(保育園落ちた関連) 大阪・池田市「市長・市職員給与カット分(約1億円)を待機児童対策へ」

記事をシェアして頂けると嬉しいです

市職員の給与を削り、保育所を新設 大阪・池田市「緊急対応宣言」(産経WEST)

その為の給与カットでは無いとの事ですが、市長の方針転換で予算の優先度が変わりました。

大阪維新登場前の大阪市
平松市長時代、敬老パス・高齢世帯水道料金優遇等に多額の予算を使い、
その一方、子育て教育予算は軽視されて来ました。
(中学校給食無し・学校へのクーラー設置要望に「ゴーヤ・ヘチマを植えてしのげ」と指示・・・など)

もし、平松市長がそのまま今でも大阪市長だったら・・・と思うと・・・
恐ろしいですね。

でも、気が付かない(無関心な)だけで、そういう自治体、まだまだあるのかもしれません・・・

ちなみに、今の大阪市

関連
【「保育園落ちた」関連】NPO法人フローレンス・駒崎弘樹氏「本当に解決するには、選挙に行って投票で声を届けること」
橋下徹氏「保育士不足の原因は、保育士の配置基準と保育士資格の硬直性にあることを、国会議員は誰も指摘しない」3/18,19のツイート
おおさか維新「"今すぐ" 待機児童『ゼロ』作戦」発表 保育士給与「9万円引上げ」(公務員正規保育士は除く)など

 

「維新」「借金減らし増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・大阪府大・市大授業料無償化
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
・特別養護老人ホームの整備促進・入居枠大幅拡大
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

トップへ戻る