(国会改革:超党派議連発足)橋下氏「政策議論は、与党が質問し野党が答えたり、野党間議論ができたりする仕組みも実現してもらいたい」6/29,30のツイート

記事をシェアして頂けると嬉しいです

(UPが、大変遅くなりました)

(橋下徹氏twilogより引用)

(6/29)
自民・小泉進次郎氏が呼びかけ 超党派の国会改革議連発足 100人出席:イザ!

ぜひ実現して欲しい。今の国会審議が国民からソッポを向かれるのは、国会審議の「仕組み」が悪いから。これまでのやり方を望む旧い政治家には国会改革はできない。できれば政策議論は、与党が質問し野党が答えたり、野党間議論ができたりする仕組みも実現してもらいたい。

野党が答える義務を負えば、野党を支える事務方組織が必要になる。今の霞が関組織に与野党政治家が接触する際のルールを整備するか、国会事務局を1000人単位で大幅に増強することが必要になる。後者が理想。そうなれば野党の政府追及力も格段にアップする。こういうところに税金の大量投入を。

(6/30)
ポーランド戦の最後のパス回しを批判するのは頭の悪い証拠。緻密な状況分析による最高の戦術。そして指揮官西野監督の勇気と胆力。あそこで勝負するのは太平洋戦争に突入した日本軍と同じ。

<<下に続く>>

「内容」 (公務関連) ・大阪府北部を震源とする地震について  1、地震で被災した住宅の復旧に向けて一部損壊を含め、被災者の金利負担を...
昨日(6/27) 小泉進次郎氏は、自民党内の若手中堅議員らによる国会改革を二階幹事長に提言していました その延長で超党派に呼びかけ、実現...
史上初の米朝首脳会談を実現させ、改めて外交手腕に注目が集まるトランプ米大統領。北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長をはじめロシアのプーチン大統領、中国の習近平主席、フィリピンのドゥテルテ大統領ら、世界の名だたる「独裁者」と個人的な関係を構築する一方で、EUやG7加盟国のような民主国家の指導者との折り合いはいまひとつ。その理由...

毎週木曜 22:00 abemaTV「橋下徹の即リプ」 今回ゲストは、つるの剛士さん 虎ノ門ニュースで、つるの剛士さんが紹介し...

橋下さんの有料メルマガ
橋下徹の「問題解決の授業」公式メールマガジン|PRESIDENT Inc.

amazonでバックナンバーを販売するようになりました!

販売商品一覧
http://amzn.to/2ApBkaE

 

「維新」「借金減らし増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・大阪府大・市大授業料無償化
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
・特別養護老人ホームの整備促進・入居枠大幅拡大
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

トップへ戻る