橋下市長「維新の党は、週明け、松野氏を刑事告訴するようだ」10/24のツイート

橋下市長 twilogより引用)
党大会で議決権を有する特別党員の総数は430名。そのうち230名が本日、臨時党大会に参加した。全国から特別党員が大阪に集まった。そして委任状による参加者を含めると280名を超える。この党大会を一弁護士の意見書で無効と言うことは、民主主義の否定そのもの。政治家を辞めた方がいい。

政治家なら政治で対抗すべき。政党内部の問題にはそもそも司法は介入しない。一弁護士のスカスカの意見書と特別党員総数の過半数を超える特別党員が賛同したoneosaka.jp/news/%E7%B6%AD…この決議文。どちらに正統性があるかは一目瞭然。維新の党の永田町組は民主主義の否定者。

維新の党の代表は馬場議員となった。松野氏は遅くとも平成27年10月1日以後は代表でないことが、党大会において特別党員総数の過半数を超える議決で確認された。

松野氏はつい最近、政党の事務所所在地などを変更する書類を維新の党の代表者として作成し、関係各署に提出した。本日成立した維新の党の新執行部は松野氏を有印私文書偽造、同行使罪で告訴することを決定した。維新の党は、週明け、松野氏を刑事告訴するようだ。

RT @hiroyoshimura: 子ども虐待防止のゴスペルイベントに参加した。大阪市では虐待防止のためホットラインや子ども相談センターの機能を強化している。学校のいじめ問題もそうだが、逃げる場所のない子どもの心の傷は察するに余りある。大阪市から子ども虐待、学校のいじめを根絶する強烈なメッセージを出すことが大切だ。

維新の党の永田町組が誤ったこと。行動を起こさず、永田町のわずか30名にも満たない国会議員だけで、そして一弁護士のスカスカな意見書を頼りに事を乗り越えようとしたこと。政治は民主主義のプロセスで事を動かすの使命。こちらが党大会を仕掛けたなら、永田町組も党大会で対抗すべきだった。

RT @gogoichiro: 何もありません。一法的に除籍通知が送られてきただけです。 twitter.com/20135111/statu…

維新の党の永田町組が、一弁護士のスカスカの意見書に頼るなら、今回の大阪地方議員150名超の除籍処分もちゃんと弁護士に意見を求めるべきだ。このスカスカ意見書を書いた弁護士も、流石に今回の除籍処分を有効とは言えないはずだ。日本全国で、今回の除籍処分を有効と言う弁護士はいないだろう。

まず除籍の理由がない。そして手続きも踏んでない。不服申し立てにも応えていない。除籍理由は、大阪の地方議員が新党に参加表明をしたことが反党行為だと言う。まだ大阪の地方議員は誰も意思表明していない。維新の党の永田町組は大阪地方議員に何の確認もしていない。

大阪の地方議員は処分に不服申し立てをしたが、維新の党の永田町組はそれに対して何の対応もしていない。ほんとお粗末。今回のスカスカの意見書を書いた弁護士に、大阪地方議員150名超の除籍処分について意見を求めて、早く意見書を公開すべきだ。

維新の党の永田町組は、判断も実行も何もできない集団。こちらが臨時党大会を開くことに焦って、とりあえず大阪地方議員150名超を除籍処分にしてしまった。永田町組に参謀がいない証拠。今回の大阪での臨時党大会は画像を全てフルオープンにしている。問題があれば指摘して欲しい。

大阪は全てフルオープン。民主主義のルールに則り、物事を動かし、決める。維新の党の永田町組は、たった30名にも満たない国会議員が、密室で、議事録もきちんと残さないまま物事を決める。どちらが政治家の態度振る舞いとして相応しいか一目瞭然だ。最後は有権者のご判断だ。

維新の党はここまでの事態に陥った以上、いったん解党して政党交付金を国に返すべきだ。他党に回ろうとも今の維新の党が受け取る資格はない。有権者にお詫びして、皆リセットして一から出直し。そして次の選挙で審判を受ける。これしかない。維新の党の永田町組な何を考えているのかさっぱり分からない

いえ、幹事長と名乗る今井氏に対してです。執行部とは認めていません。そもそも権限がないので処分は無効ですが、念のため幹事長と名乗る男に不服申し立てをしました。 RT @dappo2015: 不服申し立ては『維新の等 現執行部』にしたのですよね?
(引用終わり)

(通し動画有)維新の党「臨時党大会で特別党員230名が解党を決議」

関連
橋下市長「この後、粛々と手続きを進め、できる限り多くの政党交付金をお返しするように努めます。本当にすみませんでした」10/24のツイート

「維新」「増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・大阪府大・市大授業料無償化
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

トップへ戻る