橋下徹氏「(上西小百合氏)維新政治塾では落第点、公認不適格との評価。それを僕ら執行部が女性候補ということで無理やり公認したような人物」3/1のツイート

記事をシェアして頂けると嬉しいです

遂に、橋下さん、ぶっちゃけちゃいました!

上西氏と議論をする事になった東国原氏が、その顛末をツイート。

東国原氏ツイッターより引用)
CBC(TBS系)「ゴゴスマ」(午後1時55分?午後3時53分、関東や中部地方で生OA)に、上西議員から局側に出演可能という返事があったらしい。

僕からの提案(上西議員側が名古屋のスタジオに来れないという事で、東京での生放送、ツーショットでのOAを提案)を受け入れたらしい。当然である。最大限こちら側が譲歩しているのだから。

しかし、明日2日、上西議員は、大阪から東京駅に15時に着くらしい。そこから、CBC東京支社スタジオまで、約十数分。更に、16時からどうやら公務が入っているという事で、スタジオを15時45分には出たいらしい。公開討論会は実質30分弱。

こんな時間で何を討論出来るのか。まぁ、与えられた時間内でやるしかないだろう。それにしても上西議員の公務とは一体何か、公務だから公開されるのは当然である。

後、明日15時丁度に東京駅に到着する、東海道新幹線(大阪からの登り のぞみ・ひかり・こだま等)があるのかどうか、何方かご存知の方おられませんか? 勿論、こちらでも調べてみますが。

本日、上西議員は衆議院本会議(約19時まで)に出席している(確認済み)。その後、大阪に帰るか、明日朝、大阪に帰り、とんぼ返りで15時には東京駅に到着する予定らしい。多忙である。その多忙な公務とやらを公開して頂く。(引用終わり)

それを見た、橋下さんが以下のツイート。

橋下徹氏 twilogより引用)
東さん、こんばんは。維新政治塾では落第点。大阪維新のチューターからは公認不適格との評価。それを僕ら執行部が女性候補ということで無理やり公認したような人物と議論する価値はあるのでしょうか。放っておいたらいいのでは?東さんは優しいですね(笑)RT @higashi_kokuba

ありがとうございます!吉村市長がさらに深化させていきます! RT @akatsukijyuku: 鶴見区で2教室個人学習塾をしております。塾代助成カードは疑問を感じておりましたが、今では保護者にも周知され入塾するときに「塾代助成カード」が使用可能か問い合わせが当たり前になりました

全ては代表であった僕の責任です。本当に申し訳ありません RT @rururupin3:@higashi_kokuba でも事実公認されたんですよね。上西のせいで「関西人はやっぱり馬鹿なんだね。」って関東人から言われる僕ら大阪もんは上西を公認した維新に少し不信感を持ってます。

ありがとうございます!こういうことが政治家の仕事のやりがいですね。 吉村市長がさらに深化させますRT @akatsukijyukuカードが使えなければ、塾に通うことが出来なかった生徒のことを考えれば、橋下先生の決断は大英断だったと思います。実際に塾に通う生徒の成績も上昇傾向にある

引き続き大阪市の子どもたちをよろしくお願いします。大阪市では学校教育だけではなく、塾の力も総動員して頂く必要があります RT @akatsukijyuku: 吉村市長は生野高校出身で私の2年先輩です。お返事いただき驚きました。ありがとうございました(お忙しい身、お返事は結構です)
(引用終わり)

ぶっちゃけても、当時を謝罪した橋下さん。
東氏の言う「あの時の内実」・・・

あの時、与党・民主党は、維新の勢いを恐れて早期解散に打って出ました。
そのせいで、維新はいくつかの難題に直面することになりました。

「あの時の内実」も、その様な中で生じた事態だったのでしょう。

あれから時は流れ、今、野党になっても民主党は維新を抑えこもうと必死です・・・

P.S.
この件は、批判したい人は喜んで取り上げそうですね・・・(-_-;)

その後行われたテレビ討論
(テレビ生バトル)上西小百合氏vs東国原英夫氏 「ウソ発言を認めて謝れ」vs「上西よ議員辞職しろ」

関連
おおさか維新 憲法について、橋下徹前代表を交えて、3月、国会内で意見交換
橋下徹氏「トランプ氏が、日米同盟の不公平さを主張しているのは日本にとって大変いいことだ」2/27のツイート

 

「維新」「借金減らし増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・大阪府大・市大授業料無償化
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
・特別養護老人ホームの整備促進・入居枠大幅拡大
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

トップへ戻る