吉村市長「都構想区割り案:維新の意見として2月中旬には決めたい」定例会見 2018.2.8

記事をシェアして頂けると嬉しいです

「内容」
(公務関連)
・2018国際親善女子車いすバスケットボール大阪大会・ホストタウン交流会 開催
・質疑応答
(政務関連)
・質疑応答(都構想区割りについて)

今回も松井知事と同じ2部構成の会見です
これから、このスタイルでいくのかもしれませんね

(57:55タイトルのシーンから再生します。スマホの場合、初めからになる場合があります)


<<下に続く>>


これは残念ですね・・・
都構想の経済効果算出業者、応募ゼロ : ニュース : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

 大阪市を廃止し、4か6の特別区に再編する大阪都構想について、吉村洋文市長は8日の定例記者会見で、都構想の経済効果額を算出する事業者の応募がゼロだったことを明らかにした。再公募する方針だが、今年9、10月の実施を目指す住民投票のスケジュールに影響する可能性もある。

 吉村市長は昨年秋、特別区の設置コストなどに関する試算結果を公表するとともに、「都構想が実現すれば大阪府・市の二重行政の無駄が解消し、鉄道などのインフラ整備も進む」として、経済効果額を算出する方針を示していた。

 市は1月中旬から予算1000万円で業者を公募。1社が応募する意向を示したが、期限前日の2月6日に辞退した。条件面を見直して再公募するが、当初5月上旬を予定していた効果額の公表時期は1か月程度ずれ込む見通しだ。

算出対象範囲を考えると、相当広範囲に及ぶ
必然的に、調査・分析に相当なマンパワーが必要になるか?

もちろん、この調査結果が大阪の未来に与える影響を考えると、その責任もとてつもないものに・・・

そう考えると、1000万円では見合わないとなったのか?

反対派からの圧力では無いと信じたい・・・


大阪市、橋下改革で民営化の吹奏楽団に寄付復活 「自立目指す方向変わらず」吉村市長 - 産経WEST

 

「維新」「借金減らし増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・大阪府大・市大授業料無償化
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
・特別養護老人ホームの整備促進・入居枠大幅拡大
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

トップへ戻る