大阪都構想の住民投票、創価学会は「自主投票」

記事をシェアして頂けると嬉しいです

(産経WESTより引用)
大阪都構想の住民投票、創価学会は「自主投票」

 大阪都構想の是非を問う住民投票について、公明党の支持母体である創価学会が、自主投票とする方針を公明大阪府本部に伝えていたことが27日、公明関係者への取材で分かった。公明は住民投票実施に賛成へと方針転換する一方、都構想自体には反対の姿勢を示しているが、住民投票で学会票が一定程度、賛成に回る可能性がある。

 公明関係者によると、26日に大阪市内で開かれた学会と公明府本部の幹部会合で自主投票の方針が伝えられたという。学会関係者は「過去の住民投票でも自主投票だった。党の議員を支持する選挙とは違うため、縛れない」としている。

 公明は昨年末、学会の意向などを受けて住民投票実施に賛成する方針に転換。一方で、住民投票では反対運動を展開する意向を示していた。府本部幹部は「都構想に反対していく方針に変わりはない」としているが、学会関係者は「反対運動に協力することも難しいだろう」と話している。

 都構想をめぐっては、公明の方針転換により、今月13日の法定協議会で協定書(設計図)が決定。今後、大阪府市両議会の2月定例会での議決を経て、5月17日に住民投票が行われる見込みとなっている。(引用終わり)

未来の事をしっかり考える学会員の方は、懸命な判断されると信じています。

タウンミーティング質問コーナーより
私は公明党で創価学会です。でも直感で橋下さんしかいないと…(youtube)
(橋下市長)僕は決して、創価学会の皆さんとけんかするつもりは無い。

大阪都構想紹介動画・最新バージョン

関連
【都構想】「橋下市長に、ズバリ聞きたい!」街頭TM質問コーナーダイジェスト動画集
「橋下市長が答える!都構想についてのさまざまな疑問・・・」街頭TM質問コーナーダイジェスト動画集
シリーズ「大阪都構想をやらないメリットを考える」(その1:大規模開発編)
菅官房長官「安倍総理も自民党本部も都構想に賛成している」9/9 定例会見 動画

 

「維新」「増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・大阪府大・市大授業料無償化
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    橋下市長がこのブログに言及してましたよ。
    自分もいつも参考にさせてもらってるんでこれからも頑張ってください!

    橋下徹
    ここまでまとめて下さって感謝です。僕も参考にさせてもらっています。引き続き、よろしくお願いします!!

  2. 匿名 より:

    僕も橋下さんツイッター見ましたw
    なにか感動しました^^

  3. 先憂市民 より:

    橋下さんのツイートに、コメントを下さった方々。
    そのツイートをRTしたり、さらにメッセージまでくれた皆さん。

    本当に、ありがとうございます。

    皆さんに、そんな風に思って頂いてたなんて…
    ホントうれしかったです。ウルッと来ちゃいました(泣)

    つたないブログですが、これからもよろしくお願い致します<(_ _)>

トップへ戻る