橋下市長がツイッターで言及した、自民党・高村副総裁の?な発言

記事をシェアして頂けると嬉しいです

大阪自民の対応は、審議を無意味に引き延ばし、事実上最終案の取りまとめをさせないとするもの。(牛歩よりタチが悪い)
そして、選挙でも戦わない…
これが「立派な選択肢」一つですかね…

こんないい加減な政治をやっている党にも、盲目的に投票する支持者(今はなりを潜めている)が、大勢居る事を忘れてはいけないし、この方々のおかげで、その様な政党も存在し続けられる…
これが、日本の民主主義の現状です。

有権者の多くは、この状況もう変えられないと諦めてます…
しかし、大阪には今、変えられるチャンスがある!
では、いつやるの? (もう古いですね

(引用)
(発言録)高村正彦・自民党副総裁 5日
 大阪市の出直し選挙があるが、市長選は政策や候補者の人気、すべてを含めて投票されるものでシングルイシューの住民投票の代替にはまったくならない。そういう意味で大義名分がない。橋下徹さんは選挙を意義あらしめようと候補者を擁立しない政党を「卑劣だ」と挑発していますが、擁立を見送って空振りさせることは立派な選択肢の一つだ。(党本部で記者団に)(2/6 朝日新聞)

関連記事:2/5 橋下市長ツイッターPart2「これまでの日本の選挙はほんとしょうもない選挙が多かった。特に地方選挙。できもしない政策や、酷ければ政策なんかまったくない選挙。これでは日本の民主主義は成熟しない。」

 

「維新」「増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・大阪府大・市大授業料無償化
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

トップへ戻る