサートなどイベントに使用される日数は1155日、スポーツの約三倍に当たる。大型アリーナの使用比率は24%対76%。

 川渕氏のツイートでも有ったが現有施設の利用状況が競技ではなくイベントやコンサート殆どらしい。そうなる予定の施設にオリンピックレガーシーもへったくれもない。本当に必要なら民間で作ればいい。

 朝日も原文英文読みましょうね。組織委の赤字補填の方法として調査チームが報告書に書いたことの再掲でしかない。勝手にニュースつくるなよ
仮設施設費の1千億円超「都が負担」 IOC会長に提示:朝日新聞デジタル

これ、真っ赤なウソ。ねつ造に近い記事。アリーナは代替地と交渉中➡小池都知事、水泳とバレーボールも代替地開催を断念!IOCに“白旗” : スポーツ報知
小池都知事、水泳とバレーボールも代替地開催を断念!IOCに“白旗” : スポーツ報知

【東京五輪】“ボートの鉄人”が激白 海の森水上競技場は「競技に適さない」(1/2ページ) – 産経ニュース

小池百合子都知事に日本カヌー連盟が猛反発「長沼は使い物にならない」 – ライブドアニュース
(引用終わり)

TBSは悪質、調査チームが「海の森は本命」と決めただと? – アゴラ(上山信一氏)

11月の4者協議に向けて――都庁、IOC、組織委が一体協力(BLOGOS:上山信一氏)

見直し問題について私の見解は…
橋下氏「(メモの1500億円)調査チームは知事が作成と主張。小池さんは調査チーム作成のものだと」10/23のツイッター
に書きました。

案の定、
(組織委員会のご機嫌を伺う?)メディアが、都民・国民を混乱させる情報をじゃんじゃん発信しています…

残念ながら上山氏は、孤軍奮闘状態に見えます…

もちろん、私は上山氏の考え方に大賛成なので、微力ながら応援したいと思います。

オリパラ調査チームリーダー上山信一氏・宮城県村井知事出演「BSプライム」2016.10.18

上山信一氏生出演「五輪見直しキーマン直撃」2016.10.18

コメント

  1. アンパンマン より:

    上山氏は、昔も今も大阪府市の特別顧問。上山氏は大阪府市に関してもツイートされますが、決して「孤軍奮闘」されることはありません。
    上山氏は大阪府市へ有意義な提言をされますが、あくまで提言。橋下氏、松井氏、吉村氏が府や市の役所として機関決定したうえで、首長が有権者に説明されるからです。

    上山氏が「孤軍奮闘」している時点で、あるべき姿からかけ離れていると思えてなりません。

  2. ゼータ より:

    案の定、マスコミから上山先生への誹謗中傷が始まりましたよ。橋下さんと同じパターンですね。
    小泉元首相の元秘書官の飯島さんとか、上山先生を無能な教授みたいな表現してましたし。
    例の川渕さんも攻撃して来ましたね。さすが堺市長を応援してるだけのことはあります。

    しかし上山先生本人は、こういう攻撃に対してあまり気にされないご様子。
    大人だな~。合理的な批判ならともかく、感情的な批判の場合、橋下さんなら炎のごとく
    相手に反撃するのに。でもこのままだと、攻撃されっぱなしの気もするのですが。

    今後の上山先生の戦い方に注目ですね。

  3. 仲井 より:

    東国原は、知事選で負けて落選したが、
    彼は何処までその匂いを振りまいての”うんこ”のようにやりたかったのか、その症候群をテレビでうるさいほどに振りまいている。
    もう臭すぎて異常すぎる。
    執念深いのか、まあここらがやっぱり日本人には無い違う部分。

    行政の仕組みは確かに勉強もし、実際に現場に立っていたことがあるが、でもこいつは本当に国民のためにやるというその気持ちがあるのか非常に疑わしい。
    政治家としての絶対必須の、特に地域での首長にはそれを抜かしてはどうグズグズでもそこは省けないし考えられない。
    この男の考えている政治と、この男の思っている国民との間には、相当のかけ離れた部分がありそうだねえ。

    今日フジテレビでの出演中にもそうだが、テレビに出てる時の発言がとにかく自分が成れなかったことへの恨み節にしか聞こえない部分がそこら中にばらまいて見えてくる。

    今日も小池さんの要請で始まった東京都庁改革の、まあ言えば小池さんとしては一番やりたかった本丸部分、この肝の部分、全面信頼して任せたこのここの総括の責任者で東京都庁PTグループの統括をされている上山さんのことを、この教授のことを取り上げて、まあ考えられない取り上げ方を東国原はやっていたねえ。
    こいつは、東国原は、何処まで失礼な男だと、まあちっちゃい男だなあと。
    妬み心も頂点に来てるようだ。

    まあちょっと想像を絶する取り上げ方をやっていて、私は思わず部屋で画面に向けて怒鳴ってしまった。

    【上山さんに対して、失礼だろうが!】って。
    ここで出すことさえ腹が立つが、でも一応出してみるが、

    東国原はあの上山さんらのこの改革の本陣のPTグループのメンバー全体、上山さんをはじめ皆さんについて、この方らを指して、

    【上山さんらのあのグループが、目的は何か、上山さんらが自分らの名前を売るために今回やってるのか、東京都庁PTとして全国にその名前を、自分らの利益のために、名前を売るための、そのことで後に自分らが名声を得ることでの還元されるであろう将来の自分の利益のために、利益を上げるためにやってるのではないのかという疑念もあるので、今後の自分らの名前を売って今後の自分らの仕事を増やすためにそれでやってるかどうかを、これが目的で今回東京都庁改革のこういうPTとして都庁に乗り込んだのではないかという疑いがあるので、これについては詳細に調査をする必要がある】などと、

    こいつがテレビで喋った。

    この東国原という男はもう最悪の人物だねえ。

    自分がその席にいないことが、自分がその席に居られないことは誰かがそうさせているとか卑劣に浮かび上がらせようとする自分が負けて相手が勝った場合にはその相手を都にかj九怪しき人物に仕立て上げてでっち上げてでもg。
    妬みと手段はテレビに出演という機会が多い東国原はそのたびごとに自分が敗れた相手の陥れに必死にっこえをhariageteiru.。
    テレビに出る機会が多いので好き放題に出演者を誘導する発言をする。

    真っ当な正面から物事を咀嚼の往来を考えての討論ではなくて、そう置いたうえで責めるのではなくて、向き合っての議論でやり合うのではなくて、常に相手を陥れるところから入っていく。
    追い落とす内容から入っていく。
    妬む感情と、自分が敗れたことの認めたくない負けたことへの恨み、ここに、持っている民族の合作の手法が、今の東国原の生きざまそのものだ。

    石原さんへの執念のような恨み節、
    猪瀬さんへの妬みの大きさ、東国原がどうしてもこの猪瀬さんを、彼を越えられない実務上の突破力での行政力、加えて、気持ちを、意思を、じゅぐじゅぐに右往左往にどっちにでも平気で流されるその感情の抑え方の濁ったドロドロさ、政治家としての東国原が持つ至らなさ、到達できない部分、そして決定的な欠点部分、これに、洞察力の見極めでの猪瀬さん、橋下さんらとの能力差への妬み、被害国原は、政治家にはまず向かない、向いていない。
    週刊文春にでも入ればいい。
    無責任な人の悪口と無いことを有るがごとくに妬みからの怪しきもののように対象をでっち上げていくこの才能は早々は変えられないだろう。
    こいつのような感情の持ち方をして育ってきている者は、一生、これを死ぬまで拭い去れないだろう。
    常に周りで突き出て凄いものが出てくると常にその対象者を怪しいように作り上げていく。
    いかにも世間はそういう話題に飛びつきやすい、ここを目ざとく奴はそこに食いついてそれをテレビで大げさにあおっていく。
    政治家経験者という肩書の触れ込みで。
    今テレビで出ている伊藤淳夫、有馬、田崎、この間民進党から出て当選したあのTBSでよく出ていたあいつのように、対象の者を自分に都合が悪いと常に正面から本質の中身の論をぶつけていくのではなくて、対象者をまずは怪しい者に仕立て上げてからそこから論に入る。
    問題の中身に入る前にそこにだけ、それも自分個人の困る内容、妬む内容、これを東が持っている場合には、これが特に際立ってやってきている。
    陥れ内容から徹底的に入っていく。
    本題は二の次になる。
    まずはそこでおとしいれて置いて、国民にテレビを見ている人に、こいつはいかにもこの相手は怪しき人物ですと思わせることに徹底的に徹して大声で張り上げていく。
    常に議論の場では、内容で詰めて結論を出すという方向など皆無de
    とにかく自分を立場を上で議論をやりたいのだろう。まずは自分の立場が上の部分を認識しろという態度から始める。
    日本の民族では考えられない負け犬の根性だ。
    自分と比べての能力差、皆に認められている、支持が大きい、という相手とのその差ここのみに妬みを合体させ、常に勝ちたいという執念の裏には妬みがあるために、常に勝っておかないとという執念があり、ゆっくり構えて討論の中身に入らない。入る手前でまず買っておきたいという普通の日本人には無いここがある。
    彼は常にやっているが、手法としては最低の手法をとる。
    入口の部分でまず切り出しが相手の人物は自分よりも常に怪しい人物だと作り上げていく。テレビだと愚かな大喜びではしゃぐ連中がそばでパネル席で大いに声を上げて笑ってくれるので、ここぞとでっち上げて作っていこうと導こうとやっている。
    自分の方が一番思考回路が卑劣で卑屈で疎ましいのにそのことには気づいていない。
    これは持って生まれた本性だ。
    今政治家でなくて本当に国民は喜ぶべきだ。

    普通の正面でぶつかって相手に勝とうとするのではなくて対決の中身が常に陥れの内容しか出してこない。
    こういう非業な人生観を持つ者は、どこまで行っても卑劣と妬みとすり抜け扉を自分の姿を抜きにして常に思い描いている。
    ここにだけ必死になる。

    自分が支持されないで破れた相手を、政治的に時期が悪かった打とか、まだ国民がそこに気づかされずに騙されて今回負けたという政治家発想での思いではなくて個人的に恨みに似た妬みの真っ最中の内容をそのまましこりのように持ち続ける異常性格の素材だ。
    まあ日本人の中にはこういう者はあんまりいない。
    執着と執念のここが、ここに至る思いが、国民は何でわかってくれないんだというこういう思いではなくて、ただその相手、この個人だけ相手に妬みと恨みとを執着した形で募らせるというこの異常とも思える特殊感情、日本人にはここがまずわからん感情。

    石原さんへのこいつの異常とも思えるここまでの発言、猪瀬さんへのここまでの異常とも思える発言の中身、
    これは政治的間違いを犯した云々などではなくて自分がかれらにはかなわなかったそのことへの全くのお門違いのただの恨み節の連続のような石の持ち方。
    異常だと本人は思って気付いていないようだ。
    日本人はそんな感情はまず絶対と言っていいほど持たない。
    政治の世界は国民が相手であり国民に支持されなければ何もできない。
    東国原は国民相手ではなくて常に個人相手に世の中を歩んでいる。
    個人一人に勝ると彼はもう有頂天のようにうれしいのだろう。
    我々からすればカスのような内容なんだが、でも彼らはそこが一番人生で大事な部分なんだろう。
    日本人から見れば異常でしかないが、人間の一生を人生をここの人物で物事を捉えるものは政治家になどなってはダメである。
    彼らにすれば日常でふつうのことなのだろうがこんな連中は二度と政治家にな立候補せずに諦めてもらって、基の素性の熱湯風呂にでも入って、本人の才能の頂点ででも動いてもらって大声で叫んでろ!って。

    執着した執念の見苦しい不埒な恨みも妬みも、本性の出の素性は日本で全部捨てて、一気に飛び込んで70度のお湯で消毒して来い!って。

    国民が主体になっておらずに自分単位の内容を常に持つ、こいつはここが日本民族にはわからない感情。

    見てるともう感情のほとんどが常に的外れの自分に都合いいだけの恨みという感情で持ち蓄え、その後その対象の相手が困ることを筋違いで誰よりも喜ぶ素質だ、基本的に、

    こいつの持っている素性の感情は、二流の下種ながらくた週刊誌レベルの最悪な才能、
    人生を、本分でやっていくのではなくて、感情で右往左往させていく。
    国民からの信頼、国民への愛情とは、もう本質がかけ離れて少しずれてるねえ。いや、大きく。

    ここまでくるともう腐った匂いだけ周りに振りまく腐りかけで口にするとたちまち腹を壊しそうな走り回るイタチのような鶏だねえ。

    相当東京都知事への執着が消えないんだねえ。
    今回の上山さんへの奴の言っていることを見ると東京都知事に俺が何故落選したんだ会ってまだ腹が立ってるんだろうねえ。
    目の前に東国原がいてたなら、お前では都知事は地球がひっくり返っても無理だよと、私なら直接言ってやるが。
    人間の中に入れない者は政治家のバッジは外すべき。
    その点大阪の首長は、今も、この間の橋下さん以降、本当に凄い人物がそろって連なってきだした。
    今のうちに大阪都構想を是非完結に持っていってほしい。
    きた。

  4. 仲井 より:

    オリンピック会場の決定に向けてまあ色々と思惑と欲が絡み合っての血みどろのごちゃごちゃ状態。
    上山さんらで出された案を、そのままその部分でみんなで考えましょう云々ではなくて、検討ではなくて、そこに至るまでの上山さんらのメンバーを立ち上げたそのもの、意向から、つまり検討そのものをさせない、排除しようとの思惑と工作で提案内容のそのものから潰しに来ている。

    日ごろ酒を飲まし飯を食わせ高級料理を食べさせてきた記者らをもう総動員させて今までお前らに良い目を味あわせてやっただろうが、返せよな問わんばかりにまあ卑劣に腐った輩総動員でやってきている。

    そこは上山さんはさすがに賢い。
    記者会見で、
    底をやんわりと発して見せた。
    中身は強烈な文言だったが物言いは非常に落ち着いてもうあきれたように語った。
    大阪でやった時と、まあ同じように強欲だけで生き延びてきた奴は、日本の税金や莫大な資金の動くところには必ず屯し、あらゆるところで朝鮮民族の顔を隠し、日本人の日本民族に化けて、日本人のふりをして、日本中、特に今回は東京という一番大きな都市で行われる東京という場所でやっぱりという具合で何処にいても居てるんだなあと、同じだなあと上山さん自身は、彼は、半ばそのことに当たり前ささえ感じただろう。
    彼にすればこいつら何処までよく書いてるんだよ!って、
    国民の税金を一体何と思ってるんだよ!って、大阪で見てきたような輩連中の顔揃った姿を見て、【どう思ってるんだと!】と、
    恐らく一言でも怒鳴りつけてやりたかっただろう。

    野中弘務が在任中にやってた様に、官房機密費のようなそういう公金をマスコミメディアを初めあらゆる物書き物言いに事前に日ごろからばらまいての飼いならしてきていた連中、こいつらがここにきてその恩返しと今後もそのままこぼれを貰おうと一気に乗りだして来て手先で走り回りだした。
    上山さんらが本気で動き出すまで黙っていて、そろそろこれは不味いぞと思い出しいよいよ工作陥れに掛かって来た。
    予算そのものよりも上山さんらの存在自体を潰そうとやって来出した。
    中身では追及が出来ないので、PTチームの立ち上げの意味だとか、おかしいんじゃあないのかと言ってみたり、権限の意味だとか、国民にすればもうどうでもいいことをさも理にかなってやってるふりだけを振りかざして。

    腹の中は奴らは折角隠して税金が湯水のように転がり込むシステムを作り上げてさアテ次の都議会選挙の資金にデモしようと、懐に入れてしまおうともくろんでいたのに上山さんらが出てきてズバッと切られてしまう予測が出てきだした。

    思惑の目論見が消えかかりだしてもうこいつら朝鮮民族が必死で潰しに来出した。
    ここは全国の国民は黙ってないで、日本民族に化けたドロボー集団の朝鮮民族が国民の税金をちょろまかそうと、騙し盗ろうと仕組んでいた内容を叩き潰し、だまし取ろうとしていることを国民がしっかりと見定めて奴らを根こそぎ弾劾で責めて行かねばならん。
    手始めは、手先で動き出したテレビ局新聞社に、ここは国民は黙っていてはダメである。
    一斉に連絡を入れ、税金を騙し取ろうとやっている連中を潰すように要求すべきであり、猛抗議でやるべきだ。

    PTチームの皆さん上山さんら、及び何と言って元知事の小池さんの意思を幅をもって総動員で応援することだ。

    日ごろ種まきをして、その種に食いついてきたマスコミの連中、これは過去の(いや今も全く同じ構図)野中広務の内容で、ここは官房機密費からだけではなくて資金は政治家からも、怖いことは巧妙な還流の手口を使い資金調達の出費のその項目の名目を変えての税金を堂々とこんな連中らにも行政機関からも相当マスメディアに流れているし、もう明らかなので、その手法は今なおやられていると思ってていい。

    地域への補助金も新聞販売店舗経営者に地域役員の肩書の下地域へという名目で莫大な税金が地域歳から流れてわたっている。
    色々な行事費用手当補助金の名目で裏からピンハネが横行して資金を流すことを約束にしてのそれを毎年小遣い渡しを続ける約束の元それが見返りで選挙運動のどぶ板選挙活動をやってもらう資金にされているのだ。奴らは税金で選挙運動活動をやっているのだ。
    選挙期間中、立候補者の前を地域連合会の役員が商店街を必死で走り回ってる姿、其れこそその活動の資金はまさにその自治体の地域の公的機関から小遣いを出させて野選挙運動をやっているのだ。

    これが自民党、公明党、共産党、民進党。
    今度から選挙の時に地域連合会の役員がいてたら今回の選挙のこの活動で君には税金がいくら渡ったんだあ?って直接聞いてやればよい。

    私は大阪で相当数の役員に連絡して問い詰めたことがある。
    誰もが一切答えないし、そのご地域でどこかで会っても、顔を合わすとこそこそ逃げてしまう。
    行政機関から莫大な小遣いが国民には全く内緒で配られているのだ。
    この構図と今回のオリンピックなどは中身の構図はもう同じ。
    貰ってる連中が必死に資金を出している連中の意向に沿って手先で卑劣に徹底して潰し工作に動く。国民はこんな奴らの行動発言に惑わされるな!
    騙されるな!

    よくよく考えると上山さんらにほとんどのメリットがない。
    出も人間としてここはひとつ力になって国民が納得できる予算の構図にしようとの思いだけでやっている。

    周りの者はすべてが利害が絡んでくる連中。
    上山さんらには利害など皆無の状況。

    どっちが国民のために頑張ってるから一目瞭然。
    ドロボー集団に騙されるな。

    ちなみに、細かい話になるが、地域の役員は一人当たり平均で、実は、大体の都市部では、一人個人単位で年間数百万円を役所から地域への活動、行事等での名目事業資金として補助金で受け取り、これが実は実質個人的な飲み食いの小遣いになり、受け取り、薄汚い餌を食いに集まってきているこの地域の連中や、飼いならしたり、甘いだしを貰えることをにおわされてのこいつらマスメディアを、之を十二分に使っての陥れ工作がモーレツに始まりだした。

    付け加えだが、こんな内容も。

    今回上がっている新設の案が浮かび上がってきだした、これが有力だとされるかもと言っているあの有明アリーナ。
    ここのオリンピック後の維持での後年にわたっての年度ごとでの収益、ここの検討した三藤氏の数値が出てきた。
    精々2億から少し上乗せかどうかというレベルらしい。
    あれだけの数百億円、400憶500億円とも言われる建設に関わる費用。
    これだけの費用をと叔父テソン後の利益見通しが年間わずか2億かどうかレベル。
    あの六本木ヒルズが建設費用yはおそらく数百億円でそれでもあの有明アリーナほど高額な建設予算は必要なかっただろう。もっと安くできているはず。
    阿野ヒルズビルは出は一ℬにとわずか50万円とか60万円ほどしか利益を上げていないのかと言えばそんなことはまずないだろう。
    一日60万円程度の利益を上げるために、ヒルズビルをあれを立てたわけではないはずだ。
    六本木ヒルズで有れば、収益はものすごい金額を年間上げているはず。
    有明アリーナにあれだけの莫大な予算をかけて、でも計算上黒字になりますと言ってはいるが、だが当初予算に数百億円も投資でかけて、結果が一日僅か60万円程しか利益が上がらないのであれば、そんなものは利益が上がる建物などとは誰も言わない。
    故意r面お金のメカニズムを考えたことがあるのか!って。
    一日60万円の収益を上げる構造物なら、せいぜい4億から5億もかけての投資ぐらいが妥当。
    普通は、こんな一日にわずか60万円程度の利益しか挙がらんものに、普通であれば精々2億も投資すればいい方で、その構造物にこんな400億も500億も掛ける方が、幾らオリンピックだからと言って誰が考えてもおかしいだろうが!って。

    最後に、ここにも以前に書いたが、
    20年前くらいだったと思うが、ジュース一本が自販で100円の時代に、大阪梅田駅構内のコンコースの中で設置されていたコカ・コーラの自動販売機の、その一台で、年間に2億円の売り上げを上げていたことをここに書いたことがあるが、一日にあの一台で6000本売っていた。
    つまり一日に60万円の売り上げ。
    コカ・コーラ会社の利益がジュース一本の価格の売上価格の仮に5割が利益としたら、単純な計算ではあるが、この自販機を2台置いておけば、その状況で売れていた純利益と比較して一日60万円の利益が上がり、年間でいけば約2億円、
    つまりあれだけの莫大な予算500億円近い金額と人員を使い維持費の莫大な費用を使いやった施設が、実は大阪梅田駅構内の自動販売機二台分しか収益という部分だけで言えば意味がないことになる。

    予算の使われ方の本筋の見極めを今六でもない連中が固辞居って食いつぶそうとやっているがお前らが食いついて食おうとしている建物にかかる予算は大阪駅構内の自動販売機二台分のところに食いついているということだ。

    身の恥を知れ!
    己の身の見苦しさを知れ!
    親に見られて恥ずかしくないのか!と言いたいねえ。
    子供も見てるぞ!って。
    子供にどういう教育で教えられるんだ?って。
    いい大人が欲の面集めて薄汚さすぎるだろうが!って。

    何がオリンピックだよ!
    ギリシャの国民、役人、政治家のことを、税金くれくれで奴らはひどすぎるって、ついこの間まで偉そうに言っていた奴らが裏の顔を出して来て、無頓着さを笑っていたコメントを出していた連中が、オリンピックだからこれだけ金がかさむと平気で言い、オリンピックだからという御幡を出しての名目で、ギリシャよりもひどいことをやろうとやっている。

    上山さん!
    日本のドロボー集団を一度洗いだして日本というパイの中から叩き出してください!

    小池さんの希望の塾に、いよいよ本命の橋下さんも講師で参加もされて行かれるようなので、是非とも大阪でやったような、いや大阪はまだ途中経過でブラックが残ってますが、でも大阪でやってきた方向性で、東京を日本を洗い清めていただきたい。
    日本人は皆さんに期待しています。
    ドロボーらになど泡を吹かしてやりましよう。

トップへ戻る