大阪市による関電株主提案で 助言機関2社に協力要請へ

記事をシェアして頂けると嬉しいです

引用

大阪市による関電株主提案で 助言機関2社に協力要請へ

 関西電力の筆頭株主の大阪市は1日、27日の株主総会に諮る株主提案について、議決権行使の際にアドバイスする「助言会社」2社に協力を要請し、個人株主に賛同を呼びかける方針を明らかにした。関電株約9億3900万株のうち株主提案による定款変更に必要な3分の2の賛同を得るのが狙いという。

 助言会社は、個人投資家や機関投資家が株主総会で議決権を行使する際、総会で出される議案についての賛否をアドバイス。今回、市が協力を求めるのは、日系の「日本プロクシーガバナンス研究所」と米系の「ISS」。

 市は4月、関電に対し、取締役の定員半減▽可及的速やかな全原発廃止と最終処分方法の確立▽多様なエネルギー源の導入▽発送電の分離など10項目を提案。5月には、大口株主約150団体に提案への賛同を求める文書を送った。(朝日デジタル 6/2)

大飯再稼動について、大阪市(橋下さん)には法律的に発言権がありませんでした。

しかし、関電に対しては、有ります!

ハードルは高いと思いますが、賛同する個人株主も多いと思います。
メディアにも、大きく取り上げられるでしょう。

関電独占体制打破へ、
ボディーブローの様に、じわじわ効いていくと信じます!

 

「維新」「借金減らし増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・大阪府大・市大授業料無償化
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
・特別養護老人ホームの整備促進・入居枠大幅拡大
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

コメント

  1. まとめwoネタ速neo より:

    まとめtyaiました【大阪市による関電株主提案で 助言機関2社に協力要請へ】

    引用大阪市による関電株主提案で 助言機関2社に協力要請へ 関西電力の筆頭株主の大阪市は1日、27日の株主総会に諮る株主提案について、議決権行使の際にアドバイスする「助言…

トップへ戻る