橋下氏「財務省は徹底して嘘を付き通す組織として解体。安倍政権と財務省の関係も大問題。消費税増税は当然中止」3/10のツイート

橋下氏「足立さんは財務省の対応を軽く見ていないか?維新は追及が全く弱く、納税者からの強い信頼は得られないと思います」3/10のツイートの続きツイート

(橋下徹氏twilogより引用)

森友文書の書き換え認める 財務省、12日に国会報告 – 共同通信

こりゃ日本の政治行政はダメダメも甚だしい。これから確定申告だよ。ほんと納税者をなめている。怒り心頭だよ。僕も30代なら日本政府の解体・作り直しのためにいっちょやってやろうか、と思っただろうけどもう爺なので今から息子と親子丼を食べに行ってくる。納税前のやけ酒だ

俺も政治家のときにはメディアと散々喧嘩をやったけど、やっぱり民主国家においてはメディアは重要だ。しかもきっちりと調査できるメディアがね。野党は全く力不足。今回は朝日新聞は大金星だな。これまで徹底した調査の陣頭指揮をとらなかった安倍政権の政治責任は重い。



(出典:https://twitter.com/tamakiyuichiro/status/972426457451454464)

日本の不幸は政権交代可能な野党が存在しないこと。安倍政権の失態は重大だが、だからと言って野党に政権を任せることができるとも国民は思っていない。むしろこれで消費税増税は無理になり、安倍政権の当初方針通り。消費税増税がなくなれば国民はそれで収まるような気が・・・

本当に公文書を書き換えたなら、森友との取引はそれだけ隠さなければならない異常取引だったのだと推測される。単なるチョンボならそこまでやる必要はない。それはやはり首相夫人や政治が影響したと考えざるを得ない。違法でないにしても。



(出典:https://twitter.com/YoichiTakahashi/status/972435503491371008)

財務省が猛抵抗していた歳入庁の設置は必然になるでしょう。財務省も旧社会保険庁と同じ。旧社会保険庁は杜撰な事務で解体になったが、財務省はここまで徹底して嘘を付き通す組織として解体。徴税機関としては不適格。安倍政権と財務省の関係も大問題です。消費税増税は当然中止。

<<下に続く>>


昨年の森友国会

政府を除く自民党側は、必死になって、大阪府(維新)に問題があったと主張していた(特に西田議員辺り)

今にして思えば、もちろん例の4議員を知っていて、財務省と共に隠し通そうとしてたんでしょうね

まあ、ここに来ている方々は、鴻池・平沼・北川議員は、当然関係あると思ってましたよね!

財務省と自民、あの時の行動・言動、今なら納得ですよ・・・


でも「ゼロ回答」なら、何で書き換える必要があったのか?

維新議員も名前が出て、あれこれ言われましたが、むろん籠池氏の為に動く訳も無く、問題になりませんでした

自民議員の場合
その先に知ってはいけない事があるんでしょうね・・・
(野党も知ってって、深くは追及出来ないか・・・)

一方
無責任野党6党は、昭恵夫人から安倍政権退陣に無理やり引っ付けようとするのでしょう・・・

「財務省改革」は放り出して・・・

騒ぐだけ騒いで、

結局、なにも政治は改善されず、前に進まず、停滞するだけ・・・

玉木代表のツイートを引用するも、そこに全く期待感が感じられない橋下さん

玉木氏、本当は「党の先行き」が一番の関心事なんでしょうね・・・


月刊正論4月号に、またもや橋下さんが登場

正論2018年4月号
日本工業新聞社
販売価格 ¥840

新たな電子書籍が発売されていました!

橋下さんの有料メルマガ
橋下徹の「問題解決の授業」公式メールマガジン|PRESIDENT Inc.

amazonでバックナンバーを販売するようになりました!

販売商品一覧
http://amzn.to/2ApBkaE

日本に活力を取り戻し、将来の不安を解消する改革分配
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログをフォローする

トップへ戻る