5/17 橋下氏ツイッター「米政府当局の批判に対して」

記事をシェアして頂けると嬉しいです

(引用)
米政府当局が、「橋下の発言は言語道断、侮辱的。橋下は6月に訪米するらしいが誰も会わないだろう」とのコメントを出した。アメリカも日本相手には、中国と同様の態度振る舞いをするようだ。自分たちの気に食わない相手には、一切会わない。僕の発言が国際問題化したので、主張の視点を変える。

僕の今回の発言には、国内に言いたいことと国外に言いたいこと、2つある。この二つの局面では中身は一緒でも言い回しが少し違うので、アメリカに向けては次のように言いたい。まず、世界第二次対戦における日本の侵略、植民地政策の過去をしっかりと受け止め、周辺国への反省とお詫びは当然の前提。

そして日本軍が慰安婦を活用していたことも、これも言語道断。二度と繰り返してはならない。しかし世界は、特にアメリカは日本の慰安婦だけを、「性奴隷」として徹底的に批判する。確かに日本がやっったことは悪い。ここは揺るぎない事実だ。しかしアメリカやその他の国はどうなんだ?

第二次世界大戦の責任は日本にある。ただ戦場での性の問題は、日本だけが特殊な人種として性奴隷を活用していたのではない。ドイツもフランスも、慰安所方式を活用していたし、アメリカやイギリスは、現地の女性を活用していた。朝鮮戦争やベトナム戦争では慰安所方式が活用されていたと言う史実もある

もっと端的に言う。アメリカの日本占領期では日本人女性を活用したのではなかったのか。戦場での性の対応策として、女性を活用するのは言語道断だ。しかしアメリカも、世界も、日本の慰安婦だけを取り上げて、日本だけが性奴隷を活用していた特殊な人種と批判する。これは違う。(続く…)

(続き)
戦場の性の対応策として、日本は悪かった。世界各国がやっていたからと言って、日本の慰安婦活用を正当化することは許されない。しかし、日本だけを特別に非難するのはアンフェアだ。アメリカはフェアを重んじる国だ。そして人権を尊重する国だろう。日本も今は同じだ。

そうであれば、アメリカも、日本の慰安婦問題だけを批判するのではなく、戦場の性の問題として、世界各国の態度振る舞いをきちんと検証すべきだ。日本を正当化するつもりはない。女性の人権を21世紀の時代、さらに尊重していくのであれば、自国の過去の歴史も振り返るべきだ。

第二次世界大戦の侵略と植民地政策の責任が日本にあることは間違いない。しかし戦場の性の問題として、多くの女性の人権を蹂躙したのは、日本だけではない。世界各国、そしてアメリカも同じだ。米軍が現地女性に何をしていたのか、日本の占領期に特に沖縄女性に何をしていたのか、直視すべきだ。

僕は女性の人権をさらに高めていくことに大いに賛成だ。過去を直視しなければ未来は開けない。日本が過去人権意識に乏しかったことは直視する。そのことによって、未来に人権を尊重する未来が開ける。日本は今や世界各国の中でも人権を大変尊重する国だ。

日本は、慰安婦の活用について直視している。多くの国民は、それは悪かったことと認識している。ゆえに日本の自衛隊が他国で性犯罪を犯したと言う話は聞いたことがない。過去に過ちがあったとしても僕は今の日本を誇りに思う。しかし戦場での性の過去をアメリカや他の国は直視しているのか。

第二次世界大戦当時、そしてその後の朝鮮戦争やベトナム戦争時、世界各国は戦場の性の対応として女性を活用した。形式の差はあれ、それは大した問題ではない。世界各国、戦場の性の対応として、女性の人権を蹂躙してきたのだ。だからと言って、僕は日本を正当化するつもりはない。

日本も過ちを認めて、未来に向けて女性の人権を大切にする国を目指すのと同様、アメリカ始め戦場の性として女性を活用してきた世界各国も自らの過去を直視すベきだ。日本だけが性奴隷を活用した特殊な国と非難するのは違う。そして僕の米軍に対する発言が不適切だったことは認める。

しかしアメリカ国民は、日本の沖縄の現状を直視すべきだ。僕は米軍には日本の安全保障に貢献してくれていることに感謝している。しかし、少数の米兵の行状により、沖縄県民の人権が蹂躙される事態が生じる。せっかくの日米の信頼関係がこれで一気に崩れる。

アメリカが人権を尊重する国であることは認めるが、人権は全世界普遍的なものだ。そうであれば、アメリカは日本の沖縄県民の人権をもっと直視すべきだ。

そして国内向け。慰安婦の問題は、元慰安婦の方への対応だけではとどまらない。日本国内では強制連行があったかどうかが議論されている。リベラルと言われる人は、「強制連行があったかどうかは関係ない。強制連行がなくても慰安婦を活用したことは悪いことは悪い。」と言う。

それはその通りだ。強制連行がなくても、悪いことは悪い。日本人では強制連行がなかったから悪くないと主張する者がいる。だから誤解をされる。強制連行がなくても悪いことは悪い。しかし、日本のリベラルが言うように強制連行の有無はどうでも良いことではない。

日本は慰安婦を強制連行したと言う事実をもって、アメリカは、日本人は特異で性奴隷を活用したと非難している。強制連行の有無は、世界的評価に大きな大きな影響を与えているのだ。ここを日本のリベラルは全く意識していない。国内だけ、元慰安婦の方だけしか見ていない。

日本のリベラルは、日本の責任を認めることしか考えていない。日本の責任は認める。しかし世界でどう評価されているのかにまで目を向けなければならない。世界と論争するには慰安婦の強制連行の有無が重要となるのだ。そして日本政府はこの点を明確にしない。これがこの問題の元凶だ。

中国の外交は全てを良しとしないが、見習うべきところはたくさんある。アメリカから中国の人権侵害を指摘されるや、返す刀で、アメリカの問題点を厳しく指摘した。日本が本当に人権を大切にする国であれば、他国がやった人権侵害行為もしっかりと指摘をしなければならない。

女性の人権が大切だと言うのであれば、他国の女性人権侵害行為も厳しく指摘しなければならない。日本の慰安婦活用は悪い。ただ、世界各国、戦場の性の対応として、女性を活用していた。そのことをしっかりと指摘しなければならない。

自国の事を棚に上げて、日本だけを批判するアメリカはアンフェアだと指摘しなければならない。アメリカはフェアを最も重視する国のはずだ。そして日本の沖縄の現状もアメリカ人に直視してもらわなければならない。日本は当然だが、世界各国も戦場で女性を活用したことを深く反省すべきだ。

そして二度と戦場や軍で女性の人権が蹂躙されないよう、日本は当然のこととして、世界各国が決意すべきだ。そのためには日本は当然のこと、世界各国も過去を直視しなければならない。世界各国、戦場において女性を活用していた。日本だけが性奴隷を活用していたと言うのはアンフェアだ。

日本は反省する。しかしアメリカ始め世界各国も反省すべきだ。そして共に未来に向けて女性の人権を大切にする世界を目指すべきだ。そのようなアメリカの真摯な取り組みがなければ、沖縄問題は前進しない。今のアメリカは、日本の慰安婦だけを攻撃している。

日本政府は、1993年当時、元慰安婦の当事者との解決だけを考えて、河野談話を発表した。韓国との関係さえ何とかなれば良いだろうと。日本のリベラルと言われる人も同じ。だから強制連行の有無などどうでも良い、あいまいで良い、とにかく責任さえ認めれば良いと。

そこで発表される日本政府の言葉が、元慰安婦、韓国との関係だけで作用するのではなく、その後世界的に使われるだろうということは全く予測していなかったのであろう。日本の責任は認めれればいい。しかし、鉄則は事実をあいまいにしないことだ。

元慰安婦の方への責任を認めるのは当然としても、その後、その時の言葉を引用され、世界的に批判を受けることまで予測するのが外交当局の責任だ。しかも2007年の閣議決定では、強制連行を裏付ける直接証拠はなかったとした。間接証拠はあると言うのか。とにかく日本政府はあいまいで逃げの姿勢。

この日本的あいまいさは、世界では通用しない。河野談話によって、慰安婦の方への責任を認めることは当然としても、それが世界的に日本だけが性奴隷を活用していたことの根拠となってしまった。ここははっきりさせなければならない。日本政府は気合を入れて、明確化せよ。

日本の知識人よ。慰安婦問題に関して、目を覚ませ。強制連行の有無にかかわらず、慰安婦を活用していたことは言語道断。しかし強制連行を認めると、世界からは日本だけが特殊な性奴隷を活用したと評価されるのだ。責任は認めるにしても、世界からの評価に目を向けろ。

日本をはじめ世界各国が戦場の性において、女性を活用し、重大な人権侵害行為をたにもかからず、なぜ日本だけが性奴隷を活用していたと攻撃されるのか。それは日本だけが女性を強制連行していたとされているからだ。アメリカは、慰安婦を強制的な性奴隷と表現している。

日本がやったことは悪い。世界各国がやっていたからと言って正当化はできない。しかし世界が日本だけを、異常な人種扱いするのは不当でアンフェアだ。日本は当然だが、戦場での性で女性を活用したアメリカをはじめとする世界各国も皆同じように反省し、二度と繰り返さない決意を示すべきだ。

bit.ly/13A6XtM 米軍基地視察時の「風俗」発言の経緯。政党そうぞうの下地代表の証言。風俗のワードを出したことは不適切だったことは認めます。しかし人権を大切にするアメリカには沖縄の現状を直視し、沖縄県民の人権尊重にも力を入れて欲しい。人権は世界普遍だ。

間違ってはならないのは、日本は自らの過去を正当化してはならないことだ。慰安婦問題についても。しかし不当な侮辱に対してはきっちりと異議を述べなければならない。日本だけが戦場の性で女性を活用していたのではない。アメリカをはじめ世界各国皆そうだ。皆、反省し、未来を志向すべきだ。

仰る通りです。 RT @mock_n_roller: @t_ishin:今回の一連の発言について謝る必要はないと思います。しかし一為政者として慰安婦問題について謝罪し、その上で他国が謝らないアンフェアを訴求する流れでないと。

2007年は日本の責任を回避しようとしからダメなのです。日本の責任を認めた上で、日本だけじゃないでしょ、あなたたちもでしょ、と迫るべきです。RT @saintarrow: 2007年に日本は「狭い意味の強制と広意味の強制」のような言い方で異議を唱え惨めに敗退した。これと同様の失敗
(橋下氏 twilogより)

 

「維新」「借金減らし増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・小学高学年/中学生塾代助成制度(年額12万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・府大市大を統合し公立最大規模・知の拠点「大阪公立大学」に、そして授業料も無償化
・小中学校に授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
・特別養護老人ホームの整備促進・入居枠大幅拡大
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

【新・政策目安箱】日本維新の会にどんな政策を期待しますか? | PoliPoli

【維新政治塾】オンライン – DMM オンラインサロン
2012年の開校以来、経験ゼロの初心者から数多くの政治家を産み出してきた維新政治塾がこの度、オンラインにて開校! 政治の第一歩を踏み出したい方から、政策を勉強したい方まで、幅広く皆さまのご参加をお待ちしています。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

トップへ戻る