「アントニオ猪木」氏の政治姿勢を探る・・・

関連記事:アントニオ猪木氏、日本維新から出馬へ!参院比例、5日会見

猪木氏、自身の団体のHPにて、「週刊イノキ」なる連載をしています。

その中から、政治に関係のありそうなものをピックアップしてみます。

週刊イノキ Vol.108 「何事も経験に勝るものはなし!」 猪木が(天皇陛下の心臓手術執刀医の)天野教授と安倍総理を語る!! [2013/05/10]
(中略) 安倍(晋三)政権がスタートしてから4カ月が経った。聞けば支持率は8割を超えたという。個人的にも安倍総理とは、政治家のなかでは一番付き合いが多かった人物かもしれない。総理になる前には北朝鮮問題での付き合いがあったりね…

週刊イノキ Vol.103 猪木が「一票の格差」を巡る論議を斬る! 昨年の衆議院議員選挙は無効なのか? [2013/04/05]
(中略)この夏の参院選では、いかに安倍総理が勝負をかけるか。これに勝って絶対過半数を獲得すれば、晴れてねじれが解消できるわけだから。もっと言えば3分の2以上を取らなければ憲法改正までは行かないですから、それができるかどうかはホント重要なんだよな…

週刊イノキ Vol.96 安倍晋三総理への提言!「国民にゴマをするな! 今度こそ思う存分、指揮棒を振るえ!」 [2013/02/15]
(中略)憲法改正の話が本格的に進んで行くなら、これも前から言っている通り、俺は改憲なんて話じゃなく、大本から作り直してほしいと思う。いまの憲法なんて百条以上もあるんだよ。そんな基本的なことだって知っている日本人が何割いるんだろうな。日本の基本理念が書かれている憲法なんだから、まず、誰が読んでもわかりやすくするべきだと思うよな…
(やはり、石原氏に近そうですね…)

週刊イノキ Vol.90 2013年もスタート! 尖閣、竹島、北方領土、沖縄の米軍基地……、あらためて猪木が外交問題を語る! [2013/01/04]
(中略)いつだったかNHKの番組を観てたら20代の中国人の若い女性が、尖閣問題に対して、いまの中国政府とはまったく違う見解を明かしていたけど、そうやって世代によってはそこまで大きく捉えてはいないんですよ。その世代の外国人には、毎年8月15日に、日本の総理が靖国神社を参拝しちゃいけないなんて話をまともに受け取ってるヤツだっていないでしょう…
沖縄の基地問題にしても、結局はアメリカとの外交の話だよ。どれも一筋縄にいかない話ばかりだけど、沖縄の話で言えば、基地問題は本当にややこしくなってしまった。沖縄だってこれだけ崩れちゃうと、すんなり「わかりました」と言えないでしょう。ただ、沖縄には基地があったほうがいい、と話している現地の人もいる。実際、基地があることによる利益もあるわけだからね。その辺の認識については、世代や沖縄の地域によっても意見が違うらしい。だけど、意見がひとつではないってことが本音だと思うし、それを誰かが言っていかないといけないでしょう…

リンク:週刊イノキ

スポンサーリンク

日本維新の会」 「大阪維新の会
・幼児教育から大学(私学を含む)まで、口だけじゃない本気の「教育無償化
・将来、不安な年金を、公平で確実にもらえる「積立式の年金」に転換
・少子高齢化に対応し、地域の創意工夫でさらに持続発展できる社会をつくる
・何でも反対だけの無責任野党ではない「提案型責任政党」。しがらみだらけの自民党には出来ない改革を法案にして提出【身を切る改革、維新だからできる。100本法案

【他党が賛同せずとも、公約通り、身を切る改革を実施】
※維新の全国会議員は、歳費の20%を被災地に寄付しています(合計年間5616万円)
衆院選後は、他党が賛同しなくても、公約通り30%削減(寄付)必ずやります!
【しがらみは排除!】企業団体献金も一切受けていません
「維新」がこれまで行ってきた改革の数々

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事を拡げて頂けると嬉しいです

フォローする

コメント

  1. アンパンマン より:

    SECRET: 0
    PASS: d4082ac4db3c14681d8dfc9a485bed44
    アントニオ猪木氏の出馬の件は、例のごとくメディアの飛ばし記事な気がします。

    維新の国会議員団レベルの決定なら、さもありなんですが、(根拠は無いですが)橋下代表や松井幹事長の発想とは思えません。

    とはいえ、「太陽との合併」でもそうでしたが、最初は違和感を感じても、日を追って「判断の正しさ」を実感させられるコトもあったので、アントニオ猪木氏出馬もあるのかもしれません。

    幸い明日は橋下市長の定例記者会見ですので、詳しい説明が聞けるでしょう。

トップへ戻る