橋下市長 支持率7割超え 世論調査

記事をシェアして頂けると嬉しいです

引用

本社世論調査 松井知事支持は55%

 読売新聞社が16~18日に行った世論調査で、府民の支持率が70%以上に達した橋下大阪市長。支持理由として最も多かったのは「指導力がある」だった。一方、昨年11月の大阪ダブル選で同時に当選し、橋下市長が代表を務める大阪維新の会幹事長の松井知事は、支持率55%。改革の方針を積極的に打ち出す橋下市長の人気の高さが突出した。

■橋下人気

 橋下市長を支持したのは、男性73%、女性72%と、男女とも7割を超えた。年代別では、最も高かったのが30歳代の8割弱。最も低い70歳以上とは10ポイント強の差があった。

 支持する理由を二つまで選んでもらったところ、最多の「指導力がある」は54%。次に多かったのが「政策に期待できる」と、「発信力がある」で、いずれも37%。「改革の姿勢や手法がよい」の22%が続いた。

 一方、「支持しない」は19%。その理由(二つまで回答)は、「独裁的だ」が最も多く約7割、次いで「発言が二転三転する」が3割弱だった。

 松井知事を支持したのは、男性56%、女性54%。年代別では、30歳代が約6割で最も高く、一番低かった70歳以上が5割強だった。

 松井知事を支持する人のうち、95%が橋下市長を支持。松井知事を「支持しない」とした人でも、35%が橋下市長を支持するとした。

■政策

 橋下市長と松井知事が市、府両議会で成立を目指す教育基本条例案については、「賛成」が過半数を占めたが、反対も24%。現行の教育行政を大きく変化させる条例案だけに、根強い反対意見があることをうかがわせた。

 ただ、「反対」とした人の中でも、43%が橋下市長を支持しており、個人的な人気の高さを裏付けた。

 また、大阪維新の会が掲げる都構想については、「賛成」が33%、「どちらかといえば賛成」が31%。男性は「賛成」が42%、「どちらかといえば賛成」が27%だったが、女性は「賛成」が24%で、「どちらかといえば賛成」が34%だった。

 都市別では、大阪市で「賛成」「どちらかといえば賛成」が約6割。竹山修身市長が都構想からの離脱を宣言した堺市でも、ほぼ同じだった。

(2012年3月19日 ヨミウリオンライン)

詳しくは、今日の読売朝刊に載ってます。
調査対象は近畿圏3,441世帯のうち2,079人(うち大阪府在住890人)回答率60%。
固定電話の有る世帯のみが対象なので、若い世代の回答が、実際の割合より少ない調査になっていると思います。
それで、この結果ですので、実際の支持率は、もっと高いと想像出来ますね!

その他の項目では
「大阪維新の会の国政進出に期待」 63%

賛成できる維新の政策
「教育委員会の廃止など教育改革」 59%
「首相公選制の導入」 52%
「憲法9条改正の国民投票」 49%
「参議院の廃止」 48%
「TPPへの参加」 44%
「道州制の導入」 40%

 

「維新」「借金減らし増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・大阪府大・市大授業料無償化
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
・特別養護老人ホームの整備促進・入居枠大幅拡大
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

トップへ戻る