大阪都構想関連【大阪市議会の不都合な真実】(辛坊治郎 ズーム!そこまで言うか)

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ラジオの放送ですが、それならではのテレビでは出来ない、かなり切り込んだ話もしています。

大阪市役所の特殊性・・・
大阪市議会に潜む根本的欠陥…
そこにどっぷり浸かった先生方の本音…
政治家・橋下徹誕生秘話…

※残念ながら動画は削除されました・・・

公明との協力関係が、いかに大事だったか…
ホントよく分かります。

 

「維新」「借金減らし増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・中学生塾代助成制度(月額1万円)※2023年度から小学5・6年生にも拡大
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・府大市大を統合し公立最大規模・知の拠点「大阪公立大学」に、そして授業料も無償化
・小中学校に授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
・特別養護老人ホームの整備促進・入居枠大幅拡大
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

【新・政策目安箱】日本維新の会にどんな政策を期待しますか? | PoliPoli

【維新政治塾】オンライン – DMM オンラインサロン
2012年の開校以来、経験ゼロの初心者から数多くの政治家を産み出してきた維新政治塾がこの度、オンラインにて開校! 政治の第一歩を踏み出したい方から、政策を勉強したい方まで、幅広く皆さまのご参加をお待ちしています。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    辛坊さんは旧自治省がやったんだろうみたいな
    発言されてますが、これはGHQが仕組んだ
    ものです
     日本弱体化を狙い行政側でコントロール
    できるように仕組まれています
     当のアメリカでさえ今では名ばかりの
    民主主義になっていて、みんな民主主義
    だから、選挙してるから正しいと勘違いさせ
    られています

  2. アンパンマン より:

    今まで協力関係にあった公明党が何故裏切ったかの真の理由が、辛坊治郎の解説で語られているんだと思っています。

    4つの区割り案を1つの案に絞り込む(厳密には"議論を集中"させる)のが何故拒否されたか?
    政令指定都市では、議会議員の選挙が行政区(中央区とか西成区とか)単位の選挙区で実施されますが、都構想成立後の特別区では、(政令指定都市以外では当たり前ですが)再編された特別区全体が選挙区となります。

    つまり「区割り案の絞り込み」は、そのまま「選挙区案の絞り込み」を意味し、議員達の利害関係に土足で踏み込む行為だから党内をまとめきれなかったのだろうと推察します。

    法定協の資料を見ればわかりますが、都構想の種々の課題が取り上げられ済みであり、都構想の設計図として不足している大玉は「選挙の設計」のみでしょう。
    (細かな詰めは残っているのでしょうが、東京都の成立時、つまり東京府と東京市の統合時は閣議決定のみで実施されたコトを考えると、細かな詰めなどは「エイヤッ!」で実施できるコトだとも言えるのでは?と思っています)
    だからこそ、橋下徹は「区割り案の絞り込み」のコノ段階で腹を括られたのだと推察しています。

トップへ戻る