5/8 橋下氏Twilog part.2「取材することを特権だと勘違いしているようだ。まずは人間対人間のマナーを勉強しろ。」

記事をシェアして頂けると嬉しいです

引用

MBS放送のボイスは権力チェックに必死過ぎて、権力批判が自己目的化しちゃっているからしょうがないけど、それにしても今日の記者は酷かったな。 http://t.co/EdbDuFwJ via web毎日毎日、朝と夕方こんなやり取りやっています。それと週に一度の記者会見。

陰山委員長、このやり取り見てく下さい。 http://t.co/EdbDuFwJ via web教育委員会会議で中原校長の口元チェックは問題ないと教育委員会が確認したことが如何に世間に対して響いていないか。教育委員会は何ら問題ないとしているのにメディアはこれです。

中原校長の口元チェックの最終責任者は教育委員会です。教育委員会が決定し、方法についても教育委員会が確認した。それを他の校長がやり過ぎだと言っていることをもってMBSはやり過ぎじゃないかと批判に出ています。これ、また教育行政のマネジメントの問題です。

陰山委員長、教育委員会が中原校長の口元チェックは何ら問題ないと確認したのに、校長がそれは問題だとアンケートに答えることは、これは組織のルールを逸脱していますよ。各校長も批判をするなら中原校長を批判するのではなく、教育委員会を批判しなければならない。府立校長はそのことすら知らない。

教育委員会会議で口元チェックは問題ないと確認したことで全てが終わったと言うのは甘過ぎます。府立高校の校長は口元チェックはおかしいと、仲間の足を引っ張ることを平気でやる。中原校長に対して同僚と言う意識は全くないようです。

君が代の起立斉唱の職務命令について府立高校校長間で認識を共有できていないようです。中原校長の口元チェックは何ら問題ない。これが教育委員会の決定・確認です。それが組織に浸透していないようですね。

http://t.co/EdbDuFwJ それでこのMBSの記者。最後に「これぐらいにしときます」だって!こらあ!吉本新喜劇でも笑いになるようにするぜ!この記者は、社会人としてのマナーが全くない。取材することを特権だと勘違いしているようだ。まずは人間対人間のマナーを勉強しろ。

http://t.co/EdbDuFwJこりゃやっぱり小学生市長。MBSのボイス(10日18時放送予定)では巧みに編集されてボロクソ批判放映になるな、こりゃ。

http://t.co/EdbDuFwJこの記者の失敗点は知らないことを知らないと認めなかったこと。プライドでしょう。この記者は取材しに来たのか、論戦しに来たのか。社内では敏腕記者とでも言われていたんでしょう。知らないことは知らないと言った方が得ですね。

そして君が代起立斉唱問題、中原校長口元チェック問題だが、権力批判系メディアの最大の誤解。起立斉唱を決めたのは2002年の大阪府教育委員会決定。しかし現場では全然守られていなかった。そこで仕方がないから大阪維新の会が2011年に条例を作ったのです。

起立斉唱の職務命令を出したのも教育委員会。中原校長の問い合わせい対して口元チェックを認めたのも教育委員会。中原校長の口元チェックが問題ならまずは教育委員会を批判すべき。教育委員会は中原校長の口元チェックは何ら問題なしと確認した。僕を批判してもいいが、一校長を批判するのは違うでしょ

権力チェックメディアは、なぜ教育委員会を批判して論戦しない。権力チェックメディは権威に弱い。MBSボイスの記者にも教育委員会に取材したのか確認したら、取材したとのこと。しかしそこでは一切批判はしていない模様。権力チェックメディアは政治家に対してはボロクソ来るが権威には弱いね~

これ中原校長の言い分。http://t.co/kp7Yj92Dこういうところの報道は一切なし。教育委員会も中原校長も全く問題ない。いつでも論戦しに来なさい。では府市統合本部が始まりますので失礼。

posted at 15:28:16

(橋下氏 twilogより)

登庁時の動画観ました・・・

MBSの記者、ありゃ、ひどいわ
質問も今更だし、なんであんなの紛れ込んじゃったんだろって感じ・・・
アンケート企画して送り込んだMBSの上司は、菓子折り持って謝りに行かんとダメでしょ。
貴重なインタビュー時間を台無しにしてくれて、コノヤロー

 

「維新」「借金減らし増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・大阪府大・市大授業料無償化
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
・特別養護老人ホームの整備促進・入居枠大幅拡大
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

トップへ戻る