橋下氏「(リツイート名誉棄損)一審で勝訴しました。リツイートはフェイクニュース拡散の元凶です」8/29~9/12のツイート

記事をシェアして頂けると嬉しいです

記事にするのが大変遅くなりましたが、記録の為残しておきます

(橋下徹氏twilogより引用)

(8/29)

(出典:https://twitter.com/kharaguchi/status/1166885094117666816)

法律を作ればいいだけです。その前に文書通信交通滞在費の実費精算を法律なく実行して頂きたいです。実費精算は返納・寄付ではないので、すぐに実行できます。維新でもそこまでやっていません。

(8/30)

(出典:https://twitter.com/adachiyasushi/status/1167109065912176640)

まず文書通信交通滞在費は何に使うかの目的ルールが必要ですね。僕が代表のときは、領収書の添付までしかできませんでした。それがゴールではないと思います。民間の経費認定は非常に厳しく、目的ルールが厳格です。文通費が国税・税務署所管なら、ほとんどが否認されるのではないでしょうか?

改革はどんどん進めなければなりません。文通費の領収書添付で改革が止まっているように感じます。

松井代表はその他の業務で忙しいのですから、これくらいのことは維新国会議員団で進めるべき改革ではないでしょうか?

(9/9)

(出典:https://twitter.com/hiroyoshimura/status/1171007863029813249)

僕のときにはマズイ給食を実施。吉村市長のときに温かい美味しい給食が実現。

マズイは訂正。業者の皆さんも予算と制度の制約があったので、あそこが限界。冷たい給食を実施、に訂正します。

(9/10)

(出典:https://twitter.com/hiroyoshimura/status/1171069568694902784)

また謙虚さを装って、支持を拡大する戦略^_^
知事の真実の姿は、墓場まで持って行きます。ご安心を。


(出典:https://twitter.com/gogoichiro/status/1170640155117359105)

「眼鏡を取ると、アホそうに見える」と言われたような気がします。

(9/12)
「リツイートは賛同行為」橋下氏への名誉毀損、ジャーナリストに賠償命令 大阪地裁判決 – 毎日新聞

岩上安身氏からツイッターによる執拗な攻撃を受け続けてきましたが、一審で勝訴しました。リツイートはフェイクニュース拡散の元凶です。リツートにも一定の責任が生じます。皆さん、気を付けましょう。

元ツイートに意見があるなら、コメントを付してリツイートしましょう。単純リツイートするならば、元ツイートの真偽を確認しましょう。リツイートにも一定の責任を求め、ツイッターの世界での名誉毀損拡散に歯止めをかける裁判例。


橋下氏「IWJ岩上氏のリツイート内容は表現の自由を完全に逸脱している。ジャーナリストを名乗る資格はない」1/22のツイート

11月2日、大盛況のうちに決勝戦を迎えるラグビーワールドカップ日本大会。日本代表の8強進出だけではなく、ゲームそのものの面白さも人気を高めた要因だ。高校時代にラグビー高校日本代表候補になった経歴を持つ橋下徹氏が、元選手、そして大ファンとして成功の背景を解説する。プレジデント社の公式メールマガジン「橋下徹の『問題解決の授...

【文藝春秋11月号】日韓相克 終わりなき“歴史戦”の正体
【徹底討論】対決か協調か 橋下 徹/舛添要一

文藝春秋2019年11月号
文藝春秋2019年11月号

posted with amazlet at 19.10.31
文藝春秋 (2019-10-10)

橋下さんの公式メルマガ
橋下徹の「問題解決の授業」公式メールマガジン|PRESIDENT Inc.

amazonで公式メルマガのバックナンバーを販売しています!

販売中メルマガ一覧
http://amzn.to/2ApBkaE

【amazon Kindle Unlimited】月々980円で書籍も雑誌もマンガも読み放題!PCでもスマホでもタブレットでも読める。(初めての方)30日間無料お試し実施中!

 

「維新」「増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・大阪府大・市大授業料無償化
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

トップへ戻る