橋下市長がツイッターで言及した、自民党・高村副総裁の?な発言

大阪自民の対応は、審議を無意味に引き延ばし、事実上最終案の取りまとめをさせないとするもの。(牛歩よりタチが悪い)
そして、選挙でも戦わない…
これが「立派な選択肢」一つですかね…

こんないい加減な政治をやっている党にも、盲目的に投票する支持者(今はなりを潜めている)が、大勢居る事を忘れてはいけないし、この方々のおかげで、その様な政党も存在し続けられる…
これが、日本の民主主義の現状です。

有権者の多くは、この状況もう変えられないと諦めてます…
しかし、大阪には今、変えられるチャンスがある!
では、いつやるの? (もう古いですね

(引用)
(発言録)高村正彦・自民党副総裁 5日
 大阪市の出直し選挙があるが、市長選は政策や候補者の人気、すべてを含めて投票されるものでシングルイシューの住民投票の代替にはまったくならない。そういう意味で大義名分がない。橋下徹さんは選挙を意義あらしめようと候補者を擁立しない政党を「卑劣だ」と挑発していますが、擁立を見送って空振りさせることは立派な選択肢の一つだ。(党本部で記者団に)(2/6 朝日新聞)

関連記事:2/5 橋下市長ツイッターPart2「これまでの日本の選挙はほんとしょうもない選挙が多かった。特に地方選挙。できもしない政策や、酷ければ政策なんかまったくない選挙。これでは日本の民主主義は成熟しない。」

スポンサーリンク

日本維新の会」 「大阪維新の会
・幼児教育から大学(私学を含む)まで、口だけじゃない本気の「教育無償化
・将来、不安な年金を、公平で確実にもらえる「積立式の年金」に転換
・少子高齢化に対応し、地域の創意工夫でさらに持続発展できる社会をつくる
・何でも反対だけの無責任野党ではない「提案型責任政党」。しがらみだらけの自民党には出来ない改革を法案にして提出【身を切る改革、維新だからできる。100本法案

【他党が賛同せずとも、公約通り、身を切る改革を実施】
※維新の全国会議員は、歳費の20%を被災地に寄付しています(合計年間約5000万円)
衆院選後は、他党が賛同しなくても、公約通り30%削減(寄付)必ずやります!
【しがらみは排除!】企業団体献金も一切受けていません
「維新」がこれまで行ってきた改革の数々

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事を拡げて頂けると嬉しいです

フォローする

トップへ戻る