【おさらいしよう!】(一から都構想)「3.特別区って何?」(産経新聞)

【一から都構想(3)】「特別区」って何?(産経新聞)

(以下引用)
特別区のイメージ(画像リンク)

とし君 大阪市には今でも「区」がありますよね。大阪都構想の「特別区」とどう違うんですか?

まち子先生 24ある今の区は「行政区」といって、約267万人の人口を抱える市の行政運営を効率化するための区分なの。区長は市の職員で、市長の部下だから権限が限られるのよ。

とし 特別区になると、区民が区長を選挙で選ぶことになるんでしたよね?

まち その通りよ。特別区は東京23区みたいに独立した自治体になるから、区民が選挙で選んだ区長は、ほかの市町村長と同等の権限を持つことになるの。

とし つまり、区長が市長の部下から、区民のリーダーに“出世”する、ということですね?

まち そうなるわね。

とし 特別区になれば他にも権限が増えますか?

まち 区ごとに議会がつくられて、区民が選んだ区議会議員が予算などについて議論するから、税金の使い道を独自に決めることができるのよ。教育委員会も区ごとにつくられるから、今みたいに行政サービスがどの区でも一律というのではなく、より地域のニーズに合ったサービスができるとされているわ。

とし なるほど。でも水道事業など今、市がやっている事業すべてを5つの特別区が新しく始めるとなると、かなりの手間とコストがかかりそうですね。

まち だから水道みたいに共同運用した方が効率的な事業は、5つの特別区で共同で「一部事務組合」を作って運営することにしているの。ただ、組合は法律的には自治体と同じ扱いなので、都構想反対派は、二重行政の解消どころか大阪都(府)と特別区と一部事務組合の“三重行政”になると批判しているわ。

とし いろんな意見も聞いた上で、慎重に考えないといけないですね。(引用終わり)

(管理人の補足)
一部事務組合については、ごみ焼却処理事業について、すでに大阪市・八尾市・松原市で設立して運営しています。
都構想ならではの制度ではなく、行政効率化の為、普通に多くの自治体で行われている制度です。

「何で特別区の数は5つなのですか?もっと多くてもいいのでは?」(都構想・住民説明会・質問集)

【おさらいしよう!】(一から都構想)「2.区割りや住所はどうなるの?」

関連
【だまされないで!】大阪市内にあふれる、都構想のデマ・デマ・デマ・・・
【都構想・住民説明会】「皆さんの不安や疑問に、橋下市長が丁寧に答えました」(質問回答集)

スポンサーリンク

日本維新の会」 「大阪維新の会
・幼児教育から大学(私学を含む)まで、口だけじゃない本気の「教育無償化
・将来、不安な年金を、公平で確実にもらえる「積立式の年金」に転換
・少子高齢化に対応し、地域の創意工夫でさらに持続発展できる社会をつくる
・何でも反対だけの無責任野党ではない「提案型責任政党」。しがらみだらけの自民党には出来ない改革を法案にして提出【身を切る改革、維新だからできる。100本法案

【他党が賛同せずとも、公約通り、身を切る改革を実施】
※維新の全国会議員は、歳費の20%を被災地に寄付しています(合計年間約5000万円)
衆院選後は、他党が賛同しなくても、公約通り30%削減(寄付)必ずやります!
【しがらみは排除!】企業団体献金も一切受けていません
「維新」がこれまで行ってきた改革の数々

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事を拡げて頂けると嬉しいです

フォローする

トップへ戻る