橋下市長「維新の党のお粗末さの原因は、今回の一連の流れは誰が参謀になっているかだ」10/23のツイート

橋下市長 twilogより引用)
しかし柿沢という維新の党の国会議員はつくづく大局的判断ができないというか、頭が悪いというか。まあ個別の政策では色々勉強しているみたいだけど、それは専門家の仕事。政治家の一番の仕事は判断だ。そういう意味では、柿沢氏は日本一頭の悪い政治家と言える。

ごちゃごちゃ言っているけど、8月の末に柿沢氏が幹事長職を辞めていたら何もなかった。こういう事態にならなかった。ただそれだけ。そのときの感情と周りに煽られて絶対に辞めないと宣言して、あれよあれよという間に今の事態。しかも9月には幹事長を辞めているんだよ。8月の判断は何だったんだ?

政治家は常に他人に信任されているということを認識しなければならない。政治家個人の力ではない。それだけ信任されているかが政治家の力。8月末には松井知事と柿沢氏がぶつかった。そして東京組と大阪組がぶつかった。そのときに維新の党の国会議員は冷静に判断できなかった。

永田町の国会議員は、自分の選挙区の有権者だけでなく、議決権のある特別党員にも信任されなければならないことをすっかり忘れていたんだね。だから柿沢氏は自分の力を見誤り、たんかを切った。それが今の事態の全ての原因。柿沢氏はまだ分かっていないようだ。

しかも維新の党は柿沢氏を8月末には留任させて9月には更迭。何やってんだよ。単に国会議員の意地を張っただけ。こういう時に自民党の重鎮は、冷静な判断をするんだろうね。どうせ9月に更迭する人材なら、8月に更迭しても同じだよ。そういうシビアな判断が維新の党はできなかった。

もし柿沢氏を8月末に更迭させて、それに反対するグループが党を出ていくなら、出て行かせばよかったんだ。議決権のある特別党員の過半数を持っていれば、何ら問題ない。これって戦争に起こしたバカな政治家の判断の典型例。その時の意地、メンツでタンかを切る。そして事後に無茶苦茶になる。

維新の党は、事後予測が全くできていなかった。そのときのポイントは議決権のある党員の過半数をしっかりと把握できるかどうか。ここを維新の党の永田町組は完全に見落とした。ほんと維新の党はやばい。こんなちんけな党の争いですら事後予測ができない。

維新の党の国会議員に厳しい外交などで立ち回れるわけがない。自分の力、相手の力の冷静な分析、事後予測、メンツを気にせず混乱を避けるための撤退。こんな兵法のイロハのイすら分かっていないのが維新の党であり、日本一頭の悪い政治家である柿沢氏。国会議員をすぐに辞めなさい。維新の党は解散。

維新の党の現在の事態を招いた原因人物はたった一人。柿沢氏。柿沢氏の判断ミスでこんな事態になった。それだけ。柿沢氏は、日本一頭の悪い、判断能力のない国会議員という栄誉ある称号に相応しい。

維新の党のお粗末さの原因は、今回の一連の流れは誰が参謀になっているかだ。こういう騒動のときに一番やってはいけないのが相手の議決権を削ぐやり方。これは最悪の事態を招く。もう収拾がつかない。こういうときは味方を増やす。これが鉄則。味方を増やして、きちんと党大会をやればよかったんだ。
(続く…)

維新分裂 両者合意寸前まで行くも・・・最後、横槍を入れてご破算にした「あの人」

(続き)
維新の党の参謀役もお粗末極まりない。大阪の地方議員150人を何の理由もなく除籍。もうこれで維新の党は終わった。そうではなく、特別党員を増やして手続きに則って党大会で承認を得る。特別党員の増やし方は規約に書いてあるんだよね。維新の党の国会議員はほんとダメだ。

大阪の地方議員を除籍にして、弁護士の意見書で正当性を主張する。最悪の戦術。こんなので事態は収拾しない。僕が維新の党の法律顧問だったら、まずは特別党員を規約に基づいて増やす。そして手続きに則って党大会を開く。大阪組も全て呼んで、最後は多数決で進めていく。そしたら大阪組は何も言えない

規約で特別党員を増やすことはできる。それについて今度は大阪組が無効を訴えることになる。もちろん無効の訴え方はいくらでもあるけど、それでも正式な手続きに則って大会を開き、多数決で、松野代表の代表権や執行部の権限を追完していく。これをやられたら苦しかった。

でも予想通り、維新の党の永田町組は、大阪組を除籍にしてきた。10月1日から、維新の党の永田町組がどの道を選ぶか探っていたけど、こちらの刺激に案の定の反応を示し、最後は大阪組の除籍。維新の党は誰が参謀だったんだ?ほんと維新の党はダメ。いったん解散して、国民の皆さんにお詫びすべきだ。

ご無沙汰しております。すみません、言葉足らずでした。ひとり親支援大賛成です。大阪市も相当力を入れています。ただ根本的に突き詰めると所得を基準にしないと、両親のある家庭でより低所得の世帯が救われないことに気付きました。これは法律の問題もあります RT @h_ototake:

www.city.osaka.lg.jp/shimin_top/cat… 大阪市の取り組みです。まだまだ不十分かも知れませんができる限りのことはやります。ただ両親のある家庭でより低所得世帯をどうサポートするのか。やはり児童手当などの金銭給付は所得が基準になるのかな、と RT @h_ototake:

ひとり親であることの不便をサポートする話と所得を補う話は別個ではないかとの結論に自分なりに至りました。サポートすることは大賛成ですが、金銭サポートは両親のある低所得者世帯との公平性も考えなければならないと。乙武さんの発信力に期待しています! RT @h_ototake:

ひとり親の世帯をサポートしないと言っているわけではなく、ひとり親だけでなく両親があっても低所得の世帯にも同じようにサポートしましょうという考えです。言葉足らずで、すみません RT @tennmutennnou: @h_ototake 無報酬で夫から子供の養育費さえもらえないのに

僕は低所得者世帯の子どもの教育環境を何とか改善したいという思いでやってきました。大阪市では全で初ですが、一月一万円の教育バウチャー制度を始めています。これで塾に通ってくれています。ひとり親のみならず低所得世帯の子どものサポート。政治の仕事ですRT @h_ototake:

制度転換は難しくはないんです。世帯所得で児童手当の額を決めればいいだけ。問題は財源。今回ひとり親世帯には対応していますが、両親世帯の子どもが救えていません。そうであれば一世帯の給付額は薄くなるかもしれませんが世帯所得で決める方が公平とういのが持論ですRT @h_ototake:

頑張って下さい。僕は低所得世帯に限らず、生まれてから大学まで教育費完全無償化の国を目指したいですね。日本のあらゆる課題解決に繋がると考えております。またお話しさせて下さい RT @h_ototake: 「低所得者世帯の子どもの教育環境」、じつは私もいまここに強い関心を寄せておりま

ひとり親世帯だけでなく、低所得世帯の児童手当を増額すべきというのが持論です。制度変更はすぐできます。財源・お金の問題だけです。今一定額の予算が確保できているのであればその範囲で両親のいる低所得者世帯の子どもも救ってあげたい。世帯数はそんに多くありませんRT @h_ototake:

こちらこそありがとうございました。会議に入りますので失礼いたします。お会いできるのを楽しみにしております RT @h_ototake: @t_ishin 熱のこもったお言葉をありがとうございます。私も教育の力を信じ、私にできるかぎりの尽力をしてまいりたいと思います。こちらこそ、ま

その通りです。僕も含めて一部の者だけで決めることは不可。どこかでは必ず党大会の承認が必要だったのです RT @ProjectOlki:5月19日に両院議員総会で松野氏を代表に決定してしまったのが原因でしょう。このときにきちんと党大会を開催して代表決定していないのがおかしい。
(引用終わり)

東京組は、すべてが後手後手でしたね・・・
除籍は機先を制したつもりだったんでしょうけど、墓穴を掘った、と言うか、すっかりハマってしまった・・・

メディアが「泥沼泥沼」って書き立てるけど、
意図的に言ってるか・・・(朝日・毎日の今日の社説)
維新の党の仕組み(国会議員・地方議員が対等)を知らないで言ってるか・・・(今朝のDHCの有本香さん)
ですね・・・

知ってれば、あの大量除籍通知の時点で、自称執行部に批判が出るよね・・・(-_-;)

P.S.
橋下さんが渡辺氏に会ってから、DHCは注意して観てる。
何か、配慮をするのか??

(先ほど書いた様に)今日、有本さんが橋下さんの批判をしていた。
まだ渡辺氏を許していなければ、橋下さんを快く思わないかも・・・とも思うが、
今回は、ただ詳しくなかっただけかな・・・
(同席した須田氏は橋下さんには触れず・・・)

関連
橋下市長「柿沢という日本で一番判断能力のない国会議員が僕を名指して批判してきたので、柿沢氏を批判します」10/22のツイート
橋下市長「臨時党大会から逃げている維新の党のへなちょこの皆さんが、臨時国会を開け!政府は逃げている!ってそれコントですか?」10/23のツイート

「維新」「増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・大阪府大・市大授業料無償化
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    あのDHCの番組は橋下さんに松井さんの言う、口だけ保守の人の番組ですからねぇ

    有本さんは以前から橋下さんに批判的でしたよ
    名指しはしなくとも、公務員や議員の給与を下げるのは間違い!わかっていない!むしろ上げると消費が増えて景気が良くなる!とラジオ番組のボイスで行ってたぐらいですから

  2. 先憂市民 より:

    > 有本さんは以前から橋下さんに批判的でしたよ
    > 名指しはしなくとも、公務員や議員の給与を下げるのは間違い!わかっていない!むしろ上げると消費が増えて景気が良くなる!とラジオ番組のボイスで行ってたぐらいですから

    なるほど、そういう方だったんですか。
    そんなに気にする必要は無いですね(^_^;)

    ありがとうございましたm(_ _)m

    DHC、ご指摘の通りなんですが、つい観ちゃうんですよね…(汗)

トップへ戻る