【都構想】維新・公明合同「まちかど説明会」松井市長・吉村知事、公明大阪:佐藤代表・土岐幹事長

記事をシェアして頂けると嬉しいです

10/12 都構想・住民投票(11/1投票)が告示されました!

(都構想)特別区設置住民投票∥大阪市選挙管理委員会
期日前投票は10/13~10/31まで。投票所等において様々な新型コロナ感染症対策が講じられます

維新・公明は
都構想の意義・必要性を「都構想まちかど説明会」で訴えていきます!

その初回が、聖地・なんば高島屋前@中央区で行われました

維新の街宣車に公明議員が乗って一緒に訴えた、歴史的「説明会」
是非、ご覧下さい!


<<下に続く>>


松井市長「都構想は大阪市内の方がプラスアルファが大きい
【都構想】松井市長・吉村知事「須田さん、デマに騙されています!大阪市は損しません!」須田慎一郎 動画 (ニューソク通信社)

コンパクトにまとめられた(20分弱)の公式説明動画
まずはこれから!【都構想「公式」説明動画】大阪府市・副首都推進局

皆さんの疑問や質問にお答えします!
「大阪市公式ページ」大阪市:疑問・質問Q&A
「大阪維新の会特設ページ」大阪都構想特設サイト|都構想Q&A

都構想 ご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせください!

大阪府・大阪市副首都推進局 問い合わせ担当
TEL:06-6208-8989

市民からの意見を受けて(市長メッセージ)  特別区制度(案)に対する市民意見募集では、制度に対する意見に加えて、「都構想ではなくコロナ対策に全力を尽くすべき」といった意見が多く寄せられました。 コロナ対策については、これまでの間、かつての..
無駄や政治の停滞のもととなる「二重行政」 275万大阪市民の広域行政・住民サービスを「たった1人」で行わなければならない大阪市長 ...

コメント

  1. 仲井 より:

    私が見た選挙で、大阪維新と公明党が同じ街宣車の上で同じ支持で選挙活動をやっているシーンを初めてみた。
    私もちょっと戸惑ったがでも今回の都構想においては賛成多数で成立しこの大阪をわれわれが診てきたかこの万国博以降の昭和50年代に入ってからの大阪にだけが絶対に戻してほしくない。
    東京・名古屋・横浜・福岡と、なぜか大阪をすいすいと抜き去るこの状況は一体何なんだ!と、
    大阪の中心である大阪梅田駅からバス停一つを乗り下りたらそこには20軒長屋の平屋の終戦時に掘っ立て小屋状態で建てられた未収の長屋が漫然と残るというもうそら東京になど叶うはずもないと、大阪の政治家らはただあの時の万博で潤ったそれだけに食いつきそれで得た資金税金をもうこいつら政治家や特定の連中らで貪り食って公務員までがそこに倣い公務員間がその理研のために大手を振って遊びながら選挙運動だけは血眼で走り回るというもう大阪の将来などだれも見つめないとんでもない土地に落ちぶれて言っていた。
    大人の世界が落ちぶれて怠ければ必ず組合公務員庁瀬bン民族が台頭してきて結果都市の発展の将来への政策などは皆無でただ楽をして何もせずにただ公務員は遊び惚けて理研だけむさぼり状態というもう年とすれば最後の最後の末期状態まで落ちぶれていた。

    公務員は学歴詐称までして数百人もが騙して公務員に採用され、コネで騙して公務員に採用させもう詐欺師と前科餅の連中が市政府政行政をやってる状態。
    政治家は彼らを使い利権をむさぼり状態。(大阪南港開発高速道路第三セクターで予算から56億円もが公務員政治家へとキックバックが流れた=その現金を自分が個々に配ったという本人の小柄な茶髪の当時60歳くらいの土建屋が私に語ってくれた)

    そこに付け込みむさぼる朝鮮民族という構造が大阪の万博という降ってわいたようなとてつもない金額の税金が大阪近畿に入ってきたために結果それに胡坐をかいてそれ以降政治は何にもせずに、また公務員は輪をかいて周りに倣って癖になったように連日接待接待での予算からのキックバックに明け暮れた30年間ほどだった。
    日本で小泉政権が始まるころには、もう大阪は死んだも同然であった。
    誰もが大阪を大都市大阪経済の協力都市、政治行政が国民目線でしか発想しない構造にと変えてやると出てくる政治家がこの時期までまだ大阪にはだれも出てこなかった。
    大人が政治家が公務員が企業が学校が腐っていけば体たらくになれば機動力が出ていなければ当然子供の教育私生活の乱れ学校現場での卑劣ないじめ等が起こりだしもう最悪の上にまだ最悪が重なり一体どこから手をつけていいかわからぬほどとんでもない状況が実は平成の初めごろまでずっと続いていた。

    昭和45年のあの万国博がもしも大阪で行われていなかったらと思うと私はもうぞっとする。
    あの万博で少しは貯金ができだがその貯金だけを使っていくだけで新しい先への政策はすべてがキックバックがそこに存在する政策しか出してこなかった。

    学校は腐り果て教師は朝鮮民族教師ばかりになり、もうここは、大阪は、本当に日本の大阪なのかと思ってしまう程に腐り果て大阪府民や市民がそのあたりから利己的思考が激しくなりだし、そのあたりまで来て周りを見てみたら大阪が大阪が悲しいことに卑劣な都市へと変貌していっていた。
    特に学校現場がもう最悪の卑劣な動きが蔓延しだした。
    教師も生徒においてもだ。それに加わる婦警父兄である大人においても、テレビにおいてもだ。そこらじゅうが利権と接する狙いの卑劣さが目に余るほどに蔓延しだした。
    地域町会から商店街振興会から病院、学校、挙句にはテレビ局までもが姑息に下さいと言い出しもうこんなところまでが税金をクレ、クレという声まで上げだした。

    その税金でだれそれを助けてあげてくださいはなくて自分に回ってくる計画ばかりの施行をめぐらす卑劣な地域にへと変貌していった。
    その典型があの交通機関無料扱いで発行されていたとんでもない行政の老齢パス。

    ここに橋下さんが出てきて周り中と喧嘩喧嘩の連続。
    そらそうだ奴ら自分らが大阪がつぶれるほどまであった資金を食いつぶしそれがまだ湯水のように国から湧いてもらえると思ってやっていた時期、湯水のように受け取れていた不法資金がこぼれて来なくなることにもう気が狂ったようにテレビ迄加担して橋本行政改革を潰しに来た。
    こういう反対活動は常にやるというもうまさにまるで南朝鮮の韓国のローソクデモと全く同じの顔ぶれも言ってることももう民族迄同じ連中がやりだした。

    大阪だけ大阪梅田駅という中心地から500メートルもバスでいけば平屋の昔ながらの一軒長屋が並んで一帯が存在するなどということが起きていた。世界中のワシントンであろうがニューヨークであろうが一番中央の中心駅からバスで500メートル離れたらもう終戦のころに残されたような一見間口の一軒長屋が数十軒も列をなして鎮座しているなど聞いたことも見たjこともないこれが今から20年近く前までの大阪の実態だった。
    昭和45年頃に大阪万博で大阪がしこたま稼いだ金は一体大阪の政治家大阪の行政の連中よどこに消えたかを、応えてみろよ!
    あの時の金が不通にあれば大阪府科一帯はもう平成に入るまでの日本で東京に負けないくらいの感染が網のようにめぐらされインフラ都市構造ももう東京と変わらないくらいになっていたはず。
    いやもっと大都会になっていたはず資金的も財政的にも。

    松井さん吉村さん、
    本当にありがとうございます。
    死ぬまでに何とか大阪が普通の街普通の都会の構造を保てる都市になってその姿を見てから死んでいけそうです。

  2. 仲井 より:

    夕方、薄暗くなるころに、吉村さんの街頭演説を見に行ってきた。
    本当に政治家になられて自信と発言に凄い説得力があった。
    ここ最近政治家で、日本で、松井さんとともに、あれだけ普通にスーッと話していることがこちら一般国民に耳に入ってくる人物、説明が脳の中に滑らかに受けて、聞いていて心地よく感じる政治家は見当たらない。

    心地よくということは語っていることに誤差がこちら側との間にみじんもないということ。
    言ってること説明されていることはまさに一言一句どこも何も言うこともなくすべてが納得であった。
    本当にすごい政治家になられた。
    一人の人間からわずか数年で、これだけ大きく見えるこれだけ人を納得させられる、こういう人はそうはいない。
    まあ年代的にも私の息子世代で、でも吉村さんは、もう100倍以上に大きく見えてくる。
    数年前に、吉村さんはもう普通の人という立場ではないので、こちらに、直接メールは絶対に出さないようにしてくださいと、お願いしたあのころを思い出す。

    大阪都構想で「大阪を日本から切り離して独立国家にするつもりか」などというもう想定外のことまで発してばかげた連中もいてるようだが、まあそういう輩は日本民族ではないのでほっといて無視で身体だけには松井さんともども気を付けてください。
    運動をされて協力されている方も大勢おられたようで本当に皆さんにも感謝です。

    吹田のアサヒビールの社員が昭和42年頃だったか飲んでいる店でその社員が「大阪にはスラム街が相当ある、西成の次は天六や」って。
    「これだけ売春宿が乱立して組事務所が多いのは西成の次が天六や」といっていた時期がある。確かに当時の大阪はまだ万博前でその数年後に万博がありそこで泡の銭が大阪に集中的に入ってきてそこに一斉に朝鮮民族が公務員から企業から飲み屋街までもう日本人などどこに凍てるのかと思うほどに朝鮮民族の羽振りが急激によくなりだした。

    そういう状況だったから後のそれ以降の大阪は一切そこから新しい者が生まれず今の朝鮮韓国と同じでただ食いつぶすだけの消耗していずれは破綻へとちょうど宝くじに当選した人物がのちに破産していくのと同じ状況が大阪で起きていた。
    大田知事磯村市長平松市長ここまではもう本当に金が足りなくンあれば国に泣きつく上がってくる金は天下りが吸い込んで食いつぶすそれに輪をかけてマスコミメディアまでがシロアリの様に食いつき典型例が大阪地下鉄の中に天下った毎日新聞の連中。
    毎年次々と天下って暴利をむさぼっていた。

トップへ戻る