日本維新の会 山田宏議員「大阪都構想について」連続ツイート まとめ

記事をシェアして頂けると嬉しいです

山田宏議員ツイッター:https://twitter.com/yamazogaikuzo
関連記事:【大阪市改革が進まない本当の理由】上山信一氏連続ツイート

(引用)
今行われている大阪市長選挙は「大阪都構想」の浮沈がかかる極めて大事な選挙だ。私は一貫して、大阪市のような270万人もの人口を抱える基礎的自治体が、住民にとって「最も身近な自治体」であり得るはずがないと主張してきた。私が区長を務めた50万人の杉並区くらいまでが限界と実感している。

市長などの「最も身近な自治体」の代表は、「行政の小売店」の経営者として、「住民の声に迅速に適切に応える」自治体経営を心掛けなければならない。それが「民主主義の学校」としての自治体経営の基本だ。270万人の人口を抱える市長が、様々な住民の声を直接耳にできる機会は、物理的に困難だ。

結局、住民の様々な声は、市役所の各担当部署で処理され、市長の耳には入らない。まして厳しい声や役所にとって都合の悪い情報は入らない。その結果、市長は単なる市のシンボル化するか、または役人の言いなりになり、住民から直接選ばれた「最も身近な自治体」の経営者として機能しなくなってしまう。

「大阪都構想」は、基礎的自治体としては巨大すぎる大阪市を約45万人単位の「自治区(市)」に分割し、その区長を選挙で選んで、「最も身近な自治体」として福祉や医療や教育、そしてまちづくりなどを、役人主導ではなく住民の合意形成を重視して進める、真の民主主義に基づく統治機構改革になる。
(山田宏議員ツイッターより)

【大阪市長選】投票日は「23日(日)」ですが、その前日まで毎日が投票日です!(23日は最終投票日です。)
期日前投票のご案内 : 各区の区役所内の期日前投票所でカンタンに投票出来ます。
詳しくは大阪市選管HP
http://www.city.osaka.lg.jp/senkyo/page/0000001297.html
あらかじめ投票しておけば、東京都知事選みたいに天気が荒れても心配無し

 

「維新」「借金減らし増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・小学高学年/中学生塾代助成制度(年額12万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・府大市大を統合し公立最大規模・知の拠点「大阪公立大学」に、そして授業料も無償化
・小中学校に授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
・特別養護老人ホームの整備促進・入居枠大幅拡大
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

【新・政策目安箱】日本維新の会にどんな政策を期待しますか? | PoliPoli

【維新政治塾】オンライン – DMM オンラインサロン
2012年の開校以来、経験ゼロの初心者から数多くの政治家を産み出してきた維新政治塾がこの度、オンラインにて開校! 政治の第一歩を踏み出したい方から、政策を勉強したい方まで、幅広く皆さまのご参加をお待ちしています。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

トップへ戻る