【どこよりも分かりやすい!大阪都構想】「特別区って何?」(その1)

分かりにくいと言われる「大阪都構想」・・・
実は、そうではありません。主な目的は2つだけ。

「二重行政のムダの解消」(税金の無駄遣いの解消
「住民自治の拡充」(住民の声をくみとり、応える仕組みを作ること

しかし、チラシなどが大量に配られ、情報が氾濫・・・
「何が何だか分からない」状況を作っています。

一度、チラシなどの情報は忘れて、基本をしっかり理解すると、
都構想が良いのか?悪いのか?判断しやすいのかもしれません。

普通は二重行政の部分から説明しますが、
市民に直接関係のある住民自治の拡充(住民の声をくみとり、応える仕組みを作ること)から説明した方が分かりやすいと思います。

まず、この動画をご覧下さい。

いかがですか?
人口268万、巨大な大阪市が抱える問題・・・
お感じになられましたか?

生まれてからずっと大阪市と言う人は、これが当たり前、問題に感じた事は無いかもしれません。
しかし、全国的に見ても、大阪市の周りの市と較べても、268万人に市長1人は、実は「異常な状態」なんです。

「いや待てよ・・・
大阪には区が24あって、区役所もあって区長もいるやん。
なんかあれば、区長に言えばやってくれるんちゃうの?」

確かにそうですね(^_^;)

では、分かりやすく例えて説明します。

「ユニクロ」は、ご存知ですよね?
大阪の区役所は、ユニクロの1店舗にみたいなもので、
区長は、そこの店長と考えてみてください。

ユニクロの特徴として、各店舗の品揃えは、ほとんど変わらず画一的です
今の大阪の24区役所も同様です。提供している住民サービスは、地域の特徴に関わらず、ほぼ画一的です。

例えば、お客さんが、こんな商品を作って販売して欲しい。
と言っても、ユニクロの店長では処理できないでしょう。
上司である、本社(市長)に話を上げて判断を待つしかありません。

そして、その店長、いくら評判良い人でも、本社(市長)の意向で交代させられてしまう。
お客さんの意見は、一切考慮されません。
店長は、単にお店の管理者。
大阪市の区長も、同様で区の管理者にすぎません。

この区長に住民がいくら話をしても、管理者ですから自身で問題は解決できません。
今の区長では、いくら24人もいてもダメなんです。

結局、268万人の大阪市には、問題解決できる人間が「1人」しかいない。
268万人分の要望が、たった「1人」に集まるわけです。

因みに、平成26年度の記録ですが、処理したものだけで、要望件数は年間21000件超えです。
これを市長1人で処理している訳です。
もっと要望は来ているんでしょうけど、市長と市役所をフル回転しても、ここが限界でしょう。

大きすぎて、市民の要望に、物理的に答えられない状況になっている・・・
と言う事です。

京都府は、そういう問題解決できる人間が、263万人に「26人」います。
また、大阪市の隣接する、吹田市は36万人に1人、八尾市は27万人に1人いるわけです。

大阪市の問題、ご理解、ご認識頂けましたか?

その問題を解決しようとしたのが、大阪都構想で、
大阪市を、5つの特別区に変えるというものです。

では、特別区とはどういうものか?

その2、に続く・・・
【どこよりも分かりやすい!大阪都構想】「特別区って何?」(その2)

関連
【都構想・住民投票】大阪市民の財布から「920億円」消えていくのは、ご存じですか?
(都構想)【デマを信じたり、分からないから反対】でも、その後の責任を取るのは「あなた」です
池上彰テレビ特番「大阪都構想を、わかりやすく解説」

スポンサーリンク

日本維新の会」 「大阪維新の会
・幼児教育から大学(私学を含む)まで、口だけじゃない本気の「教育無償化
・将来、不安な年金を、公平で確実にもらえる「積立式の年金」に転換
・少子高齢化に対応し、地域の創意工夫でさらに持続発展できる社会をつくる
・何でも反対だけの無責任野党ではない「提案型責任政党」。しがらみだらけの自民党には出来ない改革を法案にして提出【身を切る改革、維新だからできる。100本法案

【他党が賛同せずとも、公約通り、身を切る改革を実施】
※維新の全国会議員は、歳費の20%を被災地に寄付しています(合計年間5616万円)
衆院選後は、他党が賛同しなくても、公約通り30%削減(寄付)必ずやります!
【しがらみは排除!】企業団体献金も一切受けていません
「維新」がこれまで行ってきた改革の数々

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事を拡げて頂けると嬉しいです

フォローする

トップへ戻る