4/30橋下市長ツイッター「30日弁護士会主催の市民集会に出席しないことになった理由。」

【都構想・テレビ討論会】橋下市長vs反対派(自民・共産) 「緊急生大激論」

橋下市長 twilogより引用)
RT @YoichiTakahashi: 「大阪都構想」を逃せば大阪の衰退はさらに進む|高橋洋一の俗論を撃つ!|ダイヤモンド・オンライン diamond.jp/articles/-/70878 @dol_editorsさんから

30日弁護士会主催の市民集会に出席しないことになった理由。この集会があまりにも無茶苦茶であるので結局協議が整わなかったと維新事務局から聞きました。

1、都構想賛成者、反対者で最初に20分のプレゼンをやるとのことだか、テーマは全くフリー。それは双方が自らの案を立論するのか、相手への批判もありなのか全く不明。賛成者は当然、都構想の意義を立論する。しかし反対者は都構想に代わる案を立論するのか、都構想への批判なのか不明。

そして最悪なのは、反対者が仮に、都構想への批判をやってきたときに、賛成者に反論の機会を与えないこと。こんな最悪の進行はない。だって20分も都構想に関して、あることないこと、嘘ばっかり言われても、何も反論できないって、これどんな進行?そんな討論会、今までに聞いたことがない。

都構想に対する批判・疑問には全て答えることができる。20分も相手に時間を渡して都構想に対して文句だけ言わせたらそりゃ相当な事が言えるよ。タウンミーティングや住民説明会で、都構想に思いっきり文句を言う人でも、長くて5分。10分もやったらそりゃ言いたい放題。20分なんて、そりゃ凄いよ

今、ないこと、ないことのデマが飛び交い、都構想についてのそれらしい疑問や批判だって、今まできちんと回答をしてきている。それが500人も聴衆が集まり、メディアが東京からも集まるとういう集会で、相手の文句、デマ、批判、疑問に一切反論できないって、それ何なの?となるでしょ?

これ弁護士会の主催なのに、反対尋問権って知らないのかね。反対尋問のない証言は原則無効だよ。賛成者と反対者は同時間って、これまた討論と質疑の混同。双方立論なら20分同時間で結構。反対者も都構想に代わる案について立論すれば良い。しかし立論でも批判でも何でもいいというなら別だ。

反対者が、20分かけて都構想を批判してきたら、当然それに一つ一つ反論させてもらわなければならない。タウンミーティングだって、住民説明会だって、反対者の持論をそのまま言いっ放しで終わるなんてない。全てに回答、反論している。それが今回の弁護士会主催の集会では反論権は全くなし。
(続く…)

(続き)
そして第二部ではパネルディスカッション。そんなの第二部に行く前に、最初のプレゼンで相手が都構想批判をしてきたら、、全てに反論させてもらわなければならない。そしてこの第二部っていうのも凄い。テーマから進行から全てコーディネーターへの白紙委任。

その上、発言は、コーディネーターの許可がいるらしい。おいおい、裁判か議会と間違えているんじゃないか?そんなパネルディスカッションや討論会なんて聞いたことがない。さっきもテレビ討論をやってきたけど、当事者、司会者は対等の関係。その上で信頼関係でルールを守る。

司会者やコーディネーターに、発言の許可を求める僕の立場って何だ?発言許可というのは物凄い大きな絶対的権限。裁判長や議長が持つ。これってとてつもない権限。だって許可がないと発言できないんだから。だから僕が今、発言を法的に封じられるのは、市議会における議長、委員長からだけ。

市議会での議論における議長、委員長と、弁護士会主催の集会のコーディネーターを同じに位置づけろっていうのが弁護士会の考えらしい。こりゃ凄いや。発言許可に従わない場合、不規則発言がある場合には、退場も命じられるらしい。

では反対者はなぜそんな市民集会に参加するのか。それは簡単。自分は都構想に代わる案を立論しないから。立論しなければ批判を受けることはない。ひたすら、都構想に文句、言いがかり、疑問をぶつけ続ければいいから。だから発言許可がなくても、リスクは0。

反対者からすれば、多くの聴衆の前で、メディアの前で都構想について、ないこと、ないことのデタラメの言いがかりを付けていればいいだけなので、そりゃ参加するでしょ。でも、賛成者のこっちは違う。全て反論しなければならない。

反論の機会が与えられず、そしてパネルディスカッションのテーマも進行も不明。しかも発言は許可制。こんなところに僕を出席させるわけにはいかないと事務レベルで判断したということです。僕は反論権をきちんと与えてくれれば、相手が何人でも構わない。

そうですね。それらの意見は全て採り入れています。あとは言い方等ですね RT @s_y3A8y_s:昔からある区の名前がなくなるのは淋しいとか、新しい庁舎を造らず古い施設を使って欲しいなどの意見を聞く必要だと思います。おおむね賛成なんだけど…の人が多いと思う。反対派にも気配りを
(引用終わり)

関連
橋下市長ツイッター「税金・水道料金・市営住宅家賃・国保料が上がる、敬老パスがなくなると不安を煽るデマがあります」
(都構想反対派・説明会)ハチャメチャな主張の数々・・・ダイジェスト動画集

日本に活力を取り戻し、将来の不安を解消する改革分配
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログをフォローする

コメント

  1. 大阪市民 より:

    これだけ橋下市長が一生懸命やってるのに、反対派は電話で都構想のアンケートをして賛成の番号を押すと、賛成の人は住民投票へ行かなくてもよいといったアナウンスが流れてくるようだ。調べればわかると思うので断固として取り調べてほしい。

    維新は正しいことをしてるのに、マスコミは偏向報道をしてたたく。維新に少しでも悪いニュースがあるとオーバーに報道する。もうなんとかしてほしい。もうこのようなことにだまされない

  2. ゼータ より:

     この数日の読売新聞。
    都構想について連載してくれるのは有り難いことですが、
    批判ありきの内容なのが残念な所です。
    同時期連載の日米安保の記事では一所懸命に
    安保の重要性を説いてますけどね。

    こういうフェアじゃないのがマスコミの悪い癖。

トップへ戻る