大阪市による関電株主提案で 助言機関2社に協力要請へ

引用

大阪市による関電株主提案で 助言機関2社に協力要請へ

 関西電力の筆頭株主の大阪市は1日、27日の株主総会に諮る株主提案について、議決権行使の際にアドバイスする「助言会社」2社に協力を要請し、個人株主に賛同を呼びかける方針を明らかにした。関電株約9億3900万株のうち株主提案による定款変更に必要な3分の2の賛同を得るのが狙いという。

 助言会社は、個人投資家や機関投資家が株主総会で議決権を行使する際、総会で出される議案についての賛否をアドバイス。今回、市が協力を求めるのは、日系の「日本プロクシーガバナンス研究所」と米系の「ISS」。

 市は4月、関電に対し、取締役の定員半減▽可及的速やかな全原発廃止と最終処分方法の確立▽多様なエネルギー源の導入▽発送電の分離など10項目を提案。5月には、大口株主約150団体に提案への賛同を求める文書を送った。(朝日デジタル 6/2)

大飯再稼動について、大阪市(橋下さん)には法律的に発言権がありませんでした。

しかし、関電に対しては、有ります!

ハードルは高いと思いますが、賛同する個人株主も多いと思います。
メディアにも、大きく取り上げられるでしょう。

関電独占体制打破へ、
ボディーブローの様に、じわじわ効いていくと信じます!

スポンサーリンク

日本維新の会」 「大阪維新の会
・幼児教育から大学(私学を含む)まで、口だけじゃない本気の「教育無償化
・将来、不安な年金を、公平で確実にもらえる「積立式の年金」に転換
・少子高齢化に対応し、地域の創意工夫でさらに持続発展できる社会をつくる
・何でも反対だけの無責任野党ではない「提案型責任政党」。しがらみだらけの自民党には出来ない改革を法案にして提出【身を切る改革、維新だからできる。100本法案

【他党が賛同せずとも、公約通り、身を切る改革を実施】
※維新の全国会議員は、歳費の20%を被災地に寄付しています(合計年間5616万円)
衆院選後は、他党が賛同しなくても、公約通り30%削減(寄付)必ずやります!
【しがらみは排除!】企業団体献金も一切受けていません
「維新」がこれまで行ってきた改革の数々

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事を拡げて頂けると嬉しいです

フォローする

コメント

  1. まとめwoネタ速neo より:

    まとめtyaiました【大阪市による関電株主提案で 助言機関2社に協力要請へ】

    引用大阪市による関電株主提案で 助言機関2社に協力要請へ 関西電力の筆頭株主の大阪市は1日、27日の株主総会に諮る株主提案について、議決権行使の際にアドバイスする「助言…

トップへ戻る