山田宏議員「橋下徹という政治家は稀有な政治家だ。今でもそう思っているし、また一緒に仕事をしたい。」6/5ツイートまとめ

記事をシェアして頂けると嬉しいです

石原新党の新党準備会の座長に就任した山田宏議員。

今日、分党について連続ツイートをしました。

(引用)
日本維新の会の分党が決定され、石原、橋下両代表を中心とする2つのグループのどちらに所属するか、今日までに提出しなければならない。私は熟慮の上、昨日の石原グループの会合に出席。予想を超える22名の議員の参加があり、私はこれから結成する新党準備会の座長を務めることになった。

今回の分党は極めて残念だ。原因は結いの党との合流を急いだこと。私はまず統一会派を作って、両党の隔たりを埋める努力をし、他の党にも再編を呼びかけ、選挙前に一気に野党の大きなかたまりの新党を作るべきと主張してきたが、突然分党という結論になった。今でも合流を急いだ理由が理解できない。

私は日本国民による新憲法の制定(自主憲法)や、集団的自衛権の行使容認など、結いの党との政策協議で隔たりのあったこれらの基本政策こそ、党を一つにする場合には曖昧さがあってはならないと思う。今わが国が直面していく外患に対処するには、国家観や安全保障観の一定の共有が欠かせないからだ。

今回の分党で橋下代表と不本意ながらたもとを分かつことになった。長く、首長連合、大阪府市の顧問として行動を共にしてきたので、痛恨の極みで本当に残念だ。橋下徹という政治家は稀有な政治家だ。今でもそう思っているし、また一緒に仕事をしたい。大阪都構想の実現に向けこれからも応援したい。
(6/5 山田宏議員twitterより)

 

「維新」「借金減らし増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・大阪府大・市大授業料無償化
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
・特別養護老人ホームの整備促進・入居枠大幅拡大
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

トップへ戻る