橋下市長「維新の党は流石、朝鮮労働党日本支部だ。任期切れの代表と執行部が大阪維新の会の地方議員を除籍処分」10/15のツイート

橋下市長 twilogより引用)
RT @oneosaka: 本日、10/15の産経新聞と朝日新聞の朝刊に、橋下代表のインタビュー記事が掲載されました!! ぜひご覧下さいね☆ pic.twitter.com/pdllFOFxIa

RT @asahi: 「都構想の議論終わらせない」大阪維新の会・橋下徹代表 t.asahi.com/ij3r

いいね~朝鮮労働党日本支部こと維新の党!自分の力で当選できる力のない、たかだか30人にも満たない国会議員連中が、国会議員と対等の大阪維新の会の地方議員150名以上を除籍処分だって。しかも任期切れの代表とその執行部が除籍処分を下すんだって。ちゃんと代表を選び直して後始末をしないとね

国会議員と地方議員が対等の維新の党は、国会議員団両院議員総会の役割は国会マターを決めるだけ。党の代表を決める権限もなければ代表任期延長の決定権限もない。当たり前だ。執行役員会は党大会から一定の期間において執行を委ねられた雇われ社長だ。雇われ社長が自分の任期を勝手に延長してどうする

維新の党は、国会議員、地方議員が対等の地方分権型の国政政党。この特色を売りにして、前回の選挙では多くの票を頂いた。ところが、維新の党の国会議員は、結局永田町病に冒されていた。しかも自民党の重鎮議員のように実力があるならまだしも、学級会のような集団。これで自分たちは偉いと錯覚。

維新の党には代表も執行部も存在しない。10月1日以後は任期切れ。代表や執行部を名乗る根拠をしっかり示せ。朝鮮労働党の方が根拠があるので、維新の党よりまだましだよ。しかし国会議員のレベルって、こんなもんなんだな~。まあこれは維新の党に限るのかもしれないけど。

維新の党には代表・執行部不在。ゆえに選挙を行う者がいない。新代表が選出されるまで執行する機関も存在しない。そうなれば最高議決機関の党大会で、一から代表・執行部を作るしかない。法律上、当たり前の話。代表でも執行部でもない者が除籍処分を下すって、かっこ悪い政党になっちゃった。

明治以来の中央集権体制の日本の国の仕組みを地方分権型に転換するためには、政党自身が地方分権型にならなければならない。地方分権型の政党として設立したのが日本維新の会であり維新の党だ。ところが今、維新の党は、朝鮮労働党日本支部になってしまった。作り直しが必要だ。

news.yahoo.co.jp/pickup/6177575 維新の党は流石、朝鮮労働党日本支部だ。任期切れの代表と執行部が大阪維新の会の地方議員を除籍処分。そもそも彼らにそんな権限はない。そして、除籍をやるのに聴聞の手続きを踏んだのかね?大阪維新の会の地方議員は新党に参加するの?誰に確認した?

news.yahoo.co.jp/pickup/6177575 30人にも満たない国会議員が、あーでもない、こーでもない、とやってるんだろうが、法律的な素養は0。任期が切れた代表について、なぜ今も代表として振舞うことができるのか、法的理論を全く示さず。しかも除籍処分をやるのに聴聞の手続きもない。

維新の党の国会議員なんかに国家運営を任せると日本は滅びる。真の地方分権型の政党を作らなければならない。これが自民との重要な対立軸の一つだ。実力のない弱小国会議員の集団が、いっちょまえに永田町風情を吹かせて既存の政党と同じようなことをやっていて自民に対抗できるかっ!
(引用終わり)

維新・松野代表会見「162人を除籍決定 新党合流見込みの衆院、地方議員ら」

関連
橋下市長「任期切れになった前代表と前執行部が、大阪系を処分だって。維新の党の国会議員のオツムは大丈夫かい?」10/15のツイート
橋下市長「凄いねこの朝日新聞様至上主義は。自分たちが安倍政権に反対だから、民主・維新・共産に一つにまとまれだって」10/12のツイート

「維新」「増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・大阪府大・市大授業料無償化
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

トップへ戻る