再度書きますが、「脱原発」は、電力会社との「戦」が必要になると思います。

記事をシェアして頂けると嬉しいです

すでに、こちらの記事で書きましたが、
関西電力の筆頭株主である大阪市が、6月の同社株主総会で提案する内容の骨子をまとめました。

株主提案は通らなくても、今の世論では再稼動は難しいでしょう。

そうなると、おそらく、関電は、最後「脅し」を掛けて来るのではと思っています。

それは、夏のピーク時に関西圏の一部地域で、故意に停電を起こすということです。(震災後に東電がやったように・・・)

多くの住民が、不便を強いられたり、商売にも損害を出すかもしれません。
そして、にわかに、「原発を動かせ」と言う声も挙がるかもしれません。

しかし、そこで、電力マフィアの脅しに屈しては「負け」なのです。

その、脅しに耐えれば、逆に関電は、不利な立場に追い込まれるのです!

「再生エネルギー法」には、電力買取を拒否することができる例外規定が設けられていますが・・・

(たとえ故意でも)表向きは、電力が足りなくて、停電は起きるのですから、
太陽光・風力等の電力の買取を拒めなくなるのです。

そうすれば、民間の対応は早いです。
再生可能エネルギーによる電力を、どんどん供給できる体制を整えるでしょう(孫さん、お願いします!)。

そうなれば、関西圏の電力供給は確保され、原発を動かす理由(口実)は、無くなってしまうのです。

一時、不便で大変な時もあるかもしれません。
東京でも、4月から値上げと言う「脅し」が始まります。

日本全国で、この脅しに屈せず、戦い抜き、
脱原発の道を切り開き、
そして、電力会社に好き勝手させるのは、
やめさせようじゃありませんか

私たちの本当の敵は、イランや北朝鮮でなく、
すぐそばに存在してるのかもしれません・・・

 

「維新」「借金減らし増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・大阪府大・市大授業料無償化
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
・特別養護老人ホームの整備促進・入居枠大幅拡大
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

トップへ戻る