【オミクロン激増】吉村知事「濃厚接触者2週間隔離では、重症病床が逼迫する前に人手不足により通常医療や保育園等社会インフラが機能不全に陥る事を危惧している。これまでと違う対応が必要だ!」定例会見

記事をシェアして頂けると嬉しいです

吉村知事「第5波デルタ株の時は、重症者が増え重症病床が逼迫し重症医療が滞る危険があったが、オミクロンは、沖縄や海外の事例を見ても重症病床が逼迫する前に、感染者急増による医療従事者不足で通常医療に支障が出ている。これまで(デルタ)と違う対応が必要だ!

この動画は必見です!
大阪における第5波(デルタ)と第6波(オミクロン)との違いを、データにより詳しく説明しています
私の知る限り、日本人の比較データを観たのはこれが初めてです

2022.1.12 吉村知事定例会見


再生が該当位置から始まらない時は、こちらをクリック
<<下に続く>>


大阪府/自宅療養者支援サイト(自宅療養されるみなさまへ)

オミクロンの危機に全国知事会 吉村知事 濃厚接触者の隔離期間、科学的根拠に基づく短縮を | やさしいニュース | TVO テレビ大阪

大阪知事、濃厚接触者の待機期間短縮を国に要請へ - 産経ニュース
オミクロン株が急拡大する沖縄で医療従事者らの欠勤が相次ぎ、「ウイルスの潜伏期間に合わせた対応を考えないと社会が成り立たなくなる。社会インフラの停止は避けるべきだ」と語った。
 吉村氏はオミクロン株の潜伏期間について、最大14日間とされた従来株と異なり、3日間との報告があると指摘。医療や介護、保育など社会生活維持に不可欠なエッセンシャルワーカーらは原則5日間に短縮し、事前の陰性確認で出勤可能とするよう国に要請するという。

吉村知事「症状あれば登校せず検査を」小学校の新学期…オミ株では学校でもクラスター - MBSニュース | Yahoo! JAPAN

 

「維新」「借金減らし増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・大阪府大・市大授業料無償化
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
・特別養護老人ホームの整備促進・入居枠大幅拡大
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

トップへ戻る