(大阪市本議会)吉村新市長 施政方針演説 2015.12.25

堂々とした演説でしたね!

動画はこちらのリンクから・・・

※残念ながら動画は削除されました・・・

吉村新大阪市長「5歳児の保育料を無償化したい」(MBS)

自民
「わからない・・・」
W選終わったばかりだし、とりあえず、中身が分かるまでは態度は示さないでおこう・・・でしょうか?

「共産」
何年野党の王道の発言。
ついこの間の(負けた)選挙の結果なんて、どうでもいい。
自分達の主張を変わらず続けていくだけ・・・┐(´-`)┌

大阪副市長 内部の2人起用へ 吉村市長方針(毎日新聞)

関連
大阪都構想、再挑戦に「賛成」63% 「反対」29% 朝日新聞府民調査
吉村洋文新大阪市長 就任記者会見 2015.12.21

スポンサーリンク

日本維新の会」 「大阪維新の会
・幼児教育から大学(私学を含む)まで、口だけじゃない本気の「教育無償化
・将来、不安な年金を、公平で確実にもらえる「積立式の年金」に転換
・少子高齢化に対応し、地域の創意工夫でさらに持続発展できる社会をつくる
・何でも反対だけの無責任野党ではない「提案型責任政党」。しがらみだらけの自民党には出来ない改革を法案にして提出【身を切る改革、維新だからできる。100本法案

【他党が賛同せずとも、公約通り、身を切る改革を実施】
※維新の全国会議員は、歳費の20%を被災地に寄付しています(合計年間5616万円)
衆院選後は、他党が賛同しなくても、公約通り30%削減(寄付)必ずやります!
【しがらみは排除!】企業団体献金も一切受けていません
「維新」がこれまで行ってきた改革の数々

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事を拡げて頂けると嬉しいです

フォローする

コメント

  1. 仲井 より:

    吉村市長、
    一番忙しい折にこういう内容で申し訳ありません。
    でも入試をもう間もなく控えている折、そういう時期なのでこの内容は緊急を要するものになるので、是非新市長の吉村さんにお伝えせねばと思い書きます。

    ここから書くことは20年以上前に私が学校、教育委員会に問題だとして指摘してもどうやっても改善されずの内容で、しかも、つい最近確認してもまだ改善策はやって居ないということでしたので書いてみます。

    教育委員会に問い合わせると何らまだ変わっていなかったので。

    橋下さんが今年の街頭演説中に、学校で一人のいじめられている生徒さんを持つ一般のお母さんから当時の市長から条例を作り適正に対処していただいてありがとうござい明日という声掛けをされていた演説を見させていただきました。

    このことで表で出てる部分は文句を言われだして学校もいろいろと手を打ってきています。
    ただ一点だけ、これはまだそのままになって居る内容が有ります。

    それは、
    いじめなり、病気なり、家庭の事情なり、いろいろな事情で、医師からも止められていたりもして学校に或る期間中、続けて通学が出来ていない帰還、これが発生していた場合の、大坂に於ける中学校から高校への内申点の評価基準についてです。

    自分の意志で登校していないのではなくて病気で医師から科目によったら受けないようにとか、どうしてもとか、学校内での暴行がひどくて行けてないとか、こういう場合の教師が付ける内申点の評価点数が現状は非常に理不尽になって居ます。

    当時私が問題にした内容で、実例ですが一例挙げて見ます。
    その生徒さんは学校でひどいいじめを受けていました。
    出も学校には一切休まずどんな暴行を毎日受けても絶対に休まずに登校をやって居ました。
    中学校で。
    中学三年生の夏ごろに、運悪く風邪をこじらせて脳髄膜炎になり、2週間ほどの入院が成され、病気自体は落ち着いたんですが医師からは、
    【退院後はまだ成長期なので脳が心配だから慎重を期して数か月間は学校の授業で体育、運動だけは、教師に言って、実働はやめるように、おとなしくしてなさいよ、学校でも絶対にやってはダメだよ、一切しないように】という注意がついていました。

    この生徒は非常に頭が良くて成績は学年ではいつもトップレベルで、常にトップか二番手というレベルでした。
    当然主要五科目ではトップレベルで、内申点の評価点もこの試験他提出物授業態度、問題は無かったのですが、ただ体育という科目での、実技が一切受けられない、授業ができないということが発生した。

    当時の保健体育での評価点では実技が7割近くほどで、あとは保健体育のペーパー試験点数と、授業態度評価のこの合計による総合での評価点。
    保健体育のペーパー試験は、5段階での5評価でしたが、
    実技に関しては一切実働で参加できず、体育の実技授業は、見学という状況になり、評価0点でした。
    態度については時期は冬に近づき、ましてや風でこじらせての脳の髄膜炎病後ということもあって、絶対に風邪をひかせては再度怖いからということで、当時は下半身は膝下は露わな薄い膝までのパンツ一枚と、上は半そでのメリヤスのTシャツ一枚のみでの体育の授業だったので、気温は体育館で5度ほど、風邪が怖くて見学する折に教師に別に上着とズボンをはいて見学は駄目ですかと告げたら教師は体育の授業はその体操時の運動着以外はダメで、見学も一応その姿でないとだめだということで、でも身体が心配で上着を着て見学という状況になり、体育用の姿の衣服でないと見学と認められずに最悪授業態度評価という形にされて、授業ボイコットとみなすということで、それで授業態度は授業を拒否したということで最悪の評価で、これまた0点評価でした。

    そこででは最終的に中学3年生での入試のための内申点での最後の年間通しの入試の内申点評価は、保健体育は10段階の1点評価でした。

    まあこれで入試を受ける結果になり、北野高校は案の定不合格でした。

    北野高校の当時の教務主任に問い合わせたが一切答えなかったが、ただ彼が
    【内申書の評価がねえ】とだけ伝えてきました。
    【内申って、試験の点数は合格ラインを遥かに上が取れれてるはずだが、確かに保健体育だけ内申が悪かっただけですが】って伝えたら、
    【それがねえそうなんですよ、、、評価がねえ】と言ってきた。

    後から確認したら、北野高校は中学側からの科目別の10点満点での内申点の評価点数が、内申点で評価点数に一つの科目でも1が一つでも有れば無条件で不合格だと言っていました。どんな入試で全て満点をとれても絶対に合格はさせないということだった。
    中学の教師はそれをわかった上でそうしていたということ。

    でも実はこの時にも合格者生徒数は事前に高校側と中学校側で先に決められていてどれだけ点数をとっても決められている合格人数分以外は、不合格にすることは実際は初めから試験の前から中学教師が合格させる生徒と不合格にさせる生徒を先に決めていて、中学校側で合格する人数割りだけは試験の前に教師同士の談合で決められていたのです。

    今日書いたことは合格生徒数事前の談合により確定の人数割りのことではなくて、こういう病気などで体育の実技が受けられないという緊急事態が発生した場合、実技の評価点数はゼロですから、内申点の評価は1点になりますというこの評価基準で今もいっているこの現状で本当にいいのかということです。

    自分の意志ではなくて自己とかいじめと科病気などの場合に試験は別の教室でそれを受けることは出来るが体育だけは実技が受けられない事態になり教師はここ幸いと一人分合格者から当たり前のように外すということが出来る札を持ったことになります。
    文句を言われても居やお宅の子供さんは体育を受けてないでしょう?評価無しです、0点ですこの高校は受けられません】ってこういう進路指導を平気でやってきます。
    教師が滑らせる口実のカードを握る事になっているのがこのいじめなどでの学校対応が悪いなどで教師に文句を言って訴えたりすると、これを盾に内申書を登校拒否などやってると体育の実技評価を0にしてしまう仕打ちを受けさせられるということが起こります。

    結果その子が非常に成績優秀でもいい高校には一切sどんな点数を取っていたとしても、入試でいい点数を取ったとしてもp10段階の1俵かにまず間違いなしにやられます。
    体育の実技を受けていないことが態度の悪いことと同じになり実技点0で有れば保健体育はペーパーテストで100点取ってもまず1にされてしまいます。

    ここに書いたその生徒さんが保健体育のペーパーテストでは学年ではトップの点を取って居ましたが、年間の評価の内申点では全体の体育の評価は0評価で、高校提出の内申点評価が10段階の1点でしたから。

    教師は生徒を脅せる、一人のそういう成績のトップクラスの生徒の不具合の条件をそれを教師が握ると、合格人数をその子をどうするかでうまくどうにでも合格生徒選別決定の人数が自分で勝手に余裕で調整でき、誰を受からせて誰を滑らせ不合格にさせるかを一人分手の内に有るので都合で選択の0点評価にいつでもできる生徒一人を握るというカードを持つという現実が起ります。

    この件で最近教育委員会に問い合わせたら全く同じだと答えてきました。
    自分の意志で登校していないのではなくて、他の要素で登校が出来なくなり、学年でも成績はダントツでも、聴講していないので実技の体育の実技が参加して居ないと言うだけで、そのための評価が1になり、いい高校への入学がその1というだけで阻まれるというこの現実に、生徒さんのこの辛さについて、何か改善の方式を現場にやらせる方法を考えてください。

  2. delahoyazamora より:

    今般、新聞記事で「柳本氏が大阪自民の政策顧問に就任」と出てましたが、最初から負けを覚悟で出馬させた栗原氏にも、出馬の条件として同様の形で選挙後の収入保証を約束しているのでしょうね。

    「大阪自民」がまともな方向に変わっていかないのは「過去、『やっているフリ』さえしておけば、(マスコミを手なずけておく限り)市民は騙せる」という成功体験が忘れられないのでしょう。

    共産党は脇に置いておいて、こういう「市民をバカにした政治家」をなくして行くには「有権者の政治への関心」を高めていくしかありません。特に朝日・毎日系列がこういう政治家を(非難しない形で)応援する中、個々に自分の周囲に対して地道にやれることをやっていくしかないと改めて感じました。

  3. 他府県民 より:

    いつも為になる書き込みありがとうございます。
    本日は仲井さんに質問させて下さい。
    「ヘイトスピーチ規制条例案」が修正して維新と自民で可決しそうですが、
    これはどういった意図で橋下さんが条例制定をしようとしたのですか?
    罵り合いは確かに悪い事ですが、裁判になれば大阪市が費用を出すみたいで
    この条例だけ腑に落ちません。簡単で結構ですのでご教授お願いします。

  4. 仲井 より:

    > 他府県民 さん

    私は何でもないそこら辺の老人です。
    普通と違ってるのはただ一寸うるさいだけの老人です。

    声掛けには、丁寧語は要りませんので、普通にタメ口で結構ですのでそこら辺のもんに物を言ってるようにやってください。

    内容についてですが、私はこの法案をまだすべて把握していません。

    こういう人格だとか人権だとか、人間のこの奥の深い固形物ではない、答えが一言で決まったものが確定できにくいもの、でも一番尊厳が求められる内容、されるべき内容については、尊厳だとか、人間の中身に関するところを法案で創ることのむつかしさは渡しだけではなくて誰もが理解していると思うし、これを法案でここからここまでという区分けの区切りで創るのは非常に難しいと思っています。
    大枠での、今の憲法のあの文言のように基本線の柱部分を作っていれば、後は裁判所に判断させるというぐらいしかこう言う差別という内容についてはむつかしいと思います。

    それぞれの国での育った環境がすべて違い、之を価値観の違いと評するのか差があると評価して認識するのかという問題が出て来ます。

    それぞれが、違った認識で経過して人生を送ってるわけですから、家で、家庭で、両親から教えられてきた内容は、違う家で育てばそれはもうそれだけでも違うし、国が違えば、民族が違えば、例えば身分制度のある、それも数百年前までだっただとか、千年も前まで有っただとかではなくて、このつい最近までの近代のすぐそこまでの距離での存在していた国と、そういう中の国の中で育っていた者と、違うそういうものが近代社会の江戸が終わる頃からは身分制度などもう元から無いような国だったが、それ以降もう全く鼻から全く無い日本のような国で育った者とでは、これまた差別という感覚だとか身分だとか、無い状況で育っていれば全く違うし、育った場所、地域が、学校での教育そのものが違えば、教育の違うお国や民族が違うと、当然それぞれ解釈が違ってきます。

    価値観というものでのそれが違うことでの互いの認識を、これも差別意識という者にもっていく認識を持つものとそうではないと思う者も存在する。
    この解釈の違いを差別という意識で混在させていたり、こと、それぞれでものすごく違ってきてしまうと思います。

    永くなってしまったがつまり人権についてとか差別について文言で事細かく作ることなど無理に近い。
    大枠で差別はダメだ人権侵害はダメだ。
    これで十分で、起きる個別案件には、被害を受けたと思う者が訴えを起こし、裁判所でびしっと判断してもらうのが潔くていいんではないかと思う。
    その採決に従うということでしかなかなかこの問題はむつかしいと思います。

    私がここのサイト内のいろいろなタイトルスレにいつも書いてきている内容については、これは【大上段の内容】が有ります。

    誰もが文句の言い様の無い内容が。
    それは、
    【日本の国籍を騙し取った朝鮮半島人は、潔く自分の口と正式手続きで正直に日本の国家公安委員会に申し出て、日本国家の裁定、及び当時の朝鮮政府(=現韓国、及び=北朝鮮)の裁定、これを潔く受けろよ!】と言っているだけ。

    これを、10数年以上前に、日本国家の当時の国家公安委員長職のその議員の議員会館内の当事者の事務所に伝えたら、その後【〇〇〇】を狙われることになったと言う訳。ある議員にだけ伝えたはずがなぜか北朝鮮名義でやってきたことが起きました。

    日本国家はまさしく闇の中で運営されているという実感でしたねえ。
    その時の府警本部の警部らも、これにはさすがに驚いていましたねえ。
    【なんで北朝鮮から?】って、首をかしげていましたねえ。

    日本の国家公安委員長のところに伝えたら、あの北朝鮮がなぜ?って。
    この事実は府警本部の当時の或る警部他部下数人の刑事らも、この北朝鮮からの【〇〇】予告してきたこの文言を、これを確認済みです。

    ヘイトスピーチに関しては、あの桜井という男は、真実を嘘で隠しているのか、元から知らないのか、それとも親や年配の同胞や仲間らから嘘を教えられて、それを信じ込んでいるのか知らんが、事実とは間違った知識の内容を私に例のあの正に橋下さんの時のように噛みつくように
    【誰に言うとるんじゃあ!お前は何処に電話しとんねん!】と言いながら、大声で喚きながらまくし立てて来ていました。

    【日本に渡って来た朝鮮人は、200万人から300万人ほどだった】と私に答えてきました。
    これこそ間違い。
    終戦後も朝鮮に帰還せずに日本国内に残った朝鮮半島人は、
    現在の北側も南側も併せて当時60万人ほどで、残りの200万人から250万人ほどは朝鮮政府の許可が出て朝鮮半島の祖国へすべて帰ったと彼は私にしゃあしゃあと言ってきた。
    だからそんな日本国籍をだまし取った朝鮮人はいないと言ってきたのだ。

    【では北朝鮮帰還事業なるあの【夢の国プラン】なる事業、あの内容が国の事業としてあの時降ってわいたように日本で起こり、日本の国家が推奨してまで何故あれを行ったのか!】と聞くと、
    【あれはあれで別に北朝鮮へ帰りたい人が居てたからやっただけだ】と答えてきた。
    あの男が本当に真実がこうだなどと信じ込みこう思って答えていたなら、
    もうすべてが誰かから工作された、操られた頭の連中。
    こんな奴があの世界中で話題になる兵とスピーチの本部の連中だとは。
    いかにも薄っぺらい連中だろうと私はそのとき単純にそう思った。

    北朝鮮帰還事業は、当時まだ半島は朝鮮という一国態勢で、朝鮮政府がどうやっても日本に存在している朝鮮人2000万人を引き取らないので、
    もう交渉は難航し、それでも何とか交渉で【藤山外務大臣】の功績によって徐々に徐々に350万人ほどの朝鮮人を南朝鮮(始めたころは朝鮮動乱はまだ起きておらず朝鮮半島が一国の当時からこの朝鮮政府との間での帰国させる交渉は継続中で、そのうちに南北での騒乱の朝鮮動乱が発生した。)に何とか引き取らせようと、でもこれが非常に難航し、もうこの350万人以上のこれ以上は南朝鮮は一切自国民を引き取らないということになり、
    困った日本政府の藤山外務大臣は仕方なく当時分裂した北朝鮮に話を持ち掛け、これが運良く引き受けると言ってくれたので、そこでこれ幸いと帰還事業でもいいイメージを作って、体のいいように追い出そうと、
    より多くの朝鮮人を日本から一日も早く追い出そうと、
    日本政府がアメリカの助言で策を考え、北朝鮮への【夢の国帰還事業】として銘打ってやって、漸く約10万人の朝鮮人を日本から北朝鮮に追い出したのだ。

    でも日本から北朝鮮に向けて出ていったのは予想に反してわずか10万人ほどで日本にはまだ残った朝鮮人は1700万人ほどが残ってしまった。

    これがのちに日本国籍を騙し取り、気が付けばいつの間にか日本の都心という都市んの空爆されて街ごと破壊されてしまって荒れ果てた焦土の中心地、都会の都心部の土地財産も略奪強奪をし、その後彼らが日本人に化け日本国籍の日本人になり、昭和の30年代半ばから後半以降日本の役所の公務員になり、政治家になり、企業もやり、学校の教師、挙句には警察官、陸空海自衛隊員にまでなってしまった。
    新聞テレビは無論、週刊誌他、今では日本の重要部署には朝鮮人が多くを占有し、身元素性が日本国籍など持てるはずも無かった民族だったということが何かでバレそうな内容が出てくると、一般の国民市民にまで平気で当たり前のように殺害予告までやるほどに、この国を、日本という純朴なこの国を、いつでも殺せるというような朝鮮そのままの闇の国に作り上げ、まさしく今の韓国と同じ組織に作り上げている裏が存在する国家にこの日本を仕立て作り上げている。

    朝鮮で終戦時まで有った奴隷制度の身分制度がこの日本で創れていると朝鮮人自身の彼らはもうそう思い込んでいる所が或る。

    日本人にはただ単にごく一部の者が税金を食い物にしていると思うだろうが彼ら朝鮮人にすればこれこそまさしく日本における朝鮮流身分制度の確立した姿なのだ。
    日本の国家予算、動く予算の半分ほどをこの朝鮮人連中が実は奪い取れる仕組み、どうしても身分の高いところにつきたいという長年の彼ら奴隷の夢を、日本でそれを成し遂げ、自分らが作り上げた身分制度の身分の高いと思い込んでいる連中がそうできるように日本を作って、労働に於けるブラック内容、昭和40年代後半から徐々に徐々に仕組まれたシステムの構築で始まりだした役人の天下る手法、
    使ったふりでの税金を騙し取る手法、まんまと毎年コンスタントに定金のように補助金をせしめる手法、まさに朝鮮流身分制度とそっくりなこれを、日本での日本流の身分制度でのやり方を今まさにやっているのだ。

    自分の身分があると思い込んでそこでふんぞり返って朝鮮流の身分制度を作って税金を朝鮮と同じ仕組みの食い物にしている。

    私は戦後起きたこの日本の国籍を騙し取られたこのことが今の日本の現状起きている府の内容のほとんどだと思っている。

    ヘイトスピーチの対策法案の前に、この、日本の国籍騙し取り特別捜査本部設置法案、日本国籍偽装朝鮮人に関する身元調査及び暴露対策法案でも作ればいい。

    第一今回の日韓での合意した内容、
    ここになぜあの当時朝鮮ともうものすごいねる間もないほどに交渉していた当時の外務大臣の藤山愛一郎の交渉内容がただの一言も出て来ないのか!

    韓国との交渉など藤山愛一郎の当時の日韓、日朝での交渉を、この議事録なり公文書を見れば日本国籍騙し取りの内容も、また、朝鮮政府が自国の民朝鮮人の帰国帰還を戦後一貫して一切引き取らないと強硬に答えてきていたことも、これもすべて明らかになるのに、この藤山愛一郎のこの人の【藤】の一文字も出てこないし、両国は絶対に出さない。

    出すと日本側は日本国籍をだまし取った朝鮮人が今この日本の国内に最低でも日本人に化けて2000万人以上日本に今いてることがバレるし、これは日本の朝鮮人議員らは都合が悪い。

    朝鮮は朝鮮でこっちも、自国の民が終戦後朝鮮半島が日本軍から解放された時期以降に折角祖国朝鮮に日本から2000万人もの朝鮮人が帰るのを断固拒否し、絶対に帰国を許可しなかったその事実がバレて都合が悪い、日本に朝鮮人を捨てたということも現在の朝鮮国民にみんなばれてしまう。

    どうしても日本政府が当時強制連行で日本に連れて行って身柄を拘束し逃げる者は虐殺思想やって日本国内で拘束をしていたから逃げられず祖国へ帰ることも出来ず、朝鮮人は日本から帰ってこられなかったということに朝鮮政府今の韓国政府は国民にそうしたいのだ。

    日本政府も、朝鮮政府も、両府が都合が悪いことがバレてしまうのだ。
    そこをついて、脅しをかけて金にしようとしているのが右翼と、
    いわゆる大特会だ。
    だから右翼のことを新聞テレビ局はものすごく嫌なのだ。
    自分の身元素性を連中にバッチリと握られているからだ。

    ここに日本の闇が広がっているのだ。
    日本の国家公安委員長に日本国籍に化けた朝鮮人がなるぐらいだから日本の闇がどういう者かは、朝鮮人による、それも朝鮮半島で奴隷制度の奴隷の身分だった者がこの日本の国家の中で現状公的機関を握っていることの怖さ、これこそ法案を作って、特別法でも作って捜査本部を、調査捜査を、自衛隊を動員してでも国家体制でやっていただきたい。

    戦後の日本国籍騙し取りが、日本の国家を痛めつけている最大の闇だ。
    負の財産を国家に作ったすべての最大の原因だ。

    橋下さん、吉村さんに年賀状を今日出しました。

    私の知り合いにはすべてにこの文言を入れました。

    【 今年もやっぱり
       橋下さんで!! 】

    って書いて出しました。

    橋下さん!
    松井さん!
    吉村さん!

    ”迎春”
    戦後七0年目の春です。
    様々な春がありました。
    今こそ日本は変わる時です。
    笑えて 元気な いい年に!
    今年も やっぱり
    橋下さんで!!

    こんな具合でした。
    みなさん!
    いいお年を!

  5. 他府県民 より:

    仲井さんへ いつもご丁寧なコメントを有難うございます。
    こちらで仲井さんのコメントを読ませていただく様になって、本当に驚くほどパズルのピースが合わさって来ています。私自身が知っている事象はたかが幾つかの断片でしかありませんが、意味が分かるというか知ってしまうと馬鹿らしくて仕方ありません。
    詳しくは言えませんが、全てが繋がっており私達がふだん見えない内容が何でもどうにでも出来るというか。一地方都市でこの状態です。
    今までの政治家たちの事を罵り尽くしたい気分です。それでも今からでも巻返し可能な部分もあると思っています。そこは、橋下さんとおおさか維新の会に期待したい所です。

  6. 匿名 より:

    皆さん不思議だと思いませんでしたか?今まで。
    この間のあの大阪でのヘイトスピーチでの加害者側も、全く同じ目的が裏でもってやっているのです。

    何で日本でいつもあんなことが?って。
    日本の右翼があんなことをいつまでなんでやっているのか!って。

    しかも結構大掛かりに街宣車までもっていってやってますよね、
    あそこまで大掛かりに組織まで作ってどうやってその運営資金を掴んでやれているのかと、思ったことはありませんでしたか?

    あれってああいういつも表向きやられているように見えているあのヘイトスピーチと言っている在日の人らをターゲットでやっているように見せているあれは、
    あれは彼らを直接的に痛めつけることが目的などでは全くありません。
    そういうことでやっているわけでも何でもありません。

    彼らはそんな在日の国籍、身分の、あの人らを脅しても実際に金にならないので、右翼は彼らを狙ってやってるわけでも何でもありません。

    本当の目的は日本の国内でいかにも日本国籍の日本人だと騙して言っている者ら、本当は朝鮮半島人なのにいつの間にか日本国籍に化けて日本人となり現在それなりに資金も力も地位も持っている連中、
    日本の国籍に騙して入れ替わったことによる現状のその力をそれを奴ら右翼は利用するか、または金銭を要求する。
    このためにああいうようにいかにも表でみんなに見えるように、報道でも出して貰って、そのことで日本中の本当は朝鮮人に対して見せつけて、
    【俺たちはいつでもお前らのところに行くからな】と、
    日本の国籍を騙し取って今日本人だ日本人だと言っている者らに向けて、
    本当は朝鮮人なのに日本人に成りすましている連中に対して、
    現状裕福なそういう連中の者ら、政治家、業界、団体、これらをターゲットに、金が奪えると思えば狙う相手を定めて徹底的にそこから裏から、世間には表に出さない金銭を要求して、今までここまで奴らは資金源にしてきたのだ。

    出すほうがいかにも普通言われていることで、都合が悪いことを掴まれた云々(例えば銀行を脅すなら、その理由を朝鮮人マスメディアが都合よく隠して下種に作り話をでっち上げて、不正に愛人に融資をしていただととかにしたりして)での適性を欠いた女の内容だとか、不正な内容が脅し要求だったなどと、報道で出すが、そんなことなどほぼ作ったでっち上げでほんの僅か。

    実際の右翼からの脅し内容は、
    殆どがこの国籍騙し取りのこの内容での脅迫、
    これが実際は脅し行為の殆どなのだ。

    これを出されては困る、絶対に日本国籍の日本人だとしたいというこの日本の国籍騙し取り内容が、この右翼の脅迫の、金にしてきたネタのほとんどなのだ。

    表で、しかもおどろおどろしく大げさに街宣車などで国旗などを掲げててやってこられているあの姿を見ると、奴らが大げさに大きく見せれば見せるほど、日本国籍を騙し取った朝鮮人にすれば、もう常に震えがくるのだ。

    どうかバラさないで!止めてくれ、となるわけだ。

    そのうち自分のところにやってきたときに裏から金を渡してしまうということになって、結果日本の右翼は大金を得て飯のネタにしてここまで生き延びて食ってきたのだ。

    私が以前に書いたことがある大阪の商店街の当時の店主ら、その土地権利の持ち主を名乗っている偽日本人の朝鮮人らを脅迫し戦後10数年間、その商店街を地域で縄張りにした朝鮮人やくざが、朝鮮人が奪い取ったその商店街のドロボーの朝鮮人地主らを脅迫して、そのネタだけで飯のネタにして食っていた、やっていたのと同じことが、全国で右翼が大きく大げさにああやって芝居をやって、本当のターゲットに対して【もうすぐお前のところにもこうやって行くぞ!早く金を出せよ!】と、脅しを見せてやってきたのだ。

    右翼のほとんどが、日本の国旗日本の天皇陛下云々だと掲げてやっている張本人のあの連中自信が、実は朝鮮人だということを日本人の方らは騙されているものも居てるだろう。

    彼らのほとんどが日本国籍を騙し取った朝鮮人と、在日のままの朝鮮人の組織。
    だからもともと本当の日本人などほぼいない。

    右翼がやっていることも、今回のあのヘイトスピーチでの加害団体が路上でやっていたことも、全く同じ連中の民族、国籍の内容であり、あれはあの在日のあの人らを狙ってやっていたのではなくて、他を脅すための演出であれを見せつけて本当の裏から金を出せる相手を、日本中から浮かび上がらせて、連中はその金を奪うためにやっているのだ。

    如何にもあの一般在日の人らを狙ってるように見せかけて、
    奴ら右翼や今回のあの連中らは、実は大きな金を出せるひそかに目と耳をふさごうとしている日本国籍に化けた朝鮮人に向けて、この連中の資金、この相手を日本中に向けて探しているのだ。

    【解ってるだろうなあ!日本国籍を騙し取って日本人のふりをしているお前らに告ぐ!朝鮮人よ!お前らいつお前らのところにこうやっていくかもわからんから、早い目に俺たちに金を出せ!】と。

    あれを日本中の世間で見せて、脅して要求をやっているのだ。
    テレビもどんどん報道してくれるし。
    だが今回橋下さんがああやってじかに奴らと直接会いことが大きくなり役所が直接かかわりだし公安も裁判所もこのまま放置はできないと思い出した。

    つまり奴らは思う以上にちょっとやり過ぎたわけ。
    ほどほどにしとけばよかった?のについつい調子に乗ってバカが大きく必濃くやり過ぎて結果奴らの缶絵鶴が消滅しかかっているのだ。
    公安がこの件に具体的監視活動、制圧に、これに直接関与しだしたからだ。
    こうなる等よくも動きにくくなる。
    金を脅すにも日本の公安当局が全国的に連携してやられると、こいつらも実は本当のところ朝鮮人なので、自分に火が付きかねなくなる、しかも東京警視庁が徹底してこの朝鮮人確定の戸籍の調査をやっていることもあり、自分の身元も怪しい存在なのだ。

    日本国内に存在しているあの一般の在日の朝鮮人に対して、あれをやったからと言ってあの人らから直接金銭を受け取れるわけではないので、何の得もないのに彼らを狙ってやってることなど全くないのだ。
    なぜ今まであの街頭で路上で在日朝鮮人に対して大きく拡声器で朝鮮人出ていけ出て行けってやっているのかと思っていたと思いますが、本当の理由はこれです。

    やっている者も朝鮮人で、やられている者も朝鮮人。
    これがあの朝鮮という国の日本国民には絶対に解らぬ不可思議で薄汚さを見せつける行為です。
    日本人は絶対にやらない行為で、朝鮮民族ではもうそこらじゅうで平気で誰もがやる行為として、

    戸籍を偽装する、
    学歴を偽装する、
    身元を偽装する、
    肩書を偽装する、
    国籍を改ざん偽装する、
    朝鮮では、他人の家の家系図を自分の家系図に塗り替えたいために、金銭で買うという、もう考えられない行為が普通に行われる国だし、民族だという現実。
    家族の中の人物の戸籍を変えたり普通に入れ替えて平気な民族。

    まあ言えば自業自得という連中らには違いないんですが、でもこんな卑劣で金にしか興味の無い連中が日本国内に海を渡って入り込み、よくもここまで、日本中に屯させてしまったのかと、そのことの方が本当に腹が立つ。

    迎える新春もこの内容は先送りで日本国内にはびこり、延々続き、日本民族に大きく負の害物、残骸として、いつまでも、今後も日本国家を、国民を常に痛めつけることだろう。

  7. 仲井 より:

    気付けば、
    【仲井】を入れるのを忘れていました。
    名無しではなく【仲井】でした、

    私の年ですから、、、ご容赦を。

  8. 仲井 より:

    もう今年も最後だからもう少し書いてみる。

    新聞社テレビ局を初め、或る一部の議員(実際は朝鮮家系の出)らがいつも右翼が出てくるといかにも思想的内容での問題だと取り上げてことさらあの連中がやっていることは、日本が戦争を起こす思想を煽るだとか、そういうとにかく戦争を誘発させる特殊な存在の思想を持つ団体だなどという特異な存在のレッテルを張り付けて、報道も左巻きの学者らも、朝鮮人議員らも、こいつらはひたすらこの日本の国籍を騙し取っていることで実は脅迫されているのにそのことを日本の国民には一切隠し気付かせないように報道で出し、見せないように、ことさら思想的内容であるかに見せかけて連中をひたすら危険な戦争必然思想の右翼という団体だというレッテルに置き換えて報道している。

    彼らマスコミもメディアもそういう朝鮮議員らも彼らが実は自分らと同じ朝鮮民族だということは百も承知していて、でも日本の国民に対して皆さん思い起こしてみてください。

    彼らマスコミメディアが今まだただの一度でも彼ら右翼が実は日本人などでは無い、日本の国籍を騙し取った朝鮮人だとか、そのまま在日の朝鮮人なんだなどとは、そういう実際の真実について日本の報道でそういう事実を報道したテレビ新聞社週刊誌他日本におけるすべての報道と言われる者で組織からの報道でそれを見たことが有りますか?

    無いですよね。
    本当の事実事案を日本のメディア新聞社、週刊誌など日ごろ正義の味方だなどと偉そうに言っているが実は自分らの犯罪事案だけは戦後ずっと日本の国民を騙し続けてきたのです。

    朝鮮人、朝鮮、朝鮮半島、
    これらを人間という文言と並べて言うときには、この文字、文言に、これを絶対に同時に挟まない、入れさせない、とにかくこの文言、この文字を使うことでこのことで日本の民族に、もしかして日本の国籍を騙し取っている事実がいつ何の拍子に万が一バレ出すかもというこのことが奴らはものすごく怖いのだ。

    この文字、この文言、これには絶対に日本では触(さわ)らせない、触(ふ)れさせない、表で出させない、この文字にしては何事も考えさせない、この文字と日本国家、日本民族との関係、このことをもう限りないほど絶対に関わらせない、学校は無論、書物、教科書、新聞、テレビにて、あらゆるところからこの文字文言を出させない圧力をかける。
    一言出せば、
    この文字を、文言を出すだけで、それだけで、
    【それは差別だ】ともう徹底的にモーレツに【排除】、【削除】、【発言撤回、訂正】を求める。
    これにもっていく。
    一言目にはすべて差別だ、差別をしていいのか!とやる

    貴方は朝鮮人ですか?とやればこれは差別だという。
    貴方はユダヤ人ですか?と、日本のテレビで聞いても、これを非難などしない。クルド人ですか?と言っても差別だと非難されない。

    つまり朝鮮半島には奴隷制度があったことをこれで証明できる。
    朝鮮人ですか?と聞くだけで相手が怒り狂うからだ。

    日本に来て日本の国籍を騙し取っている奴らにすれば、
    ただでさえ朝鮮という文言は聞きたくないのに、それに加えて奴隷か?と聞かれていると錯覚してしまう朝鮮人か?という文言が、もう奴隷か?と聞かれているようで我慢できないのだろう。

    日本に来て日本国籍に化けた時点でせっかく朝鮮でのあの残虐な身分制度の中での奴隷から抜け出せたはずが、日本で改めてまたお前は奴隷か?と聞かれているように奴らはビビット感じてしまうのだ。

    身分制度の奴隷制度があった民族の、本能であり特異な感じ方の民族の性だね。

    日本に来ている朝鮮人にすれば、自分の国にそのままついこの間まで有った朝鮮国内での奴隷制度での身分制度が有ったので、朝鮮人に朝鮮人ですか?と聞けば、奴隷出の朝鮮人は、【君は奴隷だったのか?】と聞かれていると思ってしまうのだ。

    民族のことを聞いていても、こいつらは奴隷制度のことを聞かれていると思い、【君は奴隷だったのか?】朝鮮人ですか=奴隷ですか?と聞かれていると思い込む、絶対に聞きたくないし、絶対に拒否したい、でも自分が朝鮮人だとは死んでも絶対に証しては言えないので、ただひたすら朝鮮人という文言を拒否し続けることに徹し、これは差別だ、差別用語だと、差別用語だから絶対に使うな、人権を侵害をしたなどと相手をあらぬ内容を作り上げてこれを言いだして誹謗中傷を込めて人権侵害をしたなどとことさら大きく煽り騒ぐ。

    新聞テレビもこいつらも同じ民族の同胞の朝鮮人なので、同じく同調し結果日本の教科書、日本の学校での会話、日本国内でのあらゆる場での【朝鮮】という文言は消させている。

    結果不思議なことが起きている。
    日本に今存在する在日の身分戸籍の者で朝鮮民族のことを、何故かことさら韓国系だという。
    何が韓国系だよ!って。
    お前らが日本に居てるのはお前らの祖先が朝鮮半島がまだ朝鮮一国の状態の時に日本に渡ってきているので、お前らは韓国と北朝鮮に分裂後に日本に来たものでもないのに、なんで韓国系だよ!って。
    お前らは朝鮮系だろうが!って。
    なんで朝鮮系だと言わないんだよ!って。

    個々が朝鮮民族の本性、日本における朝鮮人の実態を鮮明に表しているその者だ。
    朝鮮民族の皆さんへ!
    新年からは韓国系だなどと言わないで、自らで正直に朝鮮系だと自分の口から正直に語って身分を明らかにしてください!

    日本人、日本民族からのごく普通の要求です。

    其れの方が近現代史をこれから学ぶ日本の子供たちには、歴史事実をきちんと教えられて教育が出来るはず。

    凝りもせずに、また嘘を教えるつもりなのか!
    国籍戸籍ごと日本人に化けている朝鮮民族出の日本の学校の教師らよ!
    正直に自分の口から、私は朝鮮人ですと喋れ!
    教育者ならまずはそこからだろうが!、

トップへ戻る