橋下市長「都構想反対派は『とにかく反対してくれ。都構想の議論は継続するから』と呼びかけていた」11/9のツイート

(反対派)「都構想にストップを掛けてから、じっくり時間をかけて考えればいいのです

まさに今回の選挙、吉村・松井候補は、反対派が言っていた様に、じっくり話し合って、もう一度しっかり納得できる案を作ろうと言っているだけです。

それに対して、柳本・栗原候補、
「都構想は終わったこと。蒸し返すな!」・・・

住民投票で、「とりあえず」反対票を入れた方・・・
本当に都構想の話、やめちゃって大丈夫ですか?
大阪に都構想は必要無いって、完全に言い切れますか?

もし、都構想、もう少し考えたい、もっと中身を話し合いたいなら、
吉村・松井候補に投票して下さい。

ただ、もしこの選挙、棄権してしまったら・・・

あの時は「とりあえず反対票を」と言いあなたに反対票を入れさせておいて、今度は「もうその話は終わった」と言う、
自民・共産・民主を応援する「組織」の人達の「後押し」をする事になりますよ!

そう、あなたが、怒らずに寝ててくれれば、柳本・栗原候補は有利になるんですから・・・

関連
大阪都構想、賛成「47%」 住民投票前の「33%」から支持拡大(朝日新聞・ABC調査)
「戦争法・徴兵制」を真に受けた人は、また、デマまがいのビラに騙されてしまうのか?

「維新」「増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・大阪府大・市大授業料無償化(2020年度より)
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・中3まで医療費実質無料(高校生は1回500円)
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログをフォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    見事に反対派へブーメランが刺さってますねw
    大阪維新の会は5.17住民投票の当時の反対派の意見・気持ちも十分に汲んで、今W選挙を戦っているのです。まさにシールズがよく言う「民意とは何だ?!」を深く理解した上での都構想議論の継続をどうするのかを選挙で問うています。

  2. 匿名 より:

    安保法案が通った直後、シールズは泣きながら「選挙に行こうよ!」と踊ってましたね。

    ね、大阪の若者のみなさん「選挙に行こうよ」

    どっちに入れるか、自分の頭でよく考えてと言いたいが

    とにかく

    「選挙には行こうよ」

    声を上げ騒ぐだけでは何も変わらないって学んだでしょ。

  3. 匿名 より:

    国家を左右する安保法制でも自民反対派・共産党・民主党がくっつかないのに、
    一地方行政の行政の仕組みを変える選挙に、自民党・共産党・民主党が簡単にきれいにくっつく。

    政策は真逆なのに理念もなにもあったもんじゃないですね。
    既存政党の皆さんは議員定数削減と議員報酬3割カットがそれほど嫌なんですね。
    自分の身分保障が最優先の自民・共産・民主が言う改革なんて所詮期待に値するものではないということがよくわかりましたよ。

  4. 他府県民 より:

    名無しさん、報酬カットが惜しいばかりではないでしょう。
    私は他府県民ですが、議員の特権で受け取る口利き料とかって当人にしか分かりませんよ。それからまぁ議員の兄弟が経営している会社の多い事多い事。
    入札の必要のない随意契約という名の恩恵に預かり続けブクブク太れます。
    橋下さんが何処まで切り込んだかは知りませんが、私達の知らない人達が首を長くして待ちわびている事間違いなしです。

トップへ戻る