(丸山議員戦争発言)松井代表「我々党として戦争で取り返す考えは一切ありません!」囲み会見 2019.5.13

丸山議員が、またやらかしてしまった様です・・・〇| ̄|_

※丸山議員の発言音声有
北方領土「戦争で取り戻すの賛成か」議員発言に波紋(テレ朝ニュース)

(45:13タイトルのシーンから再生します。スマホの場合、初めからになる場合があります)


<<下に続く>>


松井大阪市長 学力向上へ“教員増やす”(ABCテレビ) – Yahoo!ニュース

(22分過ぎ)
衆参ダブル選の観測について

(24分過ぎ)
都構想・公明党との今後
松井代表「佐藤代表と電話で話しました。執行部同士、一度協議しましょうと話しました。ゼロベースで見直す中身を会ってお聞きしたい

丸山議員発言
これはマズいですね・・・
議員なんですから、元島民の方の複雑な気持ちに思いを巡らせないと

これは酔ってた酔ってないに関わらず
すぐに元島民の方々に謝罪するべきだと思います

(5/14追記)
丸山議員、謝罪したそうです
「戦争で島を…」の発言 丸山議員「不適切」と謝罪(テレ朝ニュース・謝罪動画有)

さらに松井代表・・・

丸山議員が酔って北方領土元島民の方にしてしまった不適切戦争発言 北方領土「戦争で取り戻すの賛成か」議員発言に波紋(テレ朝ニュース) ...


(改めてその内容)
北方領土「戦争で取り戻すの賛成か」議員発言に波紋(テレ朝ニュース)

 北方四島の国後島へのビザなし交流の訪問団に参加していた日本維新の会の丸山穂高衆議院議員が「戦争で島を取り返す」という趣旨の発言をしていたことが明らかになりました。

 ビザなし交流の訪問団に同行した記者が録音した丸山議員の音声です。
 日本維新の会・丸山穂高議員:「戦争でこの島を取り戻すのは賛成ですか?反対ですか?」
 元島民・大塚小彌太さん:「戦争で?」
 日本維新の会・丸山穂高議員:「ロシアが混乱している時に取り返すのはOKですか?」
 元島民・大塚小彌太さん:「戦争なんて言葉は使いたくないです。使いたくない」
 日本維新の会・丸山穂高議員:「でも取り返せないですよね?」
 元島民・大塚小彌太さん:「いや、戦争はすべきではない」
 日本維新の会・丸山穂高議員:「戦争しないとどうしようもなくないですか?」
 元島民・大塚小彌太さん:「いや、戦争は必要ないです」
 丸山議員とやり取りをした訪問団の団長で元島民の大塚さんは、抗議の声を上げています。
 元島民・大塚小彌太さん:「私は真っ向から反対致しました。そこについては、戦争で取るとか取らないとかそんなこと私は聞いたこともありませんしね」
 丸山議員はこの発言の前に酒を飲んでいたということです。元島民らはこの発言に抗議しましたが、丸山議員は酒に酔って騒いだことについては謝罪したものの、戦争発言については「賛成か反対かを聞いただけ」としています。
 これに対し、日本維新の会の松井一郎代表は「前後の脈絡がどうなのか精査しなければなりませんが、戦争で取り返すようなことは我々、党としてそういう考えは一切ありません」としています。

丸山穂高議員「戦争しないとどうしようもなくないですか?」

そう思っているなら、その前にやらなければいけない事あるでしょう

コメント

  1. うまみ より:

    もうこいつは駄目ですわ
    ただ、勇ましい発言をして狭い範囲内で賞賛されるのが心地よすぎて、四六時中そういう思考になってるんでしょう

    維新よりも、自民のその手の方々のお仲間になり、ネット番組で愛国憂国と口先だけで吠えてるのがお似合いだと思います
    もしかしたら、竹山と同じで都構想にも手の平返しをするかも知れませんね

    議員を一人失うのは痛いのは承知してますが、こいつは的確なタイミングでこういうのを繰り返して行くと思いますので、早い内に決断するのも大事かと思います

    過激な意見かも知れませんが、正直先の大阪での戦いに私なりにも必死こいて参加していたので
    そのおこぼれで当選してる様なこいつにそれに水を刺されるのは本当に腹がたつんですよ

  2. 京都の住人 より:

    松井氏に対する一件もしかり、学生が議員バッチを付けているかのようですね。右系思考で賛同を得るのは、思ったより簡単です。一部の維新議員にも言えることたが、簡単な方に逃げるな!彼には地道な男女同権問題や、少子化問題を探究することをお薦めする。戦争の二文字を容易く口にする時点で、ネトウヨと同列視されても仕方ない。何をそんなに急ぐ必要があるのか?

  3. 仲井 より:

    >男女同権問題や、少子化問題を探究することを

    私はこういう内容は政治家がわざわざやるような問題ではないと思っている。
    人権がどうのこうのといってるが学校教育で現場で教師が普通に教えていけばいいだけ。
    ここまで政治の範疇に入れなくても家庭や学校で出来る。
    政治かも忙しいんだからもっと国をどうするだとか自治体をどうするだとか、
    つまり防衛、外交、金融、そしてインフラ、統治機構の在り方。

    政治家が考えることって、これでいいんじゃねえ?

    後は地域ごとの行政の現場が、それぞれで知恵を絞ればいいと思うが。
    そこに地方議員は少しかかわるがでも今の現状で行けば政治家にもうあらゆる範囲まで政治家におんぶにだっこ、これこそがおかしくなってきていると思えるが。

    人権など自分の回り周辺でそれぞれが考えることであり、学校が心の内容を教えればいい。
    まあ朝鮮民族に人権などという文言がないといっていい民族なので学校現場の教師をすべて日本民族に、血液で遺伝子検査を義務付けてそれをやれば人権問題などきょうにも解決できる。

    ちなみに前にも書いたが大阪で子供を育ててここまで来て、子供が学校に登校していた時期、私の大勢の子供のそれぞれで体験した大勢の教師の民族別でいえば、学校周辺では教師が半分は優に超える、ほぼほぼ朝鮮民族、生徒らも半分近く、或る中学校では8割近くの生徒家庭が、また違う地域の学校では、少なくて3割くらいは朝鮮民族であった。
    いじめ行為、生徒から金銭恐喝、暴行、つれ周り、用事を作り使いっ走り行為を強要、
    援助交際組織を中学小学高校生でその地域でシステムで組織化して作っていたグループさえ存在しそれが或る学年が、ボス的存在の先輩らが卒業しても後輩がそれを引き継ぎ結構長い期間やっていた、
    これで人権を学べる、人権侵害をなくす活動を辞めさせるなど至難の業。
    学校、家庭でしかできない。

    政治家がそこまで入っていくというのはそれは教師の教育を徹底してたたきこむことぐらい。
    でも朝鮮人教師にそれを辞めさせるようにやれといっても、それをやる教師などまあたぶん一人もいない。第一教師ら事態が人権など何にも考えたこともない民族で育ってんだから。

    加害者側の気持ちにはなれないのが朝鮮民族の典型的民族の特徴。

    やれ被害者だ、やれこんな困らされた、被害を受けたということはとにかく次から次という民族だ(つまり受けたものはとにかく何でも被害に仕立て上げるでっち上げる)。
    この朝鮮民族というのが自分が加害者になることは何とも思ってもいないし、それが罪になるなど思ってもいない。人に被害を与えることはむしろ喜びに感じる連中。
    世界中でこんな民族は見たことがない。
    ニタニタ笑いながらそれができる異常民族である。

    人権だとか少子化だとかで出来ることはただ助成施策だけである。人員を増加するだとか話を聞いてやるカウンセリングの背策での予算と人員の増加ぐらい。
    今の人権委員会のほぼほぼ9割の自治体の担当機関はほぼ朝鮮民族職員でいっぱい。
    朝鮮民族職員がその人権云々をやっている。

    私に言わせればあほか!と言いたい。
    こんなものはそこらの役人が本来考えるべきである。
    政治家まで上げなくても。
    学校で本来やらせるべきものがそこには日本民族がいない現場になっている

    京都の役所内の人権委員会、神戸市人権委員会、浜松市人権委員会、川崎市人権委員、
    ここに日本民族職員が一体どのくらいいてるのか、部署内を探して日本民族に巡り合って当たれば大当たりです。
    日本は現状日本人がやれる場所が今存在しなくなっているんです。

    こういう状況が全国で出来ているから、ひとたび人権云々の内容がでっち上げでも何でも出ようものなら、テレビで話題が出ようものなら全国のこの役所で実際に常に反日で人権云々の内容を出して日本の中を潰しに来ているこの連中が目覚めたように一斉に共有で団体で発奮し、担当している朝鮮民族職員の間で共有されネット上でざわつくわけです。ネット工作の上場炎上になるわけです。

    それを息のつないでいる新聞テレビが一斉に煽って反日の極左政党の政治家らがそこに食い込んできていくこの循環が今起きている。

    いじめにしても暴言にしても体罰にしても、ハラスメントにしても、やってる張本人は日本人に国籍ごと化けてるだけでほぼほぼ朝鮮民族が起こしていて、朝鮮民族が起こして、でも表では日本人が起こしたかのように作り上げていく。いつもの工作操作。

    こんな内容に政治家が絡みだしたら今の韓国と付き合うのっていやでしょう?それと同じようにこいつら同士がやってるもうどうしようもない民族が彼らの都合でやってて、奴らごと日本から出ていって貰わないと、政治家が絡んでも無理です。
    あの民族とは特に学校では付き合いきれませんよ!。

    奴ら朝鮮民族は何かにつけて人権がどうのこうのというこの文言をだして全国的に動ける朝鮮民族組織が日本で今作られてきているのです。

    ここを変えて日本人教師だけの教育の現場にすればいい。それしか方法はない。
    朝鮮民族教師らでこれを本当にやってる、つまり、趣旨、目的が本気で、本来の人間の心の事の人権でやっていたものはまあ居ません。

    そこにそういう者が居てたと思いますか?
    こういう内容は学校から教えていけばいい内容で、政治家まで話をつながなくても常識の教育の範囲。
    でも教師が今の民族割合では、日本の教育現場ではなくて塾も学校も、ほぼほぼ朝鮮にもうなっています。日本の教育現場ではありません。
    私の孫がここ十数年前から学校に3人ほど行っていますが、そこも同じです。
    日本人教師などほとんどいません。朝鮮民族教師一覧表のようです。
    人権の教育ができる現場ではない。誰がこんなにしちゃったのかねえ。
    朝鮮民族が異常なほどに公務員という身分にこだわり日本民族をことさら追い出しコネと親族で固めてしまい、それを教師とグルになって組み込んできたのが今の日本社会なんだろうねえ。

  4. 仲井 より:

    >四六時中そういう思考になってるんでしょう

    「そういう思考」ってどういう思考なんですか?

    >自民のその手の方々のお仲間

    「自民のその手の仲間」って、何処のどういう名前の議員の方のことですか?
    誰の事か具体的に議員の名前を書いてください。

    「その手の」って、ちょっと意味が私にはわかりませんが、
    それってどういう意味ですか?
    具体的に説明してもらえませんか?
    その手って、私にはわからないです。教えてください。

    >一部の維新議員にも言えることたが

    一部の維新議員っていったい誰のことですか?
    具体的に名前を書いて出してください。

    この点について、設枚をしていただきたいです。
    歳の性かはっきり言ってもらわないと私ら一般の物にはわかりません。
    誰の事かと探し周りらないといけなくなる。
    書いている異常は具体的に書いていただきたいですね。

    皆議員バッジをつけている以上、公僕の身ですからそこは皆さんいろいろな意見で議員の評価をされるので、そこは名前が出たからといって別にどうってことはないと思える。
    自分に対してこんな意見を持つ人も有権者もいてるとわかることで議員も成長されるはず。
    批判ではなくてそれぞれの議員の考え方を知ることもまた当人が外から思われていることの意味を自己分析に役に立つはず。
    お願いします。
    以上、
    ここに書かれていたことですので意味はすぐに分かるはず、
    上記の方にお聞きいたします。
    お尋ねします。

  5. 京都の住人 より:

    地方自治の専権事案である児童虐待ですら立法府が先行して難題に挑まないと、市町村と司法、児相の連携はお題目唱えているのと変わらないのが現状です。私事ですが当事者になって初めて現状を垣間見、末恐ろしくなっています。息子の嫁が孫3歳をネグレクトから虐待へとエスカレートし、ICUに入院20日間の甲斐もなく死に至らせてしまいました。各機関に足蹴なく通いましたが、最終的に警察権力に頼るしかありません。密室の出来事であるだけに確たる証拠が明らかにならず、未だに嫁は一度の事情聴取のみと手付かずになったままです。もうすでに半年が過ぎようとしています。やはり法律を司る立法府が前面に出て各官庁を動かし、行政手腕を発揮させ、適宜法律改正を行わないと痛ましい事案が何時までも続きます。地方議員の出る幕じゃないことって身近に有るものです。防衛、外交、金融だけではないでしょう。さらにどれに取り掛かろうと、生命、財産に関わること、優劣はないかのように思料します。人権問題や少子化問題もしかりです。はたして丸山代議士にしても、荷が重いかも知れません。地元選挙区に戻り何をすべきかじっくり考え、アドバイスを素直に受け一からやり直していただきたい。

  6. 仲井 より:

    この我々の国日本国内で、
    我々が住居をする大阪でさえ少なくとも1300人(これはひとりひとりが訓練された部隊といっていい連中で)はいてるとされ、彼ら個々は工作員の本当のプロであり、日本国内で工作活動に日々を費やしている連中で、これとは別に、これの手先で動く準工作員にあたるような手下、これが一人に対して最低5人が構成され、これは、そのプロ工作員一人に対して傍でそれの指示で動く実働隊として最低でも一人に5人がくっついての活動になっているとされている。
    そこまでは公安もつかんでいた。当時の大阪で。

    つまり、一個組織が個々毎で区分けされ 1人 + 5人態勢、つまり、6人態勢でそれぞれが動くことをやっている。なぜこういう個別ごとで分かれるかと言えばそれぞれが別々の内容の指示を受け他の個々の活動について全く横のつながりもなくここのその小さい集団で活動している。
    何処かで公安によって逮捕されたとしても自分がやっていることだけしか彼らは一切知らされておらず結果公安がその全体のすべての工作活動についてをつかむことが非常にむつかしい状況に作って組織建てをしている。

    そのうえ、
    北朝鮮にはアラビア数字による多くの番号で作られて呼ばれる号室があり、例えば、日本課17号室だとかそういうものすごく多くの区分けがされていて結果その号室のまた中で区分けされた上司の命令で動くというものすごくきめ細かく出来ていて一人を捕まえてもまず絶対に横の回り周辺のことが全く解らない知らされていない活動になっているので単独の工作員逮捕では全体の活動はなかなかつかみにくい状況になっている。

    余談だが、振り込め詐欺集団のあの組織構造と同じ部分がある。
    振り込め詐欺が朝鮮半島人の手で行われているのは明らかで、すべてといっていいほど朝鮮民族の仕業、犯行。

    公安から聞いた(工作員の数と構成)これらは、
    私がその前から探っていた北朝鮮の日本に在る北朝鮮国家直営の企業の、その決定的、逃げられない犯罪行為をたまたま偶然私が掴んで、それを全国の20か所以上の多くの県警本部に伝えた。
    【何も強制捜索や、強制的に踏み込んで色々調べなくても、それらの企業内にただ足を入れる、門をくぐって入るだけで、それだけで逮捕できる証拠の案件がありますよと伝えたことがきっかけであった。

    2000年になるもう少し前くらいだったかに。

    北朝鮮工作員が大阪だけで手足で動くものらを入れれば最低でも6500人、家庭家族を含めた単位で行けば、大阪だけでも、工作員が最低でも3万人以上の者らがそこに関係してくる。

    大阪の人口が270万人であるなら、直轄指令で動く工作員が数万人になるなら、大阪の一般市民の200数十人に一人の割合で、実は北朝鮮国家からの命令指示を受けて動ける体制がもう日本の大阪だけでもそれができているという状況になる。これは北海道や新潟、岐阜、長野、兵庫、京都は、沖縄も含めて多分もっと高い割合の人員構成になってるはず。

    住民投票時や選挙の時、兎に角、金にかかわるとき、あれだけ出鱈目のでっち上げた嘘情報を作って市民をだまし、多くの者らがチラシや旗を振って声を上げて街中を闊歩し更新をし、暴れていたのが、これだけ大阪だけで居てるんだから
    これほど日本にいるとされているこのまあ言ってしまえば早い話がまさにそこらじゅうに潜伏しているといっていい大勢のスパイ集団、反日の活動分子、この状況でこれがマスコミメディアでも放置され、ましてやテレビでは絶対にタブーにされ喋らせないというこの異常な日本がこの辺りにはもうものすごい締め付けが行われだした。
    ここ数十年経過してきたこの我が国において、
    日本の国籍を騙し取って日本人に戸籍ごと成りすましている連中が多い中で、今回丸山議員が起こしたとされる行動、ただでさえこういう連中がここぞここぞと狙いを構えて待ち伏せているところで内容をニュアンスであおるやり方で先行させれその手口はもうここまで経験済みで知っていたと思えていたが、ちょっと、言葉足らずだったなと思う。

    【戦争で奪われた領土が話し合いで返還されたのは世界中で沖縄だけです、沖縄の例は、世界には例がないです、そのうえで、戦争でしか返ってきていない世界のこれまでの現実、この事実を踏まえて、ここは元島民の方はこの長年の悲願である北方領土の返還という部分で、ではどうやったら取り返せると思われますか?
    現状ここまで還ってきていない現状を見て、それでも元島民の方たちはロシアの誠意にだけすがって、話し合いでって言っているそのお気持ちを、他の方法とかいろいろと考えたことはありませんか?
    そこを正直当人さんらはどう思われてるんですか?日本政府の今までの対応について、依然としてここまで戦後未だまだ解決されていないこの現状を見て、そこを、本音をぜひお聞きしたい、と。
    どうやったら取り返せると思っていますか?と。

    これを国会議員として、普通に尋ねればよかった。
    であれば何の問題もなかった。

    朝鮮民族スパイ軍団工作員が、思うつぼに嵌めてくる、まんまと引っかかるように取り上げてくることは承知のはずが、そこがミスだな。この際日本で起きている朝鮮関連の国会議員とのつながりについてツイッターなら凍結されたりするので、ブログでも立ち上げて、掲示板でもサイトでも、そこで大いに日本国内の朝鮮民族スパイを暴き倒せばいい。

    北海道がどれだけ奴らに汚染されているかを、沖縄と同じ連中が食い物にしている実態は知っているはず。

    昔北朝鮮国営の企業が或るそれまでやっている店舗に狙いをつけてそこを何とか潰してのっとって自分らがそこに店舗を構えようとした、ところがその元からある店舗のオーナーが実は朝鮮民族で互いで抗争の争いになった。
    ある朝、そのオーナーが自宅から階段を降りかけたところを狙われ青龍刀で片腕を肩から切り取られ斬殺された事件があった。この県が一向に新聞に取り上げられずにただ埋もれて、でもその一角の地域の住民の間では皆知っている状況だが1年以上これが一切報道されていなかったのでこれを私が北海道新聞になぜ報道しないのか!明らかに北朝鮮の襲撃した斬殺の殺害事件だろうが!と伝えたら、【そんな事件知りませんねえ、、、、】でそれしか答えない。
    北海道警察の保安に伝えても知らん存ぜぬの一点張り。
    2003年ごろの話。

    これが北海道の実態。
    拉致被害者を救うといって勇ましく出向いて北朝鮮に入った小泉さん、

    実は拉致された日本国家から特定されている被害者とされる人らとは全く別の、横浜の或る企業の(北朝鮮系)そこのご子息が、実は北朝鮮に入国したが一切の連絡がつかないと、そのまま帰ってきていないということで、その横浜の企業のオーナーから泣きつかれて、その息子さんを何とか助けにと、助けることのほうが優先だったともいわれる内容が私には当時入ってきている。
    考えてみると小泉さんは当時連れて帰ってきた被害者を北朝鮮に戻す約束だから戻すんだといったよね。当時の官房長官だった安倍さんが猛烈に反対して結局は日本から返すというような残酷なことはしなkぁったが小泉さんはこの被害者らについては本気で返すつもりだったようだ。
    でもこの横浜の企業オーナーの行方不明になっていたその息子さんは、北朝鮮に再び戻そうなどということは、これは話にも出て居ない。

    ここが小泉さんのその素性の疑われるところだよね。

    日本が実はどうなってるのか、

    ★丸山議員よ!
    やれることはある。

    ;アイヌ新法についてブログで追及して奴らのこのついてきた予算について、本当の狙いのところをバラせよ!
    ;関西生コン連中の悪行を、北朝鮮犯罪を暴露しろよ!
    ;辻元清美についての悪辣極まりない工作活動及び犯罪行為を総なめでバラせよ!
    ;マイナンバーカードについてこの執行に反対する国会議員団について包まずズバリ、なぜ嫌がるのかをバラせよ!
    ;国有地を払い下げられた新聞社テレビ局、これらの不当内容を隠さずにバラせよ!
    ;放送法における改編と、総務省とテレビ局がグルでの独占で握る放送権オークション内容をこれを徹底してやれよ!
    ;電通の身元正体、素性、実態を、バラせよ!

    ;朝鮮総連の土地に関する固定資産税免除についても、何処がグルになってなのかをバラせよ!
    ;全国自治体の人権委員会なるもののその実態、違法移民の日本国籍を騙し取った朝鮮民族が日本人に成りすまし公務員として自治体でその担当の職員になり、反日実態の本性を隠しながら日本人に化けて公務員になり採用させて、違法移民の朝鮮民族の異常とも思える優遇の保護活動に徹している現状をバラせよ!
    ;共産主義を日本での非合法政治集団に認定させる法案を提出する活動をすればいい。
    ;今回の北海道で活動されているとされる住民とされている方々の中に実は反日工作の分子が混ざってはないのか

    やれることはものすごくある。
    まあ私のようにネット上をまるで意見を言えない状態に封じ込められ、昔には、北朝鮮民主主義共和国司令本部第〇〇号室と銘打たれての数回に及ぶ殺害予告も着たりするがでもこうして今もまだ生きている。田舎を出てから就職し転勤で5回ほど住所はあっちこっちを周ってその後退職し、確かに自分で独立してから以降でも10回以上転々と住居は動いて変わってきたが。このおかげで命が守れたのかもだが。

    政治家で踏ん張っていくなら、言うことだけは怖けずに言うと、違法移民の挑戦内容、仕掛けてきている中国内容、これらの内容は身も軽くなってくるんだから徹底して遠慮なしに今後も追及するというスタンスを変えずに。
    それも手だ。

    ただ日本維新の会や大阪維新の会を逆恨みするのはそこはあの森友の籠池産バリになっちゃうからそれをやってしまうと見る側が丸山という人物像に対して見苦しい状況に見えてしまうので、潔さを出して一点突破で俺には政策だけだj
    それで今後一貫して貫く姿勢を崩さずに、そこは凛とするところは凛としていくべきである。

  7. 仲井 より:

    虐待に関する法案がこの間可決された。
    それを実際に実行するのはどこのだれかということです。
    政治家は常に旗を振っていてもこれらの事案はごく隠れた部分部分の場所で、つまり個別個別で発生します。
    政治家がその中の現場で指図という状況でもないしせいぜい立法を作ってそれでやめなさい緒だけです。
    まあせいぜい罰則を作るぐらいです。
    其れと人員確保の予算建てぐらいしか政治家にはできません。

    何があるかというとやっぱり最後のところは身近の学校、家族、役所の一番市民に近い担当の部署の窓口、ここが動かないとどんな法律を作ってもどんな矯正義務を負わせる内容を作っても最後はそばに居てるものが何事も行いことになる。

    今大阪でやってることはいろいろな回りから巡回に近い情報収集と一旦情報をつかんだら早急にその学校なり児童相談所なり、警察なり役所との連携をやろうとしています。
    これは自治体単位での首長が旗を振ってそこに職員が動いてというしか方法yが見つけられません。地域住民を巻き込んだりするにもやっぱり行政の窓口が機動的に動けるようにするしか対応を必要に応じて部署部署と連携できる体制を作る、これしかありません。
    政治家でそこに入っていくのは首長ぐらいですね。

    問題はその公務員であるそれぞれの担当部署に居てる職員が一体どういう連中がそこに居てるかということが今の日本の最大の現状です。

    京都市庁舎で、総務課と、人権擁護委員会で一度聞いてみてください。
    【大勢の日本人を拉致していった国は、いったいどこの国ですか?日本人を拉致した犯人の国はどこの国ですか】と、市の担当の部長でも課長でも係長にでも皆に一度聞いてみてください。
    【それはわかりません、何処の国の人かはわかりません。】と答えてきます。

    これが日本の現在の人権擁護委員会の自治体の市の庁舎の職員らの回答です。

    之でも日本人はこういう役所に日本人を守れると感じますか?
    こんな詩の庁舎、こんな公務員を雇用採用させている自治体を京都の市民はいったいどう思ってるんでしょうねえ。

    【それは北朝鮮です!】って、なぜ即答で答えられないのか!そう思いませんか?

    そう答えられないこれら日本に居てる自治体の公務員っていったいどこの何者なんでしょうねえ。空虐待されようがいじめで痛めつけられようがホビオほぼ放置でしょうねえ。
    これらは一般市民が市長を選挙で選ぶときまず間違ってますよね。
    ここのもう市民府民の一番大事な地盤の足元の底の部分からすでに元のところからまず間違えた選択を市民府民はやってきているわけです。
    之って政治家、国会議員の性かという前に足もとの公務員自体がそういう形になっていることをまずは市民府民が知るべきです。
    府知事を選ぶとき、こんな公務員が居てて普通だと思う首長になっているからです。
    だから公務員としてそれが普通だと何の異常さも感じずにやってきているわけです。

    過去の大阪もそうでしたよ。
    私はもう何度役所の庁舎に足を運んで追求し説明をさせてきたか。でも大阪の法務局の人権擁護委員会は朝鮮人への差別事案しか一切やっていませんでした。まあ私が10回ほど押しかけて何度説明をさせてもつまりはお前らは朝鮮人への差別という仕事に特化して日本人がとんでもない差別を受けてても一切触ろうともしないよな!と何度言っても触ろう千雄しなかった。

    とにかく朝鮮人への差別は駄目だだめだの一点張り。
    だから学校でのいじめの加害者が朝鮮人の子供で、いじめられている生徒が日本人の場合、今日いい区の現場に我々は入れません、少年法があるので学校には一切立ち入れないので無理ですの一点張り。

    これが逆に朝鮮民族の子供がやられて居たら、もうこれは朝鮮人への差別として扱い、もう早速学校の朝鮮人教師と連携して徹底的に怒鳴りつけて日本人生徒を怒鳴り散らして親も呼んで注意をする。

    人権の名のもとに朝鮮人をどうやったら優遇どうやったら損をしないようにできるのかそれだけをやっているのが人権擁護委員会の本筋基本中の基本。
    法務局は私に言わせればあそこの中の人権擁護委員会なるものpはあれこそ全く要らない役所だと思う。
    一切日本人のことなど考えてもいないところになっている。

    一度架空に話を作って、各自治体にある法務局の人権擁護委員会にいって職員と面談して話をやってみてください。そこで朝鮮民族の被害を訴えてみてください、もう必死でやってくれますから、、、笑い

    ここは予約制なので予約を入れてから行くようにしてください。

    ここは本当に日本なのかと唖然とするはずです。日本人であればそう思うはず。
    そこで対応の職員で日本民族は、まずいません。それが実態です。
    どういうつもりで作ってる部署化はもうお分かりですよね。
    南北朝鮮のためのものです。
    日本人なら呆れてものも言えませんよ!
    でも彼らの支援彼らを支持母体で市長や知事が首長に当選してるんですから日本はもう日本ではありません。
    だから相談に行ってまあほんと運よく日本民族の職員にぶち当たればもしかしたら少しは話だけは聞いてくれるかも、でも話を聞くだけで彼らは何もしません。

  8. 仲井 より:

    あと数か月という余命宣告を受けてから、その病院からもう一段上といわれる別の医師のいてる病院でも、ここでも全く同じ診断で、まあでもそこからなぜか2年近く、自己流の一寸特殊な養生の生活でしぶとく生き延びている。
    苦痛もなく怠さもなく今日常の動きも生活の作業も普通の何の不自由さも何もない。
    でもただ家であまり動かず安静で居てる。

    ほぼその病気の対処薬の薬剤治療は医師が勧めてくれたが、一切受けずに、薬剤は処方しない状態で、今のところ自己流のやり方でここまで来て、医師の判断に反して最近はここにきてデーターも映像も見違えるほどかなり良くなってきている。
    運も味方してるのかそれとも自己流のやり方がよかったのか、まあ、爆弾は抱えてはいるが。
    その加減で今でこそあまり表で動いていないが、まあちょっと前まではかなりの頻度であらゆる役所の問題について直接乗り込んで直に職員に問い合わせての疑問点の解説と要求とを同時に一緒に談義を繰り返し、職員がもう呆れて、あきらめて、疲れて、仕方がない、内容の中身の情報を役所だけが持つ情報をこれを出さないとこいつは帰らないなあと思わせるまでやってきた。

    病気(実は昔から元から持病を持っていた)で仕事を引退してからは、役所相手にとにかくとことん追い詰めてこれをずっとやってきた。

    法律は我々はㇱロートだが、でも見たら予算を使ったといってるがこれはおかしいだとか、不合理な内容だとか、おかしい使われ方などすぐにわかるので、見つけるたびに追求した。
    自治体の条例を出させてそれと符合しているのか、それとも職員が便利勝手に都合よく職員が市民らに見られていないことをいいことに自分らの都合で使い分けていないかのそこの誤差を、とにかく探して見つけては追い詰めて、とにかく税金の正当な使われ方、やったと称して、してもいないのに予算が出されていてそこで予算が消えて居たりだとか、不当な不法な内容を見つけては追及を続けてきた。

    最近あまり動いていないがでもこれぐらいなことpは市民県民府民の誰でもできる。
    年寄りは暇なんだから自治体から金をもらうことだけを考えずにとにかくきちんと不公平なくきちんと理にかなった予算が組まれそれが使われても配分が正当かどうかを、これぐらいは誰にでもできる。
    全国の老人は叫んでばかりで要求だけしないで自らで役所に言って事業予算と称するその中身とつかわれ方の必要性について、きっちりと見に行って確かめてみることだ。

    人任せにしないで。

    これをやっていたから吉村さんが市会議員に初めて立候補されたときに、彼に大阪の行政は今まで橋下さんが出てくるまでこうなっている、こんな理不尽な予算の使われ方である。
    我々素人の市民が見ただけでもすぐに見つけられるほどの、職員は怠慢が常態化し、こんな異常な状態になっていると、議員の名前も、区役所名も入れて具体的に伝えることができた。

    皆さん全国でこれをやれば、堺のようなあんな腐った金さえ配れば黙るだろう支持するだろうという朝鮮流選挙しか知らぬ構造、あんな見るもおぞましい利権構造はできなかったはず。堺市民は胸に当てて自分は予算からふ頭に内緒で金をもらっていなかったかを胸に手を当てて考えてみてください。それが腐ったとし腐りはてた自治体を作ってるのです。
    竹山の不正事件は堺市民にものすごく大きな責任があります。
    目の前の金に群がったそのつけです。
    街は疲弊し結果腐った都市になってしまうのです。

    大阪はそこはすごいよね。
    松井さん吉村さんが研ぎ澄ますようにぜい肉と腐った泥の油を見事そぎ落としてきた。
    しかもこの財政の中で同時進行で未来を見据え、未来に向けて国民が歩く道を、その一歩を踏む路傍の道を開いてもくれている。
    希望が持てる世界を描いていこうと常に先を見ている。

    反日の市民団体が、常にやっている政党をつぶすための市民と称しての如何にも一般国民に見せかける朝鮮民族の活動を、そういう奴らのような見え見えの予算食いつぶし団体ではなくて、活動ではなくて、ひとりひとりの市民目線で日々ちょっとだけの努力目線で普通に動くだけでそこそこ掴めますよ。
    とにかく自分で動いてください。
    たいそうなことなどしなくても、ただ役所の中を見に行くだけでも十分効果が見つけられますから。
    これが本来の国民市民の意識だと思っています。
    法律の詳細だとか難しい文言の使われた条例の中身など解明せずとも普通に市民目線で見ておかしいことをただ見つけるだけです。それで十分です。

  9. 仲井 より:

    >丸山代議士にしても、荷が重いかも知れません。

    別にかみついているわけではありません。
    誤解されないようにお願いします。
    ただよくこういう表現をされているように思えているので。

    彼のどういう部分に問題があってその人権云々のことが無理だという判断になるんですか?彼にもいろいろと問題はあると思います。我々もそばで常に見ていないのでわかりませんが、でも、これだけではその中身、判断基準の査定する部分の中身基準がわかりませんのでお聞きします。
    判断はいろいろあって当然です。その判断を下した基準の部分はどこですか?

    これがどういうことでその内容に【丸山は”荷が重い”でしょう】という判断になるんですか?
    例の、
    戦争云々の今回のあの言葉が人権についての政策を考える人物には適さないということですか?意味の中身がつかめないのでお聞きします。

    関連になりますが、

    テレビを見ていてもいつも思うんですが皆さんも多分感じられたこういうことは思われたことだと思うが、コメンテーターが何かあると、非難を前壇で言い回しでやっておいて、結果最後には、
    【国会で集中議論をやればいいんです、そこで何かいい方法を考えてよく議論してやるべきですね】って、これで終わる。

    そんなときテレビに私はいつも、
    何の解決策も出さないし中身もない、何を言ってるんだ!と、ぐじゃぐじゃ言ってないで、ではどうしたらいいんだあ?君がそれを解決することを、こうしたら解決するって、具体的に言えよ!】って。

    この状況が今のテレビ報道。
    そうやっていて、世の中って変わるの?って。
    いったい何が変わるのか、この連中の言ってることってこれでではどうしたらいいのかをまず君が言えよ!って私などはテレビに向けて叫んでいる。

    どうしたらいいのかをお前が言ってみろ!って。

    まあ嫁が生きてるときには横で
    【お父さん、この連中は答えを言わないからこうやってテレビに呼んでくれてるのよ、こうやる方法がありこれでやるべきだと、その理由はこうだからこれまでよりもこのほうが何かにつけていいでしょうって、もしもこの連中が喋って、もしも自分らテレビ局が都合が悪いことなど喋られたら困るから、答えや、解決方法を言わないから、この人らはテレビが必要としてるのよ。しゃべればテレビには呼んでくれなくなるのよ!まあお父さんは絶対に無理だよ、呼んでくれないからさ。朝鮮民族のことをすぐに口に出すんだからさ】って、良く横で言っていましたが。

    具体的にこうするべきだ、こんな方法があると言えよ!って。
    最後はいい方法を議論して考えてみることですねで必ず終わる。

    之ばかりをテレビ報道で聞かせられる国民は、この意見で一体何が変わるんですか?
    私は何の役にも立たないと思う。

    物事が発生したらそのことのどこが問題でそこを直すにはそれを解決するのにはどういう手法どういう解決法があり、これであれば国民は支持できるのではというところまで語ってもらわないとさっぱりわからん。
    そして判断するにしてもその理由を明確に加えてやってもらわないと何か雲で包んだようにただ非難される空気だけ作られていく。

    何処のどこが悪くてどこのどこに問題があるからこの人物はこの内容には不適格だと、大方の人がわかるように言ってもらわないと、この状況は、或るタブーな部分を表で出さないようにしながら空気感だけで、まるで景気動向を探る評論家には、私は、国民はなりたくないと思うが。

  10. 仲井 より:

    もう一つ、全国の人にも国会議員にも皆さんに申し上げておきたい。

    偉そうな言い方で申し訳ないが、でもここから書くことはもう私個人もだが日本人が到底許容できない我慢ならんことですので、書いてみます。

    その時の当時から、ずっと以前からテレビ局にも新聞社にも伝えていたが、テレビではこの県での取り上げは一切ないし、話題にすら絶対にやらないので。

    今回丸山議員に対して維新が、党として、除名するという処分を出された。
    そして流れとして議員辞職勧告決議案の提出に向けて出されればこれに賛成の意向を示された。
    これも党としてのけじめであるのでそれも仕方ないでしょう。ここは党としての対応は党のまとめとして。

    これはこれで維新の党としてのけじめとして出されていると思うので外部の我々が中にまで発言は控えます。

    ここからだが、
    そこで一寸思うのは、
    ここ最近までこの丸山議員の発言について日本のマスコミメディアがここぞと非難ごうごうやっていて、議員も辞めるべきだなどといって強硬に非難で報道を埋め尽くしてつるし上げている。
    憲法にもいg反している、国会議員がそんな状況は許されない、一般で考えても憲法がある日本においては絶対に許されない行為であると。
    正義感だと思ってるのか偉そうに声高らかに朝鮮民族が雄たけびを上げている。

    だが、おいおい、お前ら一寸待てよと。
    そこで憲法を出してくるなら私にも言いたいことがあるよと。

    過去に辻元清美の発した発言を思い出してほしい。
    彼女も国会議員にすでになっている状態で日本の憲法の元国会議員を務めていた。
    その張本人が或る日答えた文言。

    ★【私は日本の天皇家、皇室については、おぞましい、寒気がする】という発言をしている。

    これっていいの?
    議員辞職に該当しないのか??

    憲法が云々というならこんな憲法を侮辱し天皇家を冒涜侮辱した内容であり、国会議員が絶対に言ってはならんし第一日本の国会議員で天皇家をここまで誹謗中傷し冒とくした議員はこの日本に過去存在したのか!と。

    とんでもない許しがたい発言だよな。
    これをこの件で新聞社テレビ局はあの時一体何をしていたんだあ?

    辻元清美に対してこの発言は日本の国会議員が語ることとは違うよな!どこの国の国会議員か!、議員辞職は当然だ、国会議員としてとんでもないやつだと、当時テレビ局も新聞社も皆それを知っていながらテレビの報道で取り上げたのかあ?

    議員辞職が当然だ!と攻め立てたのかあ?
    マイクを突き付けて追い回したのかあ?

    一体どうよ!

    この辻元清美の発言は、朝鮮民族の間では嬉しくてこれはいいのかあ?
    朝鮮民族には都合がいいかもだが、日本人にすれば絶対に許せない、日本から国外追放処分になって当然な発言だぜ!

    議員バッジなどつけられるほうがおかしいよな!
    朝鮮へ祖国へ帰れ!って、日本人なら誰でも思うが。

    辻元清美が発した発言、これは酔っぱらってなどいないとき、奴は正常?なタイミングの折に、正味本音で彼女は語っている。

    ★日本の現職の国会議員が、日本国憲法第一条に書かれている天皇陛下のお立場の内容について、
    【おぞましい、寒気がする】とこう言っている。こいつが喋ったこの内容は、これはいいの?
    許していいのかあ?

    今日も各テレビ局にはこれを電話で伝えた。
    憲法ということを出してきて丸山を批判するなら、辻元清美のこの発言は、日本の憲法に書かれている条文に反するし、ましてや日本の天皇陛下に対してこれ以上の冒涜侮辱はないよな!

    これは辻元清美ならこれは大丈夫なん?

    脅されるから大丈夫なん?
    日本の国籍を騙し取ってることを、日本人に成りすましてることを新聞社テレビ局がこれをバラされたら困るからこれは大丈夫なん?
    これは隠すの?
    日本は朝鮮国家になってしまっている。
    中國の操り人形国家になっている。

    ★トランプに来てもらって日本の国会で、日本の国会議員衆参全員が本会議場に集まるところで、演説をしてもらって、
    【日本国籍を騙し取った反日朝鮮民族の日本国内からの排斥法、中国民族の排斥法を日本国として早急に作るべきだ!でないとアメリカとは未来永劫日米は対等には付き合えないよ!】と、
    演説をしてもらいたいねえ。

    もう一度書くけど、辻元清美のこの件は、朝鮮民族はこれは大丈夫なん?
    でも日本民族は絶対に許せない。

    テレビも新聞もこれについて一切報道しないが起怒って表で抗議しない天皇陛下であれば、何を言っても、こんなとんでもない発言をしても、しかも現職の国会議員がこれを言っても許せるのか?
    天皇陛下にであれば、朝鮮民族なら何を言ってもいいのかあ?

    ふざけるな!

    北方領土返還に向けて動いている日本国家であるが、元々は日本は戦争で取り返してもよかった。
    これは実は本音であろう。
    あの時代のあの状況のことを思い起こせばだが。特に旧島民の方にすれば武力ででも取り返してくれと思うのは当然であろう。
    悔しさには怒りがついてくるから。
    でもそこを時代が過ぎていくうちになんとか相手の善意を引き出すことに道を決めてやってきたのが日本だ。
    それで行けば丸山の発言は気持ちはわかるが言葉が乱暴すぎた。
    前後にくっつけない言葉が多すぎてそこを省いての質問はこれはやっぱりだめ化も。
    でも気持ちの事実は我々日本人はほとんどがそう思っている。
    口にしないだけで。

    でも辻元清美のこの発言はこれは本性自体がもうとてつもなく悪いし反日の典型であり皇室破壊を考えている状況に獲れる。
    これは絶対に許せぬし議員職永久追放でいいぐらいだ。

    返還、取り戻せるかと思える機会は、それができる時期はあった。戦争手法も含めて。

    エリツインがあの強固だった共産主義独裁国家をあの時大統領制も含めてアメリカと協力してソ連の体勢を崩し解放の民主主義へと資本主義の重なる政権を作ろうと、前政権から奪い取ったとき。

    日本で当時この北方領土取戻しのあらゆる手段が論じられている折、日本中で今だろうと、これが沸き上がりだした時に、そこにあの笹川のじいさんが出てきて、【わしが二兆円出すからあの4島を日本に還せ!】って、当時の旧ソ連に向けて叫んだことが或る。
    自腹で二兆円ぐらい俺が出してやるからと、あの爺さんは高見山を引き連れて荷車引きながら叫んでいた。

    北方領土返還については日本の多くの政治家はほとんどが戦争でしか戻ってこないと、交渉などで戻るわけがないと、ほとんどの自民党国会議員もそう思っていて、【戦争でしか取り戻せないよな、やっぱりそうなるとむつかしいよな】って、半ばあきらめ半分で長い年月が過ぎてきた。

    安倍さんプーチンという奇跡的と思える間柄のトップ同士が誕生しここまで内容に熱が加わり少しは現実味が感じられるところにまで来た。

    その意味で行けば大阪G20を控え丸山議員の発言は、軽かった。
    度が過ぎたことはそうだろう。
    ここで議員辞職という要求はまあやるならやればいいが、
    旧島民だって昔のじいちゃんらは、今の世代は知らないが、【日本政府に向けて、武力を使ってでも取り返してくれ】と叫ぶ旧島民のじいちゃんらも、もう亡くなられているだろうが実際に当時あそこには存在していた経緯がある。まだ30年程前の時代に。

    ★ここで一つこの今回の丸山の発言についてテレビの報道にはものすごく問題がある。

    そこに【憲法で照らせば、、、】ということまでをマスコミメディアがこれを出してくるなら、お前らのほうがもっとひどいだろうが!と言いたいよな!
    憲法などここに出してきて、立憲や共産党、反日朝鮮民族が、またテレビ局新聞社の朝鮮民族らが報道で偉そうに非難をやるのであれば、憲法がどうのこうのと持ち出してきて言い出すのであれば、其れであれば、お前ら其れであれば私ら日本人はもっと強く言わせてもらう。

    辻元清美の発言はどうなんだ!と。
    荒れのほうがもっと議員辞職どころか日本から国外追放だろうが!って。

    旧島民だって昔のじいちゃんらは日本政府に向けて【武力を使ってでも取り返してくれ】と叫ぶじいちゃんらも実際に存在していた経緯がある。

    辻元清美の議員辞職を要求するべきである。
    辻元清美は、辞職に、それに十分値する。

  11. 京都の住人 より:

    仲井さんすきなんですけどねぇ。ずうっ~と2千万人の戸籍騙し取りノンフィクションは信じようとしております。知らぬ間に世間を見る目もそのようになって来ております。但し淋しいのは誰一人として同調する人がいないこと。思ってはいても首を縦には振れないのかな?見識も知識も宇宙の如く、他人が一生涯で真似出来ないような事件性を持った案件の経験までされています。ですが意にそぐわない他人の意見や思いに噛みつく癖は一向に治っていませんね。不治の病に侵されておられるのですね。ここのブログで好き放題述べられることを管理人さんに有難いとおっしゃっていましたよね。他人の意見を掻い摘んで文句言うのが多すぎませんか?注意してるんだ!添削してやってるんだ!なんでしょうか?未だに。時が時だけに何か淋しいですね。

  12. 仲井 より:

    まあいろいろあるのは理解?します。
    ちょっと長いですが、読めたら読んでください。

    ただネット上でも、聞かれていればそれに対して出来るだけ説明をするという姿勢はこれは大事にしてるつもりです。
    聞かれれば当然その聞かれた本線部分でボカさずに答えていくものだという姿勢は私はここまで少なくともやってきた、徹してきたつもりでいます。

    私のうちの中ではこういう会話状況、答えの出るまで一切休憩なしで何十時間であろうがぶっ続けで途切れささずにその場で一気に続けてやるというのは私のうちでは、家族内では普通だったものですが。

    だから、答えなり、結論なり、対処法なり、解決策なり、とにかく、うやむやは駄目で、中身がわからないままが実は耐えられないという家柄なんです。まあこういう性分です。

    答えや裏付けると思えるものまで出して初めて話は互いで意見交換できるもんだとの価値観しか私は、私の亡き妻も私の子供たちも、私の両親らも、まあそれで普通でここまでやってきているので、それがこういう場所でも出てしまいますねえ。

    具体的内容のないまま表示されていく物は、やっぱり人間として耳に入ったり目に入ると気になる。
    それらの中身、そのことになる裏付けらしき内容、相手に伝えてああこういう訳でこの人はこういってるんだとわかるようにというのが私の家族のすべての価値観です。
    物事を喋るときには、子供らにも小さい時から言ってきたが、そういう教育し子供に向けても我が家はしていません。
    話をのらりくらりしたい人にすれば、そこまで余分な話なしでいきなりまあ直で突いてくるなあと思われるかもだが、もっと気を遣えと思われるかもだが、私にすればそれも無駄だという考えです。
    そんな暇を脳は待ってくれないという考えです
    解ることはとにかく早いほうがいい。後にずらせて解らせるよりもできるだけ早ければ早くわかるように努めて伝えたり話で伝えていく。
    これがすべて。

    だから性格上私は自分の意思で飲み屋に行ったことはここまで一切ありません。
    総て誰かから無理やり誘われ「何の意味があるのか、止めとく」といってても無理やり連れていかれて断り切れずにというのはあります。

    まあ誘われたことがあるあの許詠中の、彼の女性が当時やっていた新地の【〇〇〇ウ】というお店にも、一切行ったことはありません。無駄なんです、そういう時間を過ごすこと自体が。

    そういう中身が語り合えない場所には行く必要もないというそういう時間をお店で女性と一緒に酒を飲むこと自体がもう無駄で無駄で、無駄に見えるし、もう無駄だとしか思えないんです。なんで自分の意思で飲みに行く必要があるのかいまだにまだわかりません。

    これで生きてくると面白いのはストレスがほとんどありませんし、不思議なことに寝て夢を見なくなります。
    冗談抜きで皆さんの中にも考えてみてください、頭をフル回転に常に動かして働かせていると、夢は見なくなります。
    これを得意先の方に私が喋るとその社長が夢は起業してから一切俺も見たことがないという。
    そこで聞くと忙しすぎてそんな夢を夜見て寝るほど暇がないって。

    そうなんです。
    こういう性格なのでそれらがすべて無駄に見えちゃうんです。
    余計ストレスがたまる。

    話戻りますが、
    まあ人間ですから私も昔の事や読んだ本などでのちょっとした私の記憶違いなどで地名やほか個人の固有名詞などでの間違いやずれがあるかもです。
    年号がちょっと言ったものと少しずれて居たりだとか、国の名だったり人物名のどうでもいい名前などで時には間違っていたりもするが、でもそのことを出すときに、それにくっつく本来言いたかったことの内容、重要部分の本論の部分、ここは仮にも具体的に出すべきだというのが私の意見。
    価値観。

    なぜそういう判断になっているのかのそれの内容をはっきり示さないと、示せばああそうかと概要だけでも掴めるものを、出さないと、ただどういうことで?ってなる。
    包まれたものが出てきてその裏付けを言ってもらえなければ、こっちとすればただ空気感だけを、まるでにおいをかがせてもらうレベルになる。
    匂いだけを伝えられるだけになり、ではそこは何があってそうなってるのかを、何のことでそう思うのかを、ここは最低限度、伝えるべきだと思う。
    ただそこを書いてほしいと伝えただけです。

    ★まあ、丸山が喋ることを”ほざく”という言葉で表現されてる以上、この件での幅は埋まらないでしょうねえ。

    私は京都市役所本庁舎の総務課の幹部が発した「拉致事件の犯罪国家はどこですか?」の問いに対して、
    【わかりません】と答えたことのほうが、私は【こいつは国民に向けてこんな暴言を”ほざいてる”】という判断をしますが。

    まあそれぞれ受け取り方ですから、いろいろあります。

    まあ私も少しは、年齢もいっています。
    記憶が途切れだしてきているのも事実でしょうし、ここまで書いて出した中で、もしかすると多くの数字にズレだとか、多少は国名だとか地図上の位置だとか、川の名とか年号の数字だとか、もう40年60年も前のことで少しはズレが出たりはあるかもだが、でも伝えたいと思うその時に出している本分部分、その時に入れていた中身の本論部分の伝えたいと思ったその時の内容は、ここは間違えていないというここまでの自分の思いです。

    ★ご指摘の、嘘だろうと思われたと思いますが、
    違法移民の朝鮮民族が日本には終戦時に2000万人は居たと私は過去西暦2000年の手前ぐらいからのネットが始まりだしてからも休むことなく当時だけでも多分100か所ではきかない掲示板他サイトなどには投稿しその度毎に遮断・削除されてきました。

    またそのずっと以前の、全国警察本部にはもう昭和50年ごろの前後からこの件は、伝えてきています。

    まあ警察もほぼほぼ答えずに、ただ鼻であしらう程度の聞き耳扱いでした。

    ただ学校現場では、当時から、私が発する内容にはもうとてつもないほどの拒否反応で、私が出す内容に対抗して答えてくるものは居なくて、ただ伝えていく私の目の前から、教師はほぼほぼ逃げ腰で消えていくだけでした。
    二十年間以上。

    でもその反応は非常に自分の身に突き刺さっていると連中が感じているということは、すぐに体感として私には伝わってきていました。逃げまくりの学校現場、教育委員会、昨日書いた人権擁護委員会なるところも同じで、だれもこれについて私と面と向かって逃げずに、【それは違うと、そんなわけはない】と、言い切った教師、教育委員会、警察も同じで完全否定はしなかったですね当時から。
    ただその昭和50年代の初め頃には、警察は聞きながら笑い口調も多少は言っていましたが、でも完全にそれは間違いだと断言する警察本部二十数か所・またそこにくっつく主な名の知れたそういうことが関係しそうな全国の所轄もそれについては一切否定論が出なかった。
    まあ昭和50年当時の警部クラスのものはもう50歳以上がほとんど。
    つまり戦争当時の状況を少しどころか見てきてる世代。
    だから、彼らにしても、そんなことに素人が突っ込むなと言いたかったのでは?
    奴らは普通の連中ではないよと暗にそう言いたかったのでは?
    其れと朝鮮民族とツーカーで常に飲み屋や飲食店サウナ、トルコ、こういうサービス接待を受けている刑事クラスが大勢いてたし。

    どっちみち素人には何にもできないしそのうちこんなこともあきらめて言わなくなるだろうぐらい思っていたのでは?
    まあ軽く聞いていただけという事だったのでしょう。

    でも或るタイミングがあって(私にとっては裏付けるものに近いものとして具体的事実が出てきだした)、

    一つは
    ;北海道県警での一つの事案、
    もう一つは
    ;ネット上での公開投稿があらゆるものからされるようになりだしたこと、

    其れとここにも書いた、
    ;NHKでのドキュメントである(今ネット上でこれを探してもなぜなのか出てこない)
    そしてここ数年前に判明した遺伝子血液による民族判別、これが可能になり、このことでもう一つ分かったことが、このことで○○ズも日本人には遺伝子構造が全く違うので感染しないことも科学的に解明され判明した。

    当時は、警察もただ笑いながら私の話を聞いていたが全面否定はしなかった=当時からずっと。
    ようやくここにきて、最近ではほぼほぼ警察とはこの南北朝鮮の内容が話が普通に通じるようになってきた。
    これが最近の事情。

    ここまでに起きていたこと、記録の解明段階で、その途上に出てきたもの、
    NHKのナレーションは省いても、記録で映っている文字の入った日本政府からの書簡の類、書面、事実の映像で出てくるので之であればふつうは事実だと思うのはまあ普通にそう思うが。

    写っている記録のフイルムをこれを写ってるそれ自体を改ざんして作り替えるほどのことが行われていたとは思えないドキュメントで、実際にアメリカに当時の日本からの国際資料が残っており、それもきちんと日本国家から送られて出された書類だということがわかるサインもあり、そこには当時の岸信介首相・藤山外務大臣の署名入りでその書面がその資料館にまだ保管されて遺されている。
    これが映像できちんと出された異常、私は日本の資料は怪しいと思うがアメリカに残された日本からの特使としての書簡はこれを私は信じるが。
    本物だと。

    もう一つ
    私がネット上に書いたことで、全国の図書館及び地域の歴史資料を保管している学校や地域の文化資料室や図書館で、その資料の破損事件が、この日本の多くの場所で事件が突然に発生した。
    それは、
    日本民族か朝鮮民族かの区別が一番わかりやすい見つけ方があると、
    それは明治時代のその人物の小学校入学の就学記録があるはずなので、それを調べれば日本人であれば明治時代にも日本の地元の小学校に必ず就学記録として名簿があるはずだから、それを調べれば、そこに名簿が無ければ日本人とは違う可能性があると、それでわかるとネット上に書いた。
    京都での市長選挙が行われ朝鮮民族議員が絶対的に推す候補者が実は選挙では敗れた。
    だが奇妙な事件が後から出てきた。
    選挙のもう半年以上も前から東京から数人の公安がわざわざその選挙地域にきて、一斉に内偵らしき活動をやっていたとされ=怪しすぎるが、そのうち当選した市長を犯罪者として逮捕した。
    裁判になる前にこの当選していた市長は自らで辞意を示し当選していたのに辞めた。
    選挙の前に地域住民に食事をふるまったという罪で逮捕されたが実は奇妙な事に選挙のかなり前から全くの外部からやってきている支援者と称するものが現れてその地域住民への食事宴会を推し進め結局それに載せられそういう食事会をやってしまった。
    当選した後その食事会をやったほうがいいと勧めたその人物は、いつの間にかどこかにいつの間にか姿が消えてしまい一切の連絡もつかずに行方知れず。
    結果これが犯罪での選挙違反ということになり逮捕され市長当選後間もなく逮捕辞職へと追い出された。
    結果新市長はその朝鮮人議員が推していた候補者が新人で就任した。

    面白いことにその新市長をわざわざ東京から公安まで呼びつけての選挙戦、朝鮮民族議員は実は終戦ごろのその前ごろにはその市長選挙の行われたこの地域に、その一家は突然に表れているという話も伝わっていた。
    だから息の入った市長がどうしても欲しかったのでは?
    私は逮捕され辞めたその市長に、一度だけ電話がつながり連絡したことがある。
    【まんまと引っかかりましたねえ、仕掛けられたとは思いませんか?奴らは自分の今持っている戸籍が、そこが怖かったのでは?だから息のかかった同じ戸籍内容を持つものが、そういう弱みを脅せる市長がどうしても必要だったのでは?】とその人には伝えた。

    明治時代の小学校記録のことは、まだ遺伝子解明がわかっていない時期の二十年以上前からにはなるが、これは二十年ほど前に東京警視庁に伝えたもので、これを警視庁は江戸までさかのぼって5代前の段階を捜査対象で就学記録と生誕の住民登録の記録の在所地の確認、これを日ごろ捜査でやりだしたので、もう大丈夫かと、もうネット上に出してもいいだろうと思って私が出した。
    そしたら国会議員会館に或るいま改正案が出ている国会図書館にまでこの朝鮮民族らが手をまわして一部の者らの明治時代の小学校の在学記録などが記された部分のページだけが破り取られて消滅しているという事件まで出てきた。
    有名なあの今立憲民主に居てる国会議員の、日本人祖母とされるものが記載されていたそのページが。
    これと同じことがわずか1年間で60か所以上の全国の図書館などでのその地域地域の学校の生徒の就学写真部分の就学の入学記録の部分だけが破り取られていた。
    こいつら手口はコソ泥のように怖がっている。
    常にだれかから脅されているからここまで手を伸ばして何とか逃げ延びようと、バラされる、脅してくるものをできるだけ少なくしたいのだろうねえ。そこまで脅されるならもう国会議員など辞めちまえと思うんだがでも朝鮮民族奴隷にすれば国会議員という立場は奴らにすれば雲の上のような身分。
    絶対に手放したくないのだろう。
    日本人ならもうやーめたってすぐにそうなるが朝鮮民族は一度つかんだ身分は絶対に外せないそういう奴隷制度から出てきた民族だ、

    さて、今もアメリカに残されているその書簡だが、
    そこには、
    【日本は現状治安において危機が訪れている。日本国内での強奪、略奪、強盗、殺人、強姦等の凶悪犯罪が多発し、朝鮮人犯罪がものすごく国民の生活が脅かされている。このままでは日本だけでは対処できない。
    非常事態になるほど困っている。それは戦後もそのまま祖国に帰らず日本に残っている朝鮮民族問題である。日本に終戦後からも居座って現状残っている朝鮮民族を(密入国者・併合中に入ってきたもの共に)何とか本国に帰したい、日本はもう朝鮮民族のこの者らの存在によって国中が治安もなくとんでもない状態で困り果てている。何とかこの日本に居てる朝鮮民族を祖国の朝鮮に還したい、帰還させたい、、帰れといっても帰らないし、第一朝鮮政府がこの日本に居てる朝鮮民族の引き取り帰国を頑として許可しなくて困っている。米国になんとか力になってもらって彼らを祖国へ帰ってもらう手段を作ってほしい、、、云々】

    こういう内容のものが、これに近い内容で書かれたこの書面が残っている。
    そこに日本に在住していた、祖国から帰国を許されず日本にゴミ同然で放棄された、棄てられた朝鮮民族が、当時の朝鮮半島人の人数も書き示されている。

    私はこのドキュメント映像をもとにネット上に書いた。
    それは改ざん映像には到底見えなかった。
    NHKのものがアメリカのその資料館にカメラで所蔵の棚に置いてあるその日本からの所管の包みを開いてそこから出してきたそこに書かれていた内容を映像で見た。日本語での解説のナレーションが名がr手ては板が目の前の書面を資料館のアメリカの職員と首を突き合わせてのその書類に書かれたものを説明しているんだからそこは本物の資料だとしか私には言えない。
    ただいまでは不思議なことが一点ある。
    日本政府が表向き公表している在日のままの朝鮮民族が戦後80年近くたっていながら終戦時60万人だと言い今も60万人だという。
    これを見てもいかにこの好評の数値が嘘であるかわかるだろうに。

    朝鮮半島でさえ日本が統治していた時から終戦になるまでの30年ほどで朝鮮は人口が二倍に増えている。
    日本だけが何故いつまでたっても60万人のままなのか意味が解らん。
    この数字だけでも私はおそらく軽く200万人い所にはなってると思うが、
    其れと日本の国籍を騙し取った朝鮮民族を加えるとやっぱり2000万人は優に超えるはず。
    立憲民主、共産党、社民党、公明党、国民民主党、自由党、希望の党、これらが受ける得票数を見たら大体の日本民族と朝鮮民族の民族分類ができるはず。

    まあ日本民族で共産党や社民党や立憲民主、公明党、国民民主らに投票するものはまあほぼほぼいないだろうrと思えるが。
    その票数を考えれば日本民族は日本に今どのくらいいてて朝鮮民族は今日本にいろいろな姿に変えて居てるのかgはこの票数ですぐにわかると思うが。

    この間の選挙が終わったとき、維新を除く野党の支持るつを見ていたらそれを見たら、公明党を加えての野党の維新だけのぞけて数を数えれば日本での民族比率が大体わかってくる。
    やっぱりなあと、日本人にはわかると思うが。

    昔のドラマでもセリフにも出て居たが最近は朝鮮民族のことを取り上げる日本のドラマはほぼ作らない。
    朝鮮人が日本人に成りすまして日本人がさも行ったかのように組み立ててのドラマはよくあるが。
    土下座シーンなどはその典型である。
    全く日本にはなかったものを朝鮮で行われていた姿を日本がやっていたかにすり替えていくこれが横行している。

    ここまでずっとそれを主張し書いてきました。
    私は誰一人同調などされなくてもいいんです。

    証拠と思えるものなり、事実と思える内容を出すという基本で生きてきているので。

    何かボヤっとしているものは、私や私の子供の世界では、一切成立しないので、まあいつも家でやってる通りに私はやっていただけです。
    まあそれが世間でうまくいかないと言われれば、私の中では、それは仕方ないです。
    この手法でここまで生きてきて変えないで着てここまででしたので。

    今回、
    問いかけでここに書いているものは、
    問いかけたものは、ここ二・三日の間に上記の書かれているもので私は意味が解らなかったので問い合わせでお聞きしている。
    一応それについてお二方にはその書かれたところの部分部分での内容(ここがわからない部分)が雲のようで私にはそこが何なのかを、事実を裏付けるものを添えて語っていただきたくて、お聞きしたいと思って書かせていただいた。

    まあそれが、皆さんには傲慢な態度で、ただ気に入らないから因縁をつけてきていると思われるなら、そうだと思われているならそれはそれでいいです。
    性格的に私はそこがちょとみあさんと違ていてこれはアk所の職員らともいつも揉めて言い合いになる部分なんですが私はどの場でも事実はどうなってたのか、この一点で問い詰める癖があります。
    ですから事実の上にそこから何が必要かその事実がおかしいのかおかしくないのか、
    まあ数十年間これだけで生きてきたわけです。

    ですから亡くなった妻ともよくありましたが、前夜から始まって、翌日を超えてもまだ終わらずに30時間以上意見の言い合いなど結構あり明日。

    どっちもがすべてを思いを言い合うわけです。
    子供とも私の家ではそれで通してきました。
    私の家では祖rが普通の家庭なんです。
    答えが出るまで絶対に打ち切らずに、寝ずにずっと行きます。
    子供との話し合いで翌朝が来てしまいまだ解決策が出ずにそのまま続けて話を言い合って、子供を学校を休ませてさえまだ夕方まで続けてやることも度々我が家では常識的にありました。

    むろん妻も子供も寝ることなく、そのまま起きて向き合ってそのままで。
    喧嘩じゃないですよ。
    うちは家族でけんかはほぼほぼしたことがありません。
    意見での言い合いはあっても感情での相手を恨むだとかそういう感情は存在しない、ただ物事の内容の結論についてそこにたどり着くまでやりあうわけです。
    まあ時には翌日の昼をまだ超えてもやってたことも結構ありましたよ。
    いろんなことで。
    物事を決めるには結論が出るまで途中休まずにぶっ通しで話し合うだけです。
    まあこれが我が家の流儀です。

    こういう時に家族の中でではそれで気まずくなったり喧嘩状態になったことは一切ありません。

    まあ我が家はそうでしたのでそこが違うのでしょう。
    答えを明確に出さなくてもそのうちにというこういう家庭も多いのでそういう人もあるでしょう。

    ★何を言ってきているんだと思われて、そこは出さないとおっしゃるなら、無理だと言われるならそれでもいいと思います。

    あの人は多分無理でしょうとか、
    いつもの彼の内容で行けば多分無理でしょうだとか、
    そういうことがだめでしょうとか、

    いろいろこういう書き方での投稿をネット上に書いているものをよく見ます。
    テレビでもいつもコメンテーターがそういう表現で人間のことを常にそういう形で出してきている場合が多い。

    そういう言い方のほぷが相手を糾弾し非難が強いことはご存知ですよね。
    はっきりと具体的な内容をくっつけてこうだっただろうがと、書いてあげたほうが、言われたほうも該当するかを自らで考えられるしそこが、ぼやかされて、でも非難されてるとなれば、言われたものはもっときついとは思うが。
    ;どうだから、そういうように見えるだとか、
    ;どういう事実になることがそのことと結びつくから彼は駄目だとか、
    ;人間の人格否定の場合には、その裏付けになる内容を、たとえそれがもしも仮に間違っていた情報であったとしても、その誹謗中傷するものが掴んだ内容を、それを一応は裏付ける内容として出している状態での加えて出したうえでその対象の人物に対して人格なり能力を査定なり非難なりをするならいいが、
    ネットやテレビで避難しているものを見ると漠然としたものしか包まずにただ誹謗に回るものが多すぎる。
    その判断になるその裏付けのものは何かを出さないとただ印象操作だと思われて仕方ないんじゃあないのかねえ。
    いつも見ているが何かそういうように見えるだとか、( ← これでは何のことかさっぱりわからん)

  13. 椿 より:

    仲井さんの日本を憂いる深い愛国心と、日本を守ろうとする勇気と行動力は
    後輩の日本人として、本当に有難く、頭の下がる思いです。m(__)m。

    以前にも話したと思いますが、私は海外で勉強し、生活するチャンスがなかったら、
    多分今も軽く平和ボケのままで、仲井さんの仰っていることは、
    分からなかったと思うし、過激だなと思ったかもしれません。

    ですが、良くも悪くも海外での経験は、
    私に「漢民族」と「朝鮮民族」の ”民族性” をモロに見せてくれました。
    それだけではない、欧米人達の本性もです。

    そして彼らの「海外での工作活動」を、
    実体験で体験できたからこそ、
    仲井さんが仰っている朝鮮人たちによる「日本侵略工作」や「背乗り」は、
    もうこれは皮膚感覚で、即効で理解できました。

    と同時に、戦後「屁たれ日本人」や
    「事なかれ主義日本人」が数多く生み出された中、
    国際社会でも十分通用するような、実行力と発言力、そして納得するまで
    徹底的に議論(ディベート)をする力を持っている仲井さんには驚かされました。

    これは橋下さんも同じですが…。

    仲井さんのように勇気を持って告発して下さる先人方がいなければ、
    私たちは今も「アメリカのGHQ政策の洗脳」から、
    なかなか脱却できなかったと思います。

    綺麗事を盾にされ、反論もできずに、
    物凄い「不公平感」や「不平等感」に憤怒たる思いで、生きていたと思います。

    そういう事を振り返ると、仲井さんが裁判沙汰になっても、
    身体を壊すような目に遭っても、一生懸命、日本人の為、国益の為に、
    何十年と戦ってきて下さった「勇気」と「忍耐」には、頭が下がる思いです。

    感謝しかございません。ありがとうございます。m(__)m。

    今、お医者様から「余命宣告」を受けておられるそうですが、
    人は「使命」が終わるまでは、絶対に命の炎は尽きないと聞いています。
    仲井さんのような方は、まだまだこれから日本の為にも、将来の子供達の為にも、
    活躍して頂きたいと切に願っております。

    ご無理をなさらない程度に、様々な情報を発信して行って下さればと思います。

トップへ戻る