【選挙戦フィナーレ】おおさか維新「松井代表・高木かおり」街頭演説 天王寺MIO前 2016.7.9

記事をシェアして頂けると嬉しいです

2016参院選
おおさか維新の会・最終最後の街頭演説

高木かおり候補、精も根も使い果たした渾身の演説(4:42)辺り
(最後は光るものも流れたように見えました・・・)
そして、拍手喝采、松井代表のマイク納めの演説(14:52)辺り

是非、ご覧下さい。

※画像をクリック(スマホは2回)すると再生が始まります。

【参院選・最後の訴え】 おおさか維新の会・松井一郎代表「税金の使い方を変えていく!」(産経ニュース)

【選挙戦最終日】おおさか維新「松井代表・浅田ひとし・高木かおり・吉村市長」街頭演説 なんば高島屋前 2016.7.9
維新・大阪選挙区【高木かおり】「マイナスからのスタートでしたが、遂に当落圏内まできました!もうひと押しです」

高木候補、共産や民進候補と激しく当落線上を争っています。
投票日の伸び次第で、勝ち負けどちらにも転びそうです。
何とか、皆さんのお力で、維新の一員として国政に押し上げて下さい!

よろしくお願いしますm(_ _)m
くどいですが、1枚目(選挙区)の投票用紙に「高木かおり」です。くれぐれも共産党のデマにご注意下さい!

おおさか維新の会は「有言実行

やると言った事は、大阪で着実に実行してきました。
その改革の数々…

身を切る改革
・議員定数20%削減 (府議会109→88、市は自公共などの反対で否決)
・議員報酬30%削減
・府知事報酬30%削減、退職金は0円に (報酬総額は東京都知事の半分)
・市長報酬40%削減、退職金は0円に (260万人政令市の市長月給を70万円台に)

徹底行政改革
・公務員人件費((府)9142億→8493億に削減、(市)職員給与を平均7%カット(幹部は14%))
・公務員数(事業の民営化等により31%削減・市)
・天下り(府60%削減、市73%削減)
・無駄を徹底的に見直し(市政改革プランにより4年間で2102億円の財政効果)

子ども教育政策を強力に推進
・教育予算を一気に拡充(従来の5倍・市)
私立高校無償化
中学生塾代助成制度導入(月額1万円・市)
段階的幼児教育無償化(現在は5歳児まで・市)
・中学3年まで医療費を実質無料に(市)
・授業用タブレット端末導入とクーラーの設置(市)
・保育所入所枠7250人増(市)
・妊婦健診の無償化(市)

くらし・高齢者施策も拡充
市営地下鉄運賃値下げ(終電時間の延長、トイレや売店の改修も)
・水道料金値下げ(市)
・防犯対策の強化(市)
・特別養護老人ホームに入居出来ない待機高齢者をゼロに(市)
・一人暮らしや寝たきりの高齢者などの見守り事業(市)

政治とカネの問題
・政務調査費を15%削減(府)
・国会議員政務調査費の使途をHP上で公開(使途の透明化・現状維新のみ)

これだけあってもほんの一部、詳しくは以下のリンクでご確認下さい。
橋下市長 大阪維新の会 実績(Yahoo知恵袋)
「大阪維新が変えた私達の生活、20のコト」(NEVERまとめ)
(大阪維新の会)政策・実績

維新は本気で改革します!
既得権側の抵抗があっても断固戦います!

その為には最低限の力・数が必要です。

参院選後、すぐやる事
・政治資金規正法の改正案提出 (参院合計11議席到達で)
・東北震災後行った「国会議員歳費2割カット」を復活させる。他党が賛同せず法案が通らない場合は、維新の「国会議員歳費(給与)の2割を、毎月被災地に寄付する」

皆さんの一票一票で、改革を後押し、そして維新を応援して下さい!

 

「維新」「借金減らし増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・中学生塾代助成制度(月額1万円)※2023年度から小学5・6年生にも拡大
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・府大市大を統合し公立最大規模・知の拠点「大阪公立大学」に、そして授業料も無償化
・小中学校に授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
・特別養護老人ホームの整備促進・入居枠大幅拡大
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

【新・政策目安箱】日本維新の会にどんな政策を期待しますか? | PoliPoli

【維新政治塾】オンライン – DMM オンラインサロン
2012年の開校以来、経験ゼロの初心者から数多くの政治家を産み出してきた維新政治塾がこの度、オンラインにて開校! 政治の第一歩を踏み出したい方から、政策を勉強したい方まで、幅広く皆さまのご参加をお待ちしています。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

コメント

  1. 他府県民 より:

    やはり党名が足を引っ張ったっぽいです。
    おおさかってネーミングはセンスないなぁと多くの人が思っていても、
    その辺りの民意を汲めなかった訳ですね。

    力を尽くして駆けずり回って来られた候補者及び関係者の皆さま方、
    本当にお疲れ様でした。

  2. 匿名 より:

    大阪ではダブル当選、当然だと思いつつ票がうまく分かれるかなと心配も少し。

    兵庫県でもがんばりました。
    (兵庫県議の問題があったおかげで、改革が必要と県民が考えたからかな?)

    奈良と京都は残念でした、個人の力量もあるかもしれないけど『大阪』という
    アレルギーかプライドに引っかかってしまったのか?

    維新の仕事と、実績を見てもらえれば理解してもらえると思うのは甘いのか。

    松井代表には反省と考察のちガンガンと維新イズムを進めてください。

  3. 匿名 より:

    いやぁ、実績を見てもらって理解してもらえたからこそあれだけ票をもらったとも言える。
    大阪でだって、橋下さんが何をやったか具体的に言える人なんて、かなり少ないと思う。過去に言ってたけど本当に『ふわっとした民意』
    それはそれとして選挙の投票用紙に「おおさか」って書くのは嫌な人多いだろうね

  4. 匿名 より:

    う?ん、「おおさか」が付いてなくてもあんまり変わらなかった気がしますがねぇ・・・松井代表が言ってたように、なぜ「おおさか」が付くの?から有権者に興味を持って貰う戦略はアリだなと思いましたが。大阪での実績をウリにするしかない小さな政党だと代表も認識されていましたから。

トップへ戻る