2/21橋下市長ツイッター「箕面市倉田市長の、『大阪会議』の問題点解説。をリツイート」

大阪府の行政(広域だけに限らない)が、大阪市・堺市のみの意向で自由にしてしまう事が可能!?
それでは、府下その他の市町村は、たまったもんじゃないですよね。

「それじゃ困る」となり、知事・府議会が拒否すれば、結局、この会議は機能しない事になりますね┐(´д`)┌

橋下市長 twilogより引用)
RT @KurataTetsuro: 都構想が嫌だからって、よりによって大阪戦略調整会議(大阪会議)の条例案なるものを真面目に支持してしまってる人もいるようなので、ちょっと書いておきます。

RT @KurataTetsuro: 大阪会議の構成首長・議員の内訳は、大阪府10人、大阪市・堺市20人(5条)。議決は過半数(8条)。決定事項は府議会への議案提出を知事に義務づけ、府議会にも努力義務(10条)。これ、広域行政を司る大阪府が、大阪市・堺市という狭い行政体の支配下におかれる不可解な仕組みです。→続く

RT @KurataTetsuro: 大阪会議は「大阪会議が協議すべきと認めた事項」(4条)が協議対象なので、事実上なんでもあり。「協議事項に関係する大阪府内の市町村長」(9条)とあるので、大阪市・堺市以外のテーマも対象に想定されてるけど、他の市町村長・議員の参加は「専門部会」だけに限定(大阪会議本体はダメ)。→続く

RT @KurataTetsuro: しかも、他の市町村の参加は「大阪会議の承認」「会長の選任」を受けた場合のみ、かつ、各市町村議会1人まで(9条)しか許されない。 そして専門部会で議論しても、結局、大阪会議本体で大阪市・堺市が20人で多数決したら、知事に議案提出義務が課され、府議会にも実現努力義務が課される。→続く

RT @KurataTetsuro: 市町村住民の民意は、地域の首長・市議か知事・選出府議を通じてしか府政に反映されない。大阪会議は、大阪市・堺市20人が決めたら、知事に義務&府議会に努力義務が課され、他の市町村住民の民意が届く余地なし。 ちょっとヒドい。大阪・堺以外の政治家でこの条例に賛同するとかありえない。→続く

RT @KurataTetsuro: そもそも、これまでまとまらなかった府・市の関係が、話し合う会議つくっただけで解決するとも思えませんが、それ以上に、大阪戦略調整会議(大阪会議)の条例案は、選挙と民意反映のルートを歪める制度になっちゃってるので、極めていただけない。都構想の賛否にかかわらず、このプランは変。

RT @KurataTetsuro: 以上、大阪市・堺市以外の市町村関係者は、大阪戦略調整会議(大阪会議)とかいう案には、もうちょっと怒ったほうがいいと思いますけど。

RT @KurataTetsuro: あ、今のは大阪市・堺市以外の市の立場で大阪戦略調整会議(大阪会議)のおかしさを指摘しましたが、もちろんそれ以外にも「首長の提案権を拘束する」っていう制度上の大問題も大ありですよ。そっちはすでに他の人たちから何度も指摘されてますので、言わずもがなということで、ここでは省略しました。

RT @KurataTetsuro: おお、わかりやすい。そういうことです。 RT @ysk_0718 「大阪戦略調整会議」条例について問題点/例えばこの会議では、箕面市や泉佐野市に関わる議案を大阪市・堺市の議員だけでの可決が可能で、府知事に議案提出義務を課し、府議会に可決努力義務を課す。メチャクチャだ。
(引用終わり)

関連
2/19橋下市長「大阪・夢洲(ゆめしま)は、IR誘致の最適地だ。『大阪会議』は、ろくでもない案だ。」登庁会見
2/12テレビ討論「大阪都構想SP」~延長戦~ 橋下市長vs自民・柳本市議

P.S.ご指摘を受け修正しました(汗)ありがとうございました。

スポンサーリンク

日本維新の会」 「大阪維新の会
・幼児教育から大学(私学を含む)まで、口だけじゃない本気の「教育無償化
・将来、不安な年金を、公平で確実にもらえる「積立式の年金」に転換
・少子高齢化に対応し、地域の創意工夫でさらに持続発展できる社会をつくる
・何でも反対だけの無責任野党ではない「提案型責任政党」。しがらみだらけの自民党には出来ない改革を法案にして提出【身を切る改革、維新だからできる。100本法案

【他党が賛同せずとも、公約通り、身を切る改革を実施】
※維新の全国会議員は、歳費の20%を被災地に寄付しています(合計年間5616万円)
衆院選後は、他党が賛同しなくても、公約通り30%削減(寄付)必ずやります!
【しがらみは排除!】企業団体献金も一切受けていません
「維新」がこれまで行ってきた改革の数々

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事を拡げて頂けると嬉しいです

フォローする

コメント

  1. アンパンマン より:

    倉田箕面市長のTweetの下記の部分に御注意

    > 大阪会議は「大阪会議が協議すべきと認めた事項」(4条)が協議対象なので、事実上なんでもあり

    [具体的な条例(案)は下記]
    http://www.pref.osaka.lg.jp/attach/24054/00163786/260925_03.pdf

    都道府県条例が市町村条例より優先と既定されていた旧自治法の頃と異なり、現在は都道府県と市町村は同等とされてはいますが…
    現在の地方自治法の第二条16にも「地方公共団体は、法令に違反してその事務を処理してはならない。なお、市町村及び特別区は、当該都道府県の条例に違反してその事務を処理してはならない」とありますので、仮にバッティングした場合に法的にどう解釈されるかは不明であり、「広域行政」に限定されるかは疑問な気がします。

    #そもそも、こんな条例が「府議会」を通過するようなら世も末ですけれども

  2. M&M より:

    記事内容と関係なく申し訳ないのですが、
    面白い動画だと思ったので、URL貼っておきます。

    100年前の大阪都構想 ~2人の名市長と大大阪時代~
    https://www.youtube.com/watch?v=TS-NYXOQLQk

トップへ戻る