吉村市長「(IR誘致)東京・横浜は強力なライバルだ。沖縄・翁長知事はまったくその気がない」定例会見 2016.9.1

「内容」
・防災の日について
・吉村市長がシンガポール共和国とベトナム社会主義共和国(ホーチミン市)を訪問し、トップセールス等を行います
・「ベトナム・ホーチミン市の老朽下水管リニューアルプロジェクト」の実施に向けた準備調査が始まります
・質疑応答

タイトルの部分(35:49)

※画像をクリック(スマホは2回)すると再生が始まります。

会見ハイライト(new shiminjichiさんより)
「IRの誘致、僕が東京都知事だったら大阪を負かせられる」
朝日女子記者「昨日の住民説明会での松井知事の話は偏っていた」

カジノ視察、大阪市長の賭け シンガポール訪問へ(朝日新聞)

吉村市長が視察するシンガポールのIR(統合型リゾート施設)
プールだけじゃない!マリーナベイ・サンズが最高すぎる6つの理由(RETRIP)

この会見のあった深夜にシンガポールへ出発
この前日は・・・
「総合区・特別区(新たな大都市制度)に関する意見募集・説明会」此花区民ホール 2016.8.31
があり、かなりのハードスケジュール・・・

IR(カジノを含む)と言えば、ギャンブル依存症の懸念が取り上げられます・・・

ただ、ここに先入観に寄る思い込みがあります。
「カジノをやるんだから、ギャンブル依存症の人が増える」と・・・

吉村市長が話していたように、市民のすぐそばにギャンブルはあって、ギャンブル依存症の方も、かなりの数存在しています・・・
しかし、現状その対策は殆どなされていません。
依存症で苦しむ人は放置されている状況です。

では、2010年にIR(カジノを含む)を導入したシンガポールは、その後どうなったのか?

海外レポート:シンガポールにおけるギャンブル依存症 NCPGインタビュー

このレポートによると、シンガポールではIR(カジノを含む)導入後、何と!
依存症の方の比率が減少したのです!

何故か?
(行った主な対策)
・カジノ合法化を機に既存ギャンブルも含めて依存症調査を実施
・依存症の調査、対策を一挙に整備。ギャンブル依存症の発症率はカジノ合法化後に低下

IR(カジノを含む)導入の際には、もちろん、しっかりとその依存症をケアする組織が作られます。
そして、その組織は、カジノだでなく、既存ギャンブルでの依存症のケアもしたのです。

カジノ導入を期に、依存症対策に真剣に取り組んだ。
そして、新たに生まれてしまった依存症の方だけでなく、既存の依存症の方も救われた。

このような実例がある事を知り、そしてIRがもたらす経済・文化・技術・雇用などの事も知って、この問題を考えて頂きたいと思います。

IR(カジノを含む)に依存症を持ちだして反対する方は、
既存のギャンブルに対しても
依存症対策をしないなら廃止せよ」と、強く主張してもらいたい!

特に朝日新聞・・・
競馬・競輪のビックレースに冠レースがあり賞を出している。
パチンコ店の折込チラシを大量に受けている・・・

なぜ、カジノだけ、依存症問題で反対するのか?

関連
テレビ朝日は「パチンコ大歓迎」なのに、「カジノ解禁反対」を社説で唱える朝日新聞

スポンサーリンク

日本維新の会」 「大阪維新の会
・幼児教育から大学(私学を含む)まで、口だけじゃない本気の「教育無償化
・将来、不安な年金を、公平で確実にもらえる「積立式の年金」に転換
・少子高齢化に対応し、地域の創意工夫でさらに持続発展できる社会をつくる
・何でも反対だけの無責任野党ではない「提案型責任政党」。しがらみだらけの自民党には出来ない改革を法案にして提出【身を切る改革、維新だからできる。100本法案

【他党が賛同せずとも、公約通り、身を切る改革を実施】
※維新の全国会議員は、歳費の20%を被災地に寄付しています(合計年間5616万円)
衆院選後は、他党が賛同しなくても、公約通り30%削減(寄付)必ずやります!
【しがらみは排除!】企業団体献金も一切受けていません
「維新」がこれまで行ってきた改革の数々

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事を拡げて頂けると嬉しいです

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

     カジノは依存症対策とセットで絶対に日本に導入すべきだと思います。将来もし法改正も実現し、大阪にIR(統合型リゾート)が出来てカジノが誘致できれば、その経済効果は計り知れないですから。

     ギャンブルに対する批判は勿論承知していますが、パチンコ、競馬、競艇が公然と許されていて、カジノはダメだというのはおかしな話です。

     新たにカジノというギャンブルが日本に導入されるというマイナス面よりも、パチンコ等が特別扱いされているのだからカジノの経済効果による利益がもたらされるというプラス面を重視すべきだと思います。

     今までの政治は批判を恐れて各方面に良い顔する政治を繰り返してきた。結果何もしない。問題先送り。それによってこの国は多くのチャンスとお金を失ってきた。

     しかしここは敢えて批判を恐れずに挑戦する。これも維新スピリッツの真髄だと思います。

  2. 仲井 より:

    寝る時間と起きる時間がちぐはぐになって、ここしばらく寝てるのか起きてるのかいつ寝てるのかが微妙です。
    さて、
    ギャンブル依存症と反対している連中は、常にそこだけを取り上げて言っているが、でもここ二十数年を思い起こしてもらいたい。

    全国に存在していた公営の競馬場、また、競輪場、競艇場、
    これらが衰退してきて、若者が地方競馬や競輪場に行かなくなり出し、そのことでそこから上がってきていた収益の収支が悪くなり出し、利益どころか逆に財政赤字が積み重なりだし、各自治体が一体幾ら補助金を出してそれを賄ってきていたことか。

    地方新聞はそのことでこの地域の競馬場へ家族で遊園地のように休日になどは競馬場にぜひ足を運んでください、客の入りが悪くなって財政が困っています。
    地方競馬場を救ってやってくださいと、延命のために!マスコミ新聞テレビで公営ギャンブルをそのころなりふり構わずにこのギャンブル場を残そうと、どれだけそれを宣伝してやっていたことか。
    それをもう忘れたのかねえ。
    都合よすぎないかあ?
    おまら!って言いたいねえ。

    それが、何、ん ????!
    ギャンブル依存症になるから反対だあ???
    お前ら一体何を今さら言ってんだよ!って。

    まあ私的にはあのころのあの風情ある地方競馬のあの雰囲気は何とも失い難いものは有ったがねえ。

    当時、地下足袋姿の頭はくしゃくしゃで寝癖そのままの無精ひげを生やし蟹股での咥えたばこで吐く息は冷え凍え真っ白で寝起きのそのままの顔をしたどす汚れた革ジャン姿の「馬喰」(=人は調教師ともいうが私には馬喰としか思えなかったが)が、厩舎周辺で競走馬を縄でつないでまだ薄暗い早朝に、この時間に軽い歩行での馬と並んで歩く後ろ姿は、ちょっとした風情があって、写真に収めたいぐらいの一種独特の温ったかい仕事人の姿を見る思いで、その光景があそこにはあったもんだ。

    全国に、各自治体で、ものすごく多くの競馬場も競輪場も抱えていたが、もう今となっては、見る影も無く合理化で衰退し相当数が廃止、廃場になった。

    今新聞社やテレビ局がやれギャンブルはダメだなどと幾らきれいごとを言っていても、つまりそれらで当時は客を入れ込んでその人らが出す資金でそこから上がる資金でそれを税金の足しにと、まあ言えば国民からギャンブルで金を集めていたのだ。
    それをこぞって応援していたのも実は地元の新聞テレビ局だったのだ。
    記事で紙面が埋まらなくなるのも嫌だったのだろう。
    だがそれだけではないのは見え見え。

    大阪近辺でも多くの公営の競馬場は廃止されているし、競輪場もだ。
    これは全国の流れだった。
    赤字路線は抱えきれない、税金投入には負担が多きすると。あの田中真紀子さんでさえ地元ギャンブル場を廃止に動いたほど。

    今の若者にはそれだけの魅力を感じない施設になりだしているのだろう。

    或る時期からギャンブルは、コンピューターによるものに替った。
    若者は、いや今の富裕層と言われる層は、場外でのギャンブルよりも、屋内で出来るギャンブル施設を求めだして来ている。

    大衆の目の見えるところでのギャンブルというよりも、自分の世界でのギャンブル、手法、まあ言えばこれが自分個人でその楽しみを味わうという方向に、別にみんなと一緒にギャンブルなどという具合だ。
    風潮が変りだしている。

    スポーツはいざ知らず、ギャンブルする姿を、みんなで手を叩いてみんなと一緒に同じ主役を応援するという、そういう一斉にみんなでどれかを応援する、それを自分以外の者と同じ状況で一緒に大勢でギャンブルをというのはちょっと違う時代に入った。

    そういう種類から、今どきのギャンブルは、そこからは既に外れてきている。
    今の時代は、ギャンブルというとらえ方が、すべてみんなの見えるところでというよりも、極限られた空間で、それを遮蔽された場所で静かに楽しむという、人間社会がそういう趣向に替りだしたのだろう。

    人間が昔と違って楽しむ対象をうまく区分をしだした世の中になりだした。

    昔はそこら辺の長屋の連中がだべりながらいつの間にか将棋を囲み、家の軒下でおっちゃんらが将棋や囲碁でのちょっとした物を掛けてやってる姿をちょこちょこ見たりもしていた。
    何にでも賭けてやったりしてた時代が有った。
    そういう時代には、田舎のちっちゃな其れこそ競馬場や競輪場へ、普段の仕事の現場からそのまま汚れた汚い長靴を履いての、それで何の恥ずかしさも感じずにギャンブルに、掛け事に没頭している人らが大勢居てるという時期がああいう人らには有った。

    それらのギャンブル場に通っても恥ずかしいなど思っても居なかったそのおっちゃんらが、今では衣服もそれなりの服を着て競馬場競輪場に行っている。

    もう時代が変わったのだ。

    カジノカジノカジノとばかりを表で叫び、ことさら悪の象徴のようにこれが悪の象徴のように書き立て吠えまくるマスコミメディアの、そこが出している新聞を、お前らが出している毎日毎日のその新聞紙面を見てみろよ!って。

    スポーツ新聞の紙面のどれだけの面積を日々毎日のようにこのギャンブル内容が占めていることか。あとは女のエロ内容ばかり。
    下種の極みはお前らの方だろうが!って。

    反対の理由はもう一点だけ。つまりは彼らはパチンコの営業が一番気になっているのだ。
    北朝鮮に送られる資金、これが減るのではないかと、ここだけが実は彼らは怖がっているのだ。
    祖国からの強硬な命令、新聞社テレビ局にやってくる北からの指示、指令、命令には、彼らはそのままには出来ないのだ。家系がまだ祖国で残っているからだ。
    幾ら縁を切ろうとしても家系図を握られている新聞テレビ局は何百年以降が絶対に逃げられないだろう。
    戸籍を持つ朝鮮官職の身分の家系出及び奴隷身分の家系の者の、この身元の家系図は、戦後になってからもずっと北はきっちりと握って離さないのだ。
    北朝鮮制裁が厳しさを極めだしたが、でもまだいまだにこのパチンコから生まれる資金が莫大に北に流れている実態がある。

    金正恩から相当”はっぱ”をかけられている日本の新聞社、テレビ局、とにかくパチンコ以外のギャンブルが増えることを異常なほどに怖がり、これを何とか金欲満々の首領の気に入るように、これら他に資金が流れるものをただの一つでも取り除こうと、金正恩に気に入られようと、もう必死になっている。

    心配しなくても今パチンコ屋に通っている連中など間違ってもカジノになど入っていかないのにさ。

    現状北朝鮮に流れていく資金の原資は、生活保護資金とわずかな年金だけを握ってパチンコで打ってるだけの者らが出すお金であり、こんな連中はカジノに足など向けないのにさ。

    彼らは将来カジノ誘致(本当は総合施設の方が意味は大きいんだが)での良さが国民に少しでも認知されれば、その煽りでパチンコ業界への国や公安からの法規制や監視体制、違法行為取り締まり等、これらのいままでやりたい放題やらせ放題だったこのパチンコ業界を、根本から規制、行政指導、罰則がきつくなるのではという危惧も持っているようだ。

    だから日本の大手の朝鮮族の新聞テレビを、北は思う存分【お前らは日本国籍を持っているようだが本当は朝鮮民族じゃあないか、協力しないとお前ら全部日本の国籍を騙し取った朝鮮人だと国民に全てをバラすぞ!】と、
    裏から北は、
    【身元が朝鮮族だとバラすぞ!】と、これで脅して、それがバレるととんでもないことになるので、彼ら日本の新聞テレビは一斉にそれを怖がり、それをまんまと北朝鮮は使って、日本の大手朝鮮民族の新聞テレビを大いに使って思うように動かせようとああいう状況でことあるごとにやれ反対だと、
    「ギャンブル依存症」などという内容を出してきて、奴らが出せるものはそれしかないんだがそれを出して来てやらせているのだ。

    金も何にも使わずに、
    ただ【バラすぞ!】の一言だけで、この脅しだけで日本の大手新聞テレビ局がそれを言うことを聞くんだから、応えているんだから、北朝鮮は或る意味凄いよなあ。

    日本の新聞テレビが必死になって北朝鮮の言いなりになってるのだ。

    やれギャンブルだギャンブルだ、破滅だ、依存症だとことさら煽り立て騒ぎ立て、結果違う施設は日本国内には絶対に入れない、追い出して来させないようにとやってるだけ。
    カジノカジノというが、実は付随している総合施設のこの組織の施設の国家に与えるプラス面は、色々な面でも、計り知れない。

    まず第一に誰もが、政治家も経済界もあらゆる連中が唱えて来てもまだどこか内向きな日本でそれがもどかしげにうごめくだけで何か物足りないままここまで来ていたこの社会を、これを一気に飛躍的に変えていくかもという期待はものすごいものが有る。

    教育と礼儀と勤勉さで、先端技術のすばらしさで持ってきたこの日本の、いつも言われていてまだ不十分だったこの完全グローバル化を、これをこの大阪に「IR」を誘致で、これでほとんどの海外への窓口の壁は日本に於いては無くなり、一気にその乗り越えられなかった世界への壁を、もう壁を取っ払える戦後最大の機会だ。

    このIRを引き込むことでのその効果は、国際化という部分がもう格段に、最速超特急ですっ飛ぶように前に進むであろう。医学、科学の分野でも。交流も格段に広がり人口流通も増殖していくだろう。

    或る意味、殆どの部分お金も向こう持ちで、日本はただ規制部分を考えて場所を提供し、固まっている外国企業への規制も解除さえすれば可能な状況で、これほど前向きに行える大事業は、そうそこらにはいま見当たらない。

    空港もあり、ハブ化しており、大阪はそれこそ夢が広がる。
    IPS細胞の臓器を作り出すという夢の世界までも実現に於いても、この大阪の夢洲はこれほど条件が整った内容はそう機会はない。

    不具合が見つかればその時点でまた時のトップがそこは考えればいい。

トップへ戻る