1/6橋下市長ツイッター2「国民の教育レベルが上がることこそ国の力を強くする。大阪府では、低・中所得世帯の子どもは、私立の高校も原則無償です。」

記事をシェアして頂けると嬉しいです

橋下市長 twilogより引用)
これは大学が検討します。府大、市大が統合すれば神戸大学の規模になり、公立大学では抜きん出た大学になります。 RT @shuntaxile:初めて失礼します。府立、市立大学の統合が実現されるならば、どこのキャンパスを採用されるのでしょうか?

よかったです。徹底した改革をやって教育にカネをぶち込む。教育の無償化、教育大国日本を作ることが維新の基本政策です。 RT @hideyou121612:橋下さん、高校生の無料化は本当に助かっています。おかげで子供も有名私立に通い、素晴らしい環境や先生達の中で学べています!

教育の無償化こそが国を強くする。現役世代の家計を楽にして消費の活性化につながる。少子化対策の切り札にもなる。さらに格差是正の根幹だ。国民の教育レベルが上がることこそ国の力を強くする。大阪府では、低・中所得世帯の子どもは、私立の高校も原則無償です。

一定の立ち入り権限があります。 RT @yk58932784: 一定の行政の関与ということは、すでに具体策があるということですか?

大阪府の私立高校無償化制度は来年度もなくなりません。松井知事と話しています。 お子さんに、受験、頑張るように伝えて下さい。RT @milkcookielove: でも、来年度から無くなるかもと聞いていてうちは来年度受験ですので心配しています

今後も美味しくする努力はしていきます。ただ一度食して下さい。十分な味です。 RT @hideyou121612:一つ苦言です。中学生の給食は、依然まずくて大半の生徒が残してしまいます。弁当を持たせても、給食でもどちらでも選択できるようできないでしょうか?
(続く…)

(続き)
大阪市の中学校給食のことがよく取り上げられる。まずいと。今後もおいしくする努力はしていく。ただ一度食してもらいたい。十分な味だ。テレビ番組でも取り上げられたがコメンテーターは、これで文句を言うのはおかしいと言ってくれた。栄養管理は完ぺきだ。給食は一流料亭の料理とは違う。

学校給食にどこまでの味を求めるのか。これを家庭できちんと子供に指導するのも食育ではないか。大阪市は朝ごはんを食べない子供の割合が全国でもワーストだ。まずはきちんと飯を食べさせることを目標にデリバリー方式で中学校給食を導入した。今後自校調理方式、小学校中学校連携方式などに変えていく

中学校給食の導入一つだけでも市長の任期中にできるかどうかの政策。平松前市長は公約に中学校給食の導入を掲げたが4年間で結局できなかった。お金を工面することができなかった。これが政治行政の現実だ。維新の会は教育子育て重点予算を平松、自民、公明、民主、共産市政のときから5倍以上増やした

了解です。ただその「みかんご飯」は一度食べてみたいですね(笑) RT @zapper1216: 僕は愛媛の高校生です。 中学の時給食で出た「みかんご飯」は本当にまずかったです。給食に異常なまで美味しさを求めるのも間違いですが、食材の組み合わせには気をつけていただきたいです。。。
(引用終わり)

関連
1/6橋下市長ツイッター「自民・公明安倍政権の肝いりの特区制度。しかし、大阪の自民・公明が否決・・・」
12/8橋下市長ツイッター「もっと教育費に税を投入しなければならない。教育大国日本を目指すべきだ。」
意外に奥の深い「ふりかけ論争」。西さん:橋下市長に賛成です。教育委員会での議論の模様も・・・

 

「維新」「増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・大阪府大・市大授業料無償化
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    個人的に私立の大学を無償化するのはどうかと思いますね。。教育に力を入れることは素晴らしいことなのですが、公立のみ無償にすれば、学費がタダというインセンティブが働き勉強する環境が醸成されます。
    おそらく、すべての高校の視点で互いに進学率を競争させる意図もあるのかとは思いますが、私学助成を削ったこともある橋下がなぜ無料にしたのか経緯を知りたい限り。

トップへ戻る