橋下市長「5年前に大阪維新の会を立ち上げたときは大阪府議六名だけだった。よくここまで来たもんだ」10/31のツイート

橋下市長 twilogより引用)
政治は三歩進んで二歩後退の繰り返し。道なき道を歩むのに、三歩進んで三歩進んではあり得ない。三歩進んで二歩後退。この一歩前進の積み重ね。今日、国政政党「おおさか維新の会」が立ち上がる。五年前に大阪維新の会を立ち上げたときは大阪府議六名だけだった。よくここまで来たもんだ。

RT @oneosaka: 橋下代表「国会では共産党は自民党を糾弾しているのに、今回の選挙では自民党と共産党が組んでいる、まずこの事態が異常だという事を認識して頂きたいんです。」 橋下徹・吉村洋文 大阪市 鶴見区民センター 演説会 生中継 live.nicovideo.jp/watch/lv240013… #W選挙

RT @oneosaka: 橋下代表「全く考えの異なる自民党と共産党が組んで、選挙だけ戦っても何も実現出来るはずがありません。」【10月30日】橋下徹・吉村洋文 大阪市 鶴見区民センター 演説会 生中継 – 2015/10/30 19:00開始 live.nicovideo.jp/watch/lv240013… #W選挙

RT @oneosaka: 橋下代表「柳本さんはリニアをやるってマニフェストに書いてる。でも共産党はリニア大反対なんです。選挙で協力したって何も実行出来るわけがないんです。」橋下徹・吉村洋文 大阪市 鶴見区民センター 演説会 生中継 19:00開始 live.nicovideo.jp/watch/lv240013… #W選挙

RT @gogoichiro: キャスト終了、相手候補は、咲洲から大阪府が撤退を表明しているので、柳本さんに「納得されているのか?」と訊ねると「松井さん脅すのですか」なんで、僕が脅すことになるのか全く理解不能な発言、撤退を表明されているのは、柳本さんのパートナーなんですがね。

(※【大阪W選】テレビ生討論会「松井知事、吉村洋文、栗原貴子、柳本顕、中川暢三」2015.10.30

RT @kazeosasu: こんな事があっても私達、大阪府民は「自民党と共産党が連携するなんて、デマを流すな!」と、自民党議員からウソつきの様に言われないといけないのでしょうか?・・もう誰がどう見ても「自民・共産の連携」ですよね? @gogoichiro pic.twitter.com/1EaZ9R3wDh

RT @nooma577: @gogoichiro 大阪自民は『共産党に支援を要請しません』と言い張っていましたが・・・ pic.twitter.com/vesvQKalN9

RT @hiroyoshimura: おおさか維新の会の結党大会。新党の政調会長に就任した。東京の一極集中を打破し、大阪が関西の軸として持続的に成長するため、副首都を目指すべき。言うだけのマニフェストではダメで実行する。これまでの国に対する陳情行政ではできない。大阪の過去がそうであったように。陳情ではなく当事者になる

RT @ShinichiUeyama: いよいよ新刊、発売開始!「検証 大阪維新改革 橋下改革の軌跡」 上山信一 www.amazon.co.jp/dp/4324100640/…
(引用終わり)

amazonリンク貼りました。

買うなら、こちらのほうがお得かな?

関連
おおさか維新の会 結党大会(橋下市長・松井知事 他) 2015.10.31
橋下市長 テレビ生出演「(視聴者の声)学校の設備が本当に良くなった、ので『やめないで』」2015.10.30
橋下市長 5ヶ月ぶりに登場「維新・大阪・その後は・・・ホンネを激白」2015.10.24

「維新」「増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・大阪府大・市大授業料無償化(2020年度より)
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・中3まで医療費実質無料(高校生は1回500円)
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログをフォローする

コメント

  1. いい加減にしなさい より:

    大阪維新の会を結党した頃を思い出します。

    本当に「大阪をなんとかせんとあかん」と熱い気持ちを持ったやる気に満ちた顔をしていました。
    そして行き着いた『都構想』

    最終目標にたどり着くため、きっとぐっと気持ちをおしころしたことも多々あったことでしょう。
    (6人のメンバーではないですが、かなり初期から参加されてる議員の方に話を聞いたとき、少し寂しそうな表情で「やっぱり無理だったんでしょうね」とおっしゃっていました)

    しかし、今度は「日本をなんとかせんとあかん」という熱い気持ちで政党をつくることができた。

    橋下さんとその理念に共感した人たちをあの時の大阪維新の会を応援したみたいにこれから応援していきたい。

トップへ戻る