「※あくまでも個人の感想です」 テロップで遊ぶ、ある在阪メディア

記事をシェアして頂けると嬉しいです

まあ観て下さい・・・

※残念ながら動画は削除されました・・・

おもろいけど・・・(^_^;)
後々、この方も番組も、自身の首を締めることになるんじゃないすかね・・・(-_-;)

 

「維新」「借金減らし増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・府大市大を統合し公立最大規模・知の拠点「大阪公立大学」に、そして授業料も無償化
・小中学校に授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
・特別養護老人ホームの整備促進・入居枠大幅拡大
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

【維新政治塾】オンライン – DMM オンラインサロン
2012年の開校以来、経験ゼロの初心者から数多くの政治家を産み出してきた維新政治塾がこの度、オンラインにて開校! 政治の第一歩を踏み出したい方から、政策を勉強したい方まで、幅広く皆さまのご参加をお待ちしています。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    更年期障害(私の母の個人的な感想です)のべかこの言う事何か気にしなくても良いと思いますよ

    昔、関西テレビで痛快エブリデイと言う番組がありまして、それの司会をこのべかこがやっていましてね
    その時にしょぼい芸人だらけで時事ネタを扱うコーナーがありまして、どうもこの人はそれが関西の言論的な物の元祖だと思いこんでいて、たかじんさんの番組は自分のパクリだ!!と勝手にライバル視していまして
    それ以降どうもたかじんさんの番組に関係ある物を全て敵と思い込む用になったみたいです

    まぁ、ちょっとした病気ですよ

  2. Dimebag Darrell より:

    何やってんねん・・・MBSは・・・もっとちゃんとせなアカンことがあるやろ・・・

  3. 匿名 より:

    桂南光はこの国会議員を詐欺師云々言う資格がない。
    なぜなら以前からテレビメディア上で反都構想、反橋下、反維新を叫んで多くの大阪市民を欺いた大罪者である。騙した人間の数なら桂南光の方がよっぽど上である。
    毎日放送は頭の悪いエセ咄家に言うこと言わせておいて発言に関して自社は全く関係無いスタンスのつもりでいる。図に乗り過ぎた放送局である。
    しかし、多くの賢い視聴者はこの番組の偏向報道にもう気付いている。
    この先も無責任な嘘を垂れ流し続けるのであれば視聴率低迷の末、潰れればよいだけのことである。

  4. 匿名 より:

    先日のちちんぷいぷい番組中での反維新的発言の南光を見て以来、彼の出てる番組を一切見る気が無くなりました。橋下の足を引っ張ってやる!ありきであんなにもキチガイになれるんですね。声を荒げて格好悪い。
    大阪ほんわかテレビとか、まあまあ好きだったのにな…。もう見ないです。
    本業の落語も見るお客さん減るんじゃないですかね。

  5. 匿名 より:

    まずこのテロップもおかしい。
    反維新の政治活動家の意見とテロップを出すべき。
    中立を装って反維新を叫ぶのはメディア劣化の証明になる。
    ちちんぷいぷいは劣化番組の典型。

  6. 匿名 より:

    フォローする訳ではありませんが
    酔っぱらいのおっさんに話聞いたり長距離歩くロケのコーナーとかその他諸々
    普通のバラエティー番組的な所はマシですよ

    アホなのに身の丈に合ってない時事ネタを偏った知識と思想しか無い石田って太ってるおっさんに牛耳らせ、それのいいなりになってる司会やコメンテーターが飛び抜けて悪いんですよ
    一切その要素を捨ててバラエティー番組として緩い感じに戻れば普通の無害な番組ですよ…

  7. 京都の住人 より:

    桂三枝(文枝)との品の無い争いは言うに及ばず、おのれの立ち位置を理解せず誰かれとなく食って掛かるのはちっとも変っていません。落語協会を無用の産物扱いし、米朝事務所が天下を獲ったのごとくえばり倒しているけれど、落語で天下獲ってないから、廻りから認められていないのを感じているから、こんなお下劣な知性の無い振舞いを見せてしまうのでしょう。おなじ米朝事務所のざこばさんとの違いは、人の意見に耳を貸すかどうかだと思う。彼の言っていることを鵜呑みにする視聴者なんて心配しなくてもいませんよ。

トップへ戻る