「公明、都構想賛成の立場で協議する意向を維新に伝達」との報道。松井代表「僕が直接聞いた事はありません」

朝日の記事ですが・・・
公明、都構想賛成の意向を維新に伝達 反対から方針転換:朝日新聞デジタル

 大阪都構想をめぐり、公明党大阪府本部幹部が大阪維新の会幹部に対し、住民投票実施に向けた協議入りの前提として、都構想に賛成の立場で臨む考えを伝えたことがわかった。複数の関係者が明らかにした。維新は、来年秋から冬の住民投票実施をめざす考えだ。

 公明府本部は11日、4月の大阪府知事・大阪市長のダブル選で維新が大勝したことを受け、住民投票の実施容認に方針転換すると表明したが、都構想の賛否については明らかにしていなかった。

 複数の関係者によると、公明府本部幹部が13日までに維新幹部と接触。その際、都構想に賛成の立場で協議に臨む考えを伝えたという。公明はこれまで都構想に反対で、方針を大きく転換するものだ。両党は今後、幹部間で都構想案づくりの議論の進め方や住民投票の実施時期について協議する。

 また、住民投票の実施時期について、維新の吉村洋文・政調会長(府知事)は13日、「2020年の秋から冬」をめざす意向を表明。公明が都構想に賛成しない場合は、次期衆院選で公明現職のいる関西6小選挙区に対立候補を擁立する考えも示した。府庁で記者団に語った。維新幹部が具体的な実施時期に言及するのは初めて。

 吉村氏は、公明と早急に協議を進めて今月中にも維公の共同記者会見を開きたいと説明。都構想への賛否については「今の(都構想案の)まま賛成しろとは言わないが、都構想反対の立場をいったんリセットして方向性に賛成だと前向きな意見になってほしい」と語った。その上で、「そこが曖昧(あいまい)で玉虫色なら、きちんとケリをつける。(次期衆院選で)6選挙区で全面的に対決するべきだ」と強調した。

 一方、維新の松井一郎代表(大阪市長)も13日、記者団の取材に応じ、公明府本部の佐藤茂樹代表(衆院議員)と電話で協議したことを明らかにした。近く維公幹部が会談するとして、「信頼関係ができれば公明と様々な協議はしたい。今の時点でこちらから衆院(の選挙区)を譲る必要もない」と述べた。

<<下に続く>>


この件に関して5/14の囲みで答えています・・・
(23:06その質問シーンから再生します。スマホの場合、初めからになる場合があります)

公明、どうなんでしょう・・・
にわかに信じられませんね・・・

もし、今夏衆参ダブルになったら
賛成のフリしておいて、6選挙区守ってしまえば、またコロッと態度が変わる可能性大

その為にも公衆の面前で言質取っとかないとダメですよね!

丸山議員が酔って北方領土元島民の方にしてしまった不適切戦争発言 北方領土「戦争で取り戻すの賛成か」議員発言に波紋(テレ朝ニュース) ...

「維新」「増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・大阪府大・市大授業料無償化(2020年度より)
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・中3まで医療費実質無料(高校生は1回500円)
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

トップへ戻る