橋下氏「増田さん 石原さんと大喧嘩して発言を取り消させ謝罪させれば、大きく流れが変わったのに」7/28のツイート

(twilogより引用)
石原さんの小池さんへの厚化粧暴言時、増田さんは同じ場所に居たんだから、石原さんと大喧嘩して発言を取り消させ謝罪させれば、大きく流れが変わったのに。最大のチャンスを逃した。あの発言くらい取り消させることができなければ大改革などできないhashimoto-law-office.jp/from.html
(引用終わり)

この件に関する報道
都知事選候補に石原節!「厚化粧」の“暴言”に…(テレビ東京:動画あり)
「売国奴」「厚化粧」 石原元知事、都知事選候補を批判(朝日新聞)
若狭氏「本当に厚化粧見たのか」石原発言に悔し泣き(日刊スポーツ)

鳥越氏に「売国奴」と言った件は、あまり批判されてないですね・・・(^_^;)

関連
橋下×羽鳥の新番組「橋下徹が斬るヒラリーSP」2016.7.25

スポンサーリンク

日本維新の会」 「大阪維新の会
・幼児教育から大学(私学を含む)まで、口だけじゃない本気の「教育無償化
・将来、不安な年金を、公平で確実にもらえる「積立式の年金」に転換
・少子高齢化に対応し、地域の創意工夫でさらに持続発展できる社会をつくる
・何でも反対だけの無責任野党ではない「提案型責任政党」。しがらみだらけの自民党には出来ない改革を法案にして提出【身を切る改革、維新だからできる。100本法案

【他党が賛同せずとも、公約通り、身を切る改革を実施】
※維新の全国会議員は、歳費の20%を被災地に寄付しています(合計年間5616万円)
衆院選後は、他党が賛同しなくても、公約通り30%削減(寄付)必ずやります!
【しがらみは排除!】企業団体献金も一切受けていません
「維新」がこれまで行ってきた改革の数々

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事を拡げて頂けると嬉しいです

フォローする

コメント

  1. 仲井 より:

    石原さんはああいう場にはもうふさわしくないのに、、、
    なんでわざわざ足を運んだんだろう。
    息子の伸晃さんの持つ性格、口はばったがる彼独特のあの性格が政治家らしくないというそこがちょっと我慢ならずに出ていこうと、一言喋ろうと、思ったのかねえ。
    自分が一言口を挟もうと。

    でも残念だったねえ。
    石原さんはもう現場に出ない方がいいねえ。

    昔話を語るか、本でも書いていた方がいい。

    若いころの慎太郎、ここ10年近く前までの慎太郎、
    これを見てきただけに、ちょっと残念すぎる今回の件。

    田中角栄は、最後まで、自分の発言で、自分の放った言葉で、濁す、汚すことは、これだけは彼は最後まで絶対にしなかった。

    まあ今回は見るに見かねて息子さんのあの、【のほっと】した雰囲気での風貌、見てくれ、大衆に見せる強さがなさそうに見せてしまうあの容貌、伸晃さんの、ことに向けての決断の発言という部分での決め事に対する弱さ感、グダグダ感、思いきりの無さが大衆にも見せてしまう状況を見かねたんだろう。

    これは負けそうだという勘が働き、あの場に足を運んだんだろうが、でもその足は、かつての慎太郎ではなくて足も胴体ももう宙に浮いている状態に見えた。

    息子さんに対する気持ちが、親としてはあの歳になってもかわいいのか、でも頼んなさそうに見えたんだろうねえ。

    もう不覚も不覚、一寸足跡を濁してしまったねえ。

    まあでも息子可愛さに出てきたんだろう、

    石原さんは、
    あの人は、あの【慎太郎のまま】で、我々は目にして終わってほしかったが。

    この橋下さんのコメンとは、全く的を射てる。
    増田は都知事になっても議会にも予算にも都議連に首根っこを掴まれ締め上げられての、奴ら朝鮮族の言うがままにしか出来ないだろう。

    彼になど何にもできないだろう。

    これを見てると、橋下さん松井さんが大阪でやったことの大きさが、これがどれだけ凄いことかを、改めてその凄さが、大音響でのドラを叩いてくるほどに、身がどよめくほどに橋下さんのあの声が響く。

    物凄い努力と物凄い思いが橋下さん松井さんに有って、しかもそれを希望するとか目指すとか気持ちだけではなくて実際の行動活動政治行動、これをもう休むことなく立て続けにやって示して結果を出して来た。
    ここまでさせた橋下さんらのやったことに、日本の国民は本当に感謝すべきだ。

    もう一度国民の担いだ席に、橋下さんの姿を見たいものだ。
    こうなるとつくづくそう思う。
    日本はこんな政治家を求めている。

トップへ戻る