[日本維新]「所属国会議員、毎月18万円を被災地に寄付」(参院選公約を実行)

参院選で維新が「必ずやる」と約束した公約2つ

①政治資金規正法の改正案提出 (参院合計11議席以上到達で)
②東北震災後行った「国会議員歳費2割カット」を復活させる。他党が賛同しない場合は、維新の「国会議員歳費の2割を、毎月被災地に寄付する」

(参院選公約についての報道)
「議員歳費2割、被災地に寄付」 お維新・松井代表:朝日新聞デジタル(2016.6.28)

2016.6.29の定例会見でその想いを語る松井代表
(そのシーンから再生します)


御案内の通り
目指せ法案100本提出」で、上記の法案は提出済みです。

しかし、どちらも審議されませんでした…

法案が通らなければ、2割カット出来ません(返上も出来ない)
よって、当初の約束通り寄付をする事を決めました。

被災地へ毎月1人18万円寄付=維新:時事ドットコム

(引用)
 日本維新の会の馬場伸幸幹事長は20日の記者会見で、来年1月から所属国会議員が毎月18万円を東日本大震災や熊本地震の被災地に寄付すると発表した。議員から集めたお金を党が拠出する形をとる。同党の国会議員は27人おり、年額で約5800万円に上る。
 同党は先の臨時国会に国会議員の歳費と期末手当を2割削減する議員立法を提出している。馬場氏は「身を切る改革法案が通らなければ、(寄付を)未来永劫(えいごう)やっていく」と強調した。

(追記)その定例記者会見動画
冒頭に話しています。


有言実行
自分達が、まずやってみせる。
それが維新です。

昨日の橋下羽鳥観たら、とても他党には出来そうもないですね…
(山本一太・玉木雄一郎・乙武洋匡)橋下✕羽鳥の番組「ハシハト議会」2016.12.19

「(橋下氏)講演料は200万円だが、被災地熊本県益城町の依頼は無料で引き受けた」(朝日新聞)

P.S.
このニュース、ほとんど報道されないんだろうな…

スポンサーリンク

日本維新の会」 「大阪維新の会
・幼児教育から大学(私学を含む)まで、口だけじゃない本気の「教育無償化
・将来、不安な年金を、公平で確実にもらえる「積立式の年金」に転換
・少子高齢化に対応し、地域の創意工夫でさらに持続発展できる社会をつくる
・何でも反対だけの無責任野党ではない「提案型責任政党」。しがらみだらけの自民党には出来ない改革を法案にして提出【身を切る改革、維新だからできる。100本法案

【他党が賛同せずとも、公約通り、身を切る改革を実施】
※維新の全国会議員は、歳費の20%を被災地に寄付しています(合計年間約5000万円)
衆院選後は、他党が賛同しなくても、公約通り30%削減(寄付)必ずやります!
【しがらみは排除!】企業団体献金も一切受けていません
「維新」がこれまで行ってきた改革の数々

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事を拡げて頂けると嬉しいです

フォローする

トップへ戻る