(大阪都構想1分ガイド)「市長はいなくなるの?」

(朝日新聞より引用)
(大阪都構想1分ガイド)市長はいなくなるの?

 橋下徹大阪市長は「人口260万人の大阪市に市長1人では少なすぎる」と指摘する。大阪都構想が実現すれば2年後に大阪市はなくなり、橋下氏は「クビになる」という。市長に代わって誕生するのが特別区の5人の区長だ。

 現在、市内にある24区の区長は市の職員で市長の部下だが、特別区長は市町村長と同じ独立した存在。職員を動かしたり予算をつくったりする権限があり、独自のサービスを打ち出せる。5人の区長を置くことで、市長1人より住民のニーズを把握しやすく、より身近な行政運営ができる、と橋下氏は考えている。

 区長は特別区ができてから50日以内に選挙で選ばれる。それまでの間は、市長が仕事を代行する。府知事はそのままで、大阪府の名称が「大阪都」になれば、年内に行われる予定の府知事選で決まる次の知事が初代「都知事」になる見通しだ。(引用終わり)

【わかりやすい】大阪都の特別区の区割り図(サムネイルクリックで拡大)

(うらしまさん作成。ありがとうございます。拝借致しました。)

「大阪都構想1分ガイド」シリーズまとめ

大阪都構想タウンミーティング動画集
http://oneosaka.jp/shishinokoe/new.html

関連
3/7 大阪維新の会「大阪都構想・丸分かり説明会」橋下市長・松井知事他(東成区民センター)

「維新」「増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・大阪府大・市大授業料無償化
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

トップへ戻る